大学教授になるのは難しい?条件や給与を解説

アカリクコラム
この記事は約9分で読めます。

近年、多くの学生が大学に進学するようになった中、将来の職業の一つとして大学教授を目指す人も多くなりつつあります。

大学教授になれる確率は?

大学教授の年収っていくら?

大学教授の定年は?

大学教授って何歳でなれるの?

といったことについて、気になっている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、大学教授について以下の内容でまとめました。

・大学教授になるための段階とは

・大学教授の仕事内容

・大学教授になれる確率は低い

・大学教授になれる年齢

・大学教授の平均年収

・大学教授の将来性や定年

博士課程に進むか迷っている、大学教授を目指しているが将来が不安だという人たちは、ぜひ記事の内容を参考にして頂ければと思います。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

大学教授になるための段階とは

大学教授になるためには、それに準ずる職務を経験することが必要となってきます。現在では、(助手)→助教→講師→准教授→教授の順で職務の階級が決まっています。

それぞれの職務について紹介します。

  助手

大学における助手とは、一般的に教授および助教授の職務を助けることを職務としている職員を言います。2007年の学校教育法の一部改正により旧来の「助手」は、自ら教育研究を行う「助教」と研究の補助などを主な業務とする「助教」に分化されました。

修士課程が終了し、博士課程に進んだ学生が研究室の事情でスタッフとして雇われる形となると、「助手」のポストに就くことになります。

  助教

助教は、学生に対する教授、研究指導、自らの研究に従事する職員のことを指します。現行の学校教育法では、教授、准教授、講師の次の階級に位置しています。

博士課程修了と同時に助教に就く人もいれば、ポスドクを数年務めてから助教のポストに就く人がいるなど、さまざまですが、大学教授に最年少でなることを目指すのであれば、博士課程修了後と同時に助教を目指すことが必須となります。

助教は助手と異なり、教授や准教授の研究、講義の補佐をする義務は無く、講義を行える専任教員の一人としてカウントされるようになります。しかし、理系の一部の学問分野では講義を担当できない大学もあります。

  講師

大学における講師は、教授、准教授に準ずる職務です。一般的には助教が昇進して講師となります。講師は教育や研究に事情に応じて、教授の職務を助ける場合もありますが、講座制を取る大学が少なくなっている今日では、研究指導や自らの研究に従事することが職務のメインとなっています。

講師は一般的に年齢に幅がある職務となっているため、講師の年収を具体的な数字として表すのは難しいですが、だいたい助教の年収+50~100万円と言われています。大学によって多少の差はあるようです。

  准教授

准教授は、教授に次ぐ教員の職務となっています。2007年以前は助教と呼ばれていましたが、学校教育法の一部改正により、助教授に替わる職位として定められました。准教授は、助教や講師を経て昇進することで就くことが出来る職務となっています。

准教授の年収は、労働厚生省 賃金構造基本統計調査によると、平成27年度は、平均で853万円と言われています。ただ、この数字は平均年収なので、国公立大学、私立大学で多少の差があります。准教授ともなると大学内部でのポストの他に招待講演などの講演料なども入るようになるため、プラスαの手当が入ることが一般的です。

  教授

教授は、教育機関や研究機関における指導的な立場にある者の職階を言います。大学教授職の中でも、最も位の高い職務です。教授となるためには、博士の学位を取得していることが必須要件となっており、加えて研究上での業績が必要となってきます。

教授ともなると、研究科長や学部長などの大学内のポストに就任するようにもなります。順調に出世すると、最終的には学長に就任するケースも珍しくありません。

参照:賃金構造基本統計調査の職種別賃金額

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10701000-Daijinkanboutoukeijouhoubu-Kikakuka/shiryo2-9.pdf

大学教授の仕事内容

大学教授の仕事内容とはどのような職務があるのでしょうか。仕事内容に分けてご紹介します。

研究

大学教授の仕事と言えば、研究です。多くの場合、研究室には学部、修士、博士いずれかの学生が所属しており、実験の多くは学生が行います。

その総指揮を執っているのが教授になります。研究方針や研究のアドバイスなど、一般的な会社の管理職の様な立ち回りをしています。また、科研費などを取ってくるための書類の作成、研究報告、研究費の管理等も大学教授が行うことが多いです。

若いうちは、積極的に学会に参加し、自分の研究を発表していく必要もあります。研究成果を論文にしてまとめたり、英語での口頭発表なども実績として積み重ねていく必要があります。

授業(講義)

一般の学生が一番思い浮かぶ大学教授の仕事内容としては、大学の講義でしょう。大学の講義は、教授の専門分野が割り当てられることが多いですが、稀なケースで一度もやってきていない分野の講義を任される場合もあるようです。

招待講師として招かれて他大学で講義を受け持つ場合や講演会での講義などをする場合もあります。その際は、非常勤講師として、決まった日に他大学に行って講義を行うことになります。

大学内のポストでの職務

教授の場合、大学内でのポストの職務に就く場合があります。例えば研究科長や専攻長、学部長などです。最上級だと学長に就任する場合もあります。これらの職務に就くと、研究室内だけでなく、より広い範囲を管理することになります。

大学教授になれる確率は低い

ただでさえ、優秀な人材が集まっている大学の中で、さらに高みを目指す人たちの集まりともいえる大学教員の中で、最高位の大学教授になれる確率はかなり低いと言えます。その理由をご紹介します。

募集自体が少ない狭き門

大学教授になるためには、まず大学教員の第一歩として、博士号を取得し、助教になる必要があります。そのためには、大学教員の採用を勝ち残らなくてはなりません。

しかし、大学教員は毎年募集しているわけではありません。しかも、自分がやりたい研究を行う研究室を構えている教授が人員を募集していないといけません。

また、募集しているポジションの対象者が現在の准教授に限られている場合があるなど、募集要件を見たそうとすると、非常に難しく、そもそも、大学教員として採用される機会も少ないため、大学教授になれる確率は非常に低いと言えます。

自分が博士課程で所属していた研究室でそのまま助教になるケースもあるようですが、教授からの信頼を勝ち取る必要があるなど、現実は簡単ではないようです

ポストの空き次第

大学のポストが開いているかどうかも非常に重要となってきます。もちろん研究成果や論文の投稿本数も非常に重要となってきますが、ポストが空いていないことには、大学の教員にすらなれないということです。

大学にも構える研究室には数の限界があります。そのため、退官する教員が居ないことには、ポストに空きが生まれないのです。

特定の目的のため交付される研究費から、任期付きの大学教員が雇用されることもありますが、自分の専門分野のポストが空いているのを見つけるのは至難の業かもしれません。

社会人から目指せるのか

社会人からでも大学教授を目指すことは可能です。大学教授になるためには、博士号を取得することは必須です。

しかし、修士課程を修了後、一般企業に就職した場合でも、社会人ドクターとして博士号を取ることは可能です。理系大学院を卒業し、就職した場合、企業側が社会人ドクターを勧める場合もあります。

社会人として博士号を取得し、大学教員として採用されることが出来れば、社会人からでも大学教授になることが可能なのです。一味違った経験値を持っていることからも、貴重な存在として一般企業出身の大学教授は重宝されるかもしれません。

大学教授になれる年齢

大学教授の年齢構成は、内閣府 平成28年度独立行政法人等の科学技術関係活動に関する調査によると、平成25年度の大学教授の年齢の割合は、60代以上が29%、50代が54%、40代が17%で計99.7%を占めています。また、同調査によると、准教授の年齢の割合は、60代以上が4%、50代が22%、40代が54%となっており、年代別で占める割合が教授と准教授で違います。

60代の准教授が全体の4%と少なく、准教授になれた人は、いずれは大学教授に昇進できることが多いようです。

参照:https://www8.cao.go.jp/cstp/stsonota/katudocyosa/h27/innovation7.pdf

図表2 年齢階層別教員数(職階別)(国立大学) 平成25年度を引用

最年少

