食品会社の研究職ってどうなの?仕事内容や必要スキルと参考年収

アカリクコラム
この記事は約11分で読めます。

人が生きていくために必ず必要なものが食べ物です。その食べ物を取り扱っている食品会社は多くの方の生活を支えるため非常に人気の職場です。そんな食品会社の研究職で働きたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、食品会社の研究職と言っても様々な仕事やジャンルがあります。また、食品会社の研究職は倍率が高く難易度が高いことでも有名です。

そこで今回は食品会社の研究職についての仕事内容やジャンル、年収だけでなく、難易度の高い食品会社へ就職するためのポイントまで詳しく解説していきます!

新卒で食品会社の研究職を考えている方はもちろん転職して食品会社の研究職を狙いたい方にとっても有用なので是非ご参考にしてくださいね。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

食品メーカーでの研究職はどんな仕事がある?

食品メーカーで働きたいと考えていても仕事内容の理解が曖昧な方が多いのではないでしょうか?

そこでまず、食品メーカーでの研究職の仕事の理解からしていきましょう。大きく分けて食品メーカーでの研究職は3つの仕事があります。

研究職

研究職の中でも大きく分けて2つの研究があります。

1つめが基礎研究です。基礎研究は仮説の裏付けや新たな法則や現象、知識を解明することで、これからの商品やサービスの種となるものを見つけるために行われます。

会社にとってすぐに利益につながるものではなく、長期的な利益やビジネスチャンスにつながる投資という側面が強いです。

しかし、この基礎研究による新発見が世の中の人々の食生活を大きく変える可能性がある点が魅力です。

2つめが応用研究です。応用研究は基礎研究で解明された法則や現象、知識を自社の商品やサービスにつなげるための研究です。この応用研究によって初めて基礎研究が実を結ぶようになる非常に重要な研究です。

商品開発職

次に商品開発職について見ていきましょう。

商品開発職とは、基礎研究、応用研究で得られた知識や法則、現象を元に具体的な商品やサービスの開発を行います。商品開発では営業職などの消費者と距離が近い部門と連携して市場のニーズを把握するチカラや新商品の企画を推進するチカラが求められます。

また、もっとも商品やサービスに関して知識を持っているので営業と同行して客先に説明すると言った場面もありコミュニケーション能力が必要となります。

非常に多くの経験ができる点、自身の研究の成果が世の中にカタチになって広げられる点が魅力的ですよね。

生産技術職

生産技術職は製造現場においてより効率的で安全に量産できる体制を構築する仕事です。また、食品会社の場合は効率化に加えて安心で衛生的な現場構築が求められて非常に責任ある仕事となっています。

商品開発部門との連携や人員配置の見直しなども業務に含まれます。食品会社の中には、製造現場が海外であるケースもあるため、海外で活躍できる機会が恵まれています!

食品メーカーにもいろいろなジャンルがある

次に食品メーカーのジャンルについて見ていきましょう。

一言で食品メーカーと言っても様々なジャンルがあります。ジャンルによって提供できるものはもちろん、理念や世の中の役割が異なる場合もあります。

そのため食品メーカーのジャンルを知っておくことは食品メーカーでの就職を目指す上で非常に重要です。ここでは食品メーカーの中で代表的なジャンルとそのジャンルに属している代表的な会社をご紹介します。

飲料

飲料業界と聞くと、ジュースやコーヒーなどの嗜好品を提供するイメージを持たれがちですが、実はトクホの飲料やスポーツドリンク、栄養ドリンクなどで国民の健康を支える役割も果たしています。

他の食品メーカーのジャンルでも、コンビニやスーパーなど至る所で自社製品が販売されているところが見られますが、飲料は街中の自動販売機でも売られているのでとくに目につきますよね。

自身が開発や研究に携わっている製品が街中で見られることに大きなやりがいを感じられる方が多いです。

会社例)サントリーコカコーラネスレ

製粉

製粉業界はパンやうどん、パスタなどの主食だけでなく、ケーキやクッキーなどの嗜好品の原料となる小麦を取り扱っています。こうしてみると、製粉業界は私たちの生活を支えているなくてはならない存在であることがわかりますね。

食事の欧米化により日本での需要が伸びていることも魅力的です。

会社例)日清製粉、日本製粉昭和産業

冷凍食品

冷凍食品業界も需要が伸びてきているジャンルの1つです。女性の社会進出による共働き世帯や高齢世帯の増加、さらには新型コロナウイルスの感染拡大によって外食をしていた方々が冷凍食品を利用するようになったことが需要増加の要因と考えられています。

冷凍食品はハンバーグや唐揚げなどのおかずだけでなくほうれん草やブロッコリーなどの野菜類、チャーハンやピラフなどの主食まで取り扱っており、冷凍食品だけで食事が完成するほど網羅されています。

需要が伸び続けている中でより安心安全な冷凍食品を開発することができれば多くの方が時短できて便利で健康的になれますよね。

会社例)ニチレイマルハニチロテーブルマーク

調味料

調味料はどの料理にも使われますよね。

味の主役となる調味料の研究に携わることで多くの食事を変えるきっかけになるかもしれません!

また、調味料には多くの塩分や油分を含むものがあり、それらを研究開発で改善することにより多くの方々の健康を支えることに繋がります。

毎日使うものだからこそ安心して使えるものを提供したいと考えている方は調味料業界へ挑戦してみてはいかがでしょうか。

会社例)キューピーハウス食品グループキッコーマン

菓子

お菓子は一昔前は子供の食べ物というイメージが強かったですが、今では多くの大人も食べていますよね。お菓子も嗜好品というだけでなく、タンパク質が手軽に摂取できるプロテインバーや簡単に栄養補給することができるカロリーメイトなど栄養機能食品としての役割を持っているものがあります。

お菓子業界で研究開発職として働くことで、多くの家庭に並んで好まれる商品を提供するだけでなく、より栄養機能を改善して多くの方々がより手軽に健康を維持することに役立つことができるのが魅力的ですよね!

会社例)UHA味覚糖明治ホールディングスブルボン

パン

製粉業界の紹介で前述したように、食事の欧米化によってパンの需要は伸びてきています。また、パンはお米とは異なり一緒に野菜や肉などが食べれるだけでなく外でも気軽に食べることができることから、忙しい社会人の方々にとって重宝されます。また、おやつ替わりの菓子パンは子供にも人気ですよね。

パン業界の研究開発職で働くことによって、忙しい社会人の方々や子供の支えになると考えればやりがいも大きいです。

会社例)山崎製パン、敷島製パンフジパングループ

健康食品

昨今の健康ブームで非常に需要が伸びてきている分野です。政府による特定保健用食品制度や栄養機能食品制度などの後押し策や高齢化社会による健康意識の向上などがこのブームの要因と考えられています。

このブームにより他の食品分野からでもどんどん健康に着目した製品が発売されていますよね。

予防医療の観点からも食生活は非常に重要なので、健康食品会社で研究職として働くとことによって多く方の生活と健康を支えることが出来るので責任感や使命感を持って働くことができます。

会社例)明治ホールディングス雪印メグミルクヤクルト

その他

代表的な食品メーカーのジャンルを挙げてきましたが、これら以外にもオリーブオイルの製造を行う製油業界、レトルト食品などを製造を行う加工食品業界、ハムやソーセージの製造を行う食肉業界など様々な業界があります。

会社例)日清オイリオグループ伊藤ハムプリマハム

食品メーカーに就職するには

食品メーカーの研究職の知識を深めてきたところで、次に食品メーカーに就職するためにどのようなことが必要かについて学んでいきましょう!

まずは、食品メーカーに就職するためのルートを2つ見ていきましょう。

新卒採用に募集する

1つめは新卒採用に募集することです。新卒採用では、研究職としての分析や実験のスキルだけでなく、会社で将来的に活躍することが出来るというポテンシャルを見られます。

ポテンシャルをアピールするためには、仕事内容を理解した上でそれに合った志望動機や強みを伝える必要があります。

どのような仕事内容かを理解するためには就活記事を読むことはもちろん、実際にインターンシップやOB訪問を行うことが有効です。

インターンシップやOB訪問では実際に志望している会社の研究職で働いている方の話が聞くことができるのでより志望動機や自己PRを説得力のあるものにできます。

また、志望動機や自己PRが完成すればさらにOB訪問を行って実際に働いている方から見て違和感がないか、やりたいことや強みがその会社と合っているかを確認してさらにブラッシュアップしていきましょう!

キャリアを積んで転職する

2つめはキャリアを積んで転職することです。

転職市場では、新卒での採用と異なり将来的に活躍してくれるポテンシャルの側面よりすぐに役に立つ即戦力となることができるかがポイントとなります。

即戦力としてアピールするために最も説得力がある方法はキャリアを積んで実績を作っておくことです。

それも、研究職となると高い専門性が求められます。

そのために、食品業界へ研究職として転職を考えている方は早めに準備してまずはアピールできる実績作りをしていきましょう!また、どのような実績が求められるかについても早めにリサーチしておくことが重要だと言えます。

食品メーカーに研究職で就職するために必要なこと

では具体的に食品メーカーの研究職にはどのような実績やスキルが求められているのでしょうか。

1つずつ見ていきましょう。

基礎研究職ではピンポイントな分析や実験スキル

基礎研究は前述の通り、新たな知識や法則、現象を解明したり仮説を裏付ける研究です。

食品メーカーにおける基礎研究は新たな原料や包装などに関する基礎研究が多く、その分野のピンポイントな分析や実験を行います。

また、研究職員である以上、そのピンポイントな分析や実験で成果をあげられるようなスキルも必要となってきます。

応用研究では現場視点や顧客視点

応用研究は基礎研究で解明した知識や法則、現象を商品やサービスに役立てるために行う研究であることは前述でお伝えしました。しかし食品メーカーでの応用研究はそれだけではありません。

仮に基礎研究で解明したことが商品化に繋がるとしてもそれが安全に安定して生産することができなければ意味がありません。

また、仮に商品化に繋がり安全に安定して生産することができたとしても、商品にしたものが消費者に求められているものかどうかを考える必要もあります。

このように食品メーカーの応用研究では現場視点や顧客視点が重要となります。

食品メーカー研究職の参考年収(五十音順)

次に食品メーカーの気になる参考年収について見ていきましょう。ここでは代表的な食品メーカー5社の参考年収をご紹介していきます。

カゴメ

平均年収:773万円

参考:四季報オンライン カゴメ

サントリー食品インターナショナル

平均年収:1,032万円

参考:四季報オンライン サントリー食品インターナショナル

昭和産業

平均年収:679万円

参考:四季報オンライン 昭和産業

日清オイリオ

平均年収:750万円

参考:四季報オンライン 日清オイリオグループ

明治ホールディングス

平均年収:1,020万円

参考:四季報オンライン 明治ホールディングス

国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収は436万円となっています。

食品メーカーの研究職の参考年収を見てみると20代〜30代前半にして平均を大きく上回っているケースが多いことが分かりますね!

この事実からさらに食品メーカーの研究職の志望度が上がった方も多いのではないでしょうか。

平均給与|国税庁

食品メーカーでの研究職は人気で狭き門

続いて食品メーカーの研究職で働くことの難易度が高いと言われる理由はなんでしょうか?

その理由は2つあります。

食品メーカーの研究職倍率

1つめは食品メーカーの求人倍率の高さです。

食品メーカーの特徴の一つが商品が日常生活でよく目に止まることが挙げられます。誰もが知っている企業や自分の身の回りにあるものには親しみがあり、志望度が高くなる場合が多いです。

また、食品は人の生活になくてはならないものであり、食品で人の身体は出来ています。そのため、人の暮らしや健康を支えることに直結するため志望することが多いです。

これらの理由から、食品メーカーへの研究職の求人倍率は非常に高くなっています。

募集人数は少ない

研究職は新たな製品を生み出すための職種であるため、短期的な利益につながる仕事ではありません。

しかし、研究職には高額の人件費を投資し続ける必要があります。そのため、研究職は営業職などのように大量採用されることは少ないです。

研究職に投資し続けることができるほどの食品メーカーも限られます。

また、他の会社からの募集人数も少ないため転職が難しいという理由から現在その職場で働いている研究職の方が辞めない傾向があります。

これらの理由から食品メーカーでは研究職の募集人数が少なく、求人倍率がさらに上がる要因になっています。

食品メーカーでの研究職を目指すなら早めの行動が必須

今回は食品メーカーの研究職の特徴や年収、必要なスキルまでご紹介しました。

▼最後に記事の内容をおさらいしましょう▼

1.食品メーカーの研究職の仕事内容は研究職、商品開発職、生産技術職の三種類がある。

2.一言で食品メーカーと言っても様々なジャンルがあり、提供する商品や社会での役割が異なる

3.食品メーカーの研究職は高い専門性とスキルが必要

4.食品メーカーの研究職の募集が少なく、求人倍率が高い

食品メーカーの研究職は高い専門性やスキルが必要なだけでなく、倍率も高いことから難易度が高いことがわかりますね。

食品メーカー研究職になるために、アピールできる実績作りやエージェントへの相談を早めに行なって合格率を高めていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました