学士・修士・博士の違いとは?就職の難易度別に紹介

アカリクコラム
この記事は約8分で読めます。

学士や修士、博士という言葉自体は知っているけれど、正しい意味はイマイチ理解していない、という人は多いのではないでしょうか。

大学卒業後に修士や博士を取ろうとしている人は、就活でどのような影響があるのか気になることもあると思います。

そこで今回の記事では、以下の内容をまとめました。

  • 学士、修士、博士のそれぞれの違い
  • 学士、修士、博士の就活における違い
  • 修士と博士が就活で不利になる理由
  • 文系と理系それぞれで求められることの違い

大学院に進学しようか迷っている人は、学業の内容だけでなく、院卒の就活やその先の仕事についても知っておくことをおすすめします。ぜひ記事の内容を参考にして、自分の進みたい道を見つけてください。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

学士・修士・博士の違いとは

学士とは

学士とは、大学を卒業した人が得られる称号のことです。英語では”Bachelor’s degree”といいます。一般的に、大学を卒業した「大卒」といわれる人は、学士号を取得していることになります。

学士号というと何か特別なもののイメージがあるかもしれませんが、一般的な大学に通って必要な単位を取り、卒業論文などを提出して卒業した時点で、学士号を取得しています。

修士とは

修士は、大学院を卒業した際に得られる称号のことです。英語では”Master’s Degree”といわれ日本語で「マスター」とも呼ばれます。基本的には、2年間の大学院の研究を終えて修了する人は、修士号を取得している状態です。

修士号を取るためには「修士課程」や「博士前期課程」で求められる、専門性のある研究や一定の実績をあげて、大学院を修了する必要があります。修士に進むためには、学士の段階で教授に推薦をもらうケースが多く、自分が学びたい分野を一つに絞ることが必要です。

6年制の医学部、獣医学部、薬学部、歯学部などは学部卒業でも「修士相当」と認識されるのが一般的で、そのまま博士に進むことがあります。

博士とは

博士とは、大学院の「博士課程」や「博士後期課程」を終えた人が得られる称号です。博士号は英語では”PhD”や”Doctor’s degree”と呼ばれ、日本語で「ドクター」ということもあります。

博士課程の標準修業年限は(修士課程または博士前期課程と合わせて)5年となっていますが、博士号を取る頃には、年齢が30代になる人も多いでしょう。医学部や獣医学部などの6年制の学部を卒業した人が大学院に進学する場合は博士課程に直接進むのが一般的です。

博士課程を修了した後に大学等で任期付きの研究員として働く人のことを「ポストドクター(ポスドク)」と呼びます。大学教員となることを目指している人は多いですが、企業に転職する人も増えてきています。

学士と修士と博士の就職の違いとは

学士、修士、博士は就職において、どのように状況が変わるのでしょうか。それぞれの学位に求められることや、就きやすい職業などを例に取って紹介します。

社会人基礎力が評価される学士

就活生の中には学士を取得する予定の人がもっとも多く、企業からは専門性よりもポテンシャルが求められます。学士の場合、修士や博士のようにビジネスに活かせる専門性が低いので、どれだけ自分から動いて仕事をこなしていけるかが重視されるのです。

そのために就活では、学生時代に試行錯誤して物事に取り組んだことをアピールすることが重要になります。企業から学生時代に取り組んだことを聞かれるのは、主体性があるかどうか見極めるためです。

したがって、学士の場合は、専門性があるかどうかはそこまで重視されないため、未経験の仕事にチャレンジすることが可能です。

1つのことを達成するために、どんなことを考えて何に挑戦したのかを説明できれば、学業とまったく関係のない分野でも、内定をもらえる可能性は高いといえます。

専門職の募集では修士が有利に

修士の場合は、学士よりも専門性が高いため、専門職の募集では内定をもらいやすいといえます。

たとえば、メーカーの研究・開発職や、シンクタンクなどのコンサルティング業務などが該当します。

2年間研究を続けて、1つのことを極めてきた経験があるため、即戦力として企業に貢献できるとみなされるのです。

そのため、修士が専門職に応募する際は、学生時代に取り組んだことよりも、専門分野である研究に関する実績をアピールできることが鍵になります。

とはいえ、アピールできるような高い実績がないとしても、持っている専門性の高さを十分に話せれば、学士より内定をもらえる確率は高いでしょう。

研究職や教授職を目指すなら博士

博士課程に進む人は、学士や修士のように民間企業に就職するのではなく、大学教員を目指すケースが大半です。民間企業を目指す場合でも、一般的な職種ではなく、研究職など博士としての能力が特にいかせる仕事で採用されることが多くあります。

そのため、博士に進むことは教授職や研究職に就くことを目指しているのとほぼ同じ意味になります。研究職や教授職にこだわりが無い場合は、学士や修士のまま進学せずに就職することが多いでしょう。

博士課程に進むと、研究者としてのキャリアが始まります。しかし、そこから大学教授になるまでは険しい道のりが待っています。一般的にはポスドク(博士研究員)から始まって、助教、講師、准教授、教授の順番でランクアップしていきますが、全員がスムーズにその道を歩むわけではありません。

次のポストの空きを待たなければいけない場合や、任期付き職員として雇われることも多く、思うように昇進できないこともあるでしょう。仮に博士号を取得できたとしても、トントン拍子でキャリアアップできるかどうかはわかりません。

修士や博士が就職で不利になる理由

修士や博士は経験を積んでいる分、就職で有利になると思われるかもしれませんが、一概に仕事を見つけやすいとはいえません。修士や博士が就職で不利になる理由を2つ紹介します。

専門・研究分野によっては募集が極端に少ない

修士や博士は専門性が重視されるため、専門職なら仕事を見つけやすいイメージがあるかもしれません。しかし、研究分野によっては、関連する仕事の数がそもそも少ないことが懸念されます。

極端に数が少ないポストだと、同じような分野を専攻している学生の応募が殺到するため、競争率が高くなってしまうでしょう。競争率が高いポストでは、ずば抜けて優秀でないと採用されないこともあるため、修士・博士であるうちにただならぬ努力を重ねる必要があります。

もし専門分野の仕事が見つからなければ、他の学士卒と同じように一般的な職種で就職することになりますが、それまでの経験や研究で得た知見を活かせなくなってしまう可能性が高いです。大学院に進む前に、進みたい分野の仕事がどの程度あるのか、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

大学院卒は就職に年齢がネックになる場合も

大学院卒になると、就職する際に年齢がネックになる可能性があります。修士の場合だと25歳前後、博士課程を終えた場合は30歳前後になることが考えられるので、学部卒が圧倒的に多い新卒の枠で応募すると他の就活生との年齢差が目立ってしまいます。

とくに民間企業では、新卒と同じ枠だと「若さ」や「フレッシュさ」が求められます。年齢を重ねていると、若さの面では大卒と比べて物足りないとみなされるかもしれません。

また大学院卒の場合は、20代の大半を研究に費やしているため、考え方が固まってしまっていると考えられがちです。

企業からすると、時代に合わせて考え方を変えられる「柔軟性」があるという面は、若い世代の方が評価されやすいのです。

修士や博士は、企業にはそういった観点や誤解があると考えて、積極的にアピールすることが重要となってきます。

大学院生専用エージェントサービス アカリク

修士や博士でも理系文系で大きく違う

修士と博士では、専攻している分野が文系か理系かによっても求められる内容が異なります。どのような職種が就きやすいのか、それぞれの傾向を解説します。

理系の就職先は専門分野の仕事が多い

理系の場合、大学院卒業後は、研究の専門分野に関する仕事に就くケースが大半です。化学メーカーなどの研究職や、エンジニアがいい例でしょう。研究職の募集は、その分野に精通している人を対象としているところが多く、修士はそういったポストに応募するのが一般的な流れです。

専門分野の仕事に就くためには、大学院に在籍している間にしっかり専門的な知識をつけて、研究の一連の流れを習得していれば、内定をもらえる可能性は高いといえます。

ただ、専門外の職種に就くハードルは高く、研究を離れて新しいことに挑戦してみようと思っても、なかなか企業に受け入れてもらえないかもしれません。理系の修士や博士に進む際は、その分野では専門外の仕事も含めてどんな就職事例があるのか調べておきましょう。

理系の修士が就職しやすいのはどんな仕事?就活開始時期やスケジュール

文系は専門性より基礎教養を重視される

同じ修士、博士でも文系の場合は、専門性よりも基礎教養が求められます。文系は理系よりも人数が少なく、研究の専門性がビジネスと直結しにくいため、より評価しやすい個人のスキルや実力が重視されるためです。

たとえば、就活で企業に見られるのは、社会人として様々なバックグラウンドの人たちとコミュニケーションが取れるかどうかや、仕事をまわすうえでのPDCAを実践できているか、といったことです。

そのため文系の就活では、大学院のときに行っていた研究の内容そのものではなく、その研究活動の中で得られた仕事で活かせる基礎教養がどのくらいあるかをアピールすることが大切になります。つまり、就活では、ビジネスにおける環境で、研究から得た経験をどう活かせるかを意識することがポイントです。

さらに学業と並行して、仕事をするうえでのビジネス的なマインドや、希望する業界で活かせそうな時事問題に関する知識を身につけておくといいでしょう。

文系は研究職に就ける?文系学生の進路例の種類や年収例

自分の適性に合った就職先を早めに確認しておこう

学士、修士、博士の違いと、それぞれが就職で求められる内容や状況の違いを説明しました。就活では学士の割合がもっとも多く、修士や博士になると専門的な職種に就ける可能性が高くなります。

ただ、専門性が高いということは、枠が少なく、新しい分野に転向しにくくなるということです。自分の適性に合った分野と就職先をあらかじめ調べて、納得のいく進路を選んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました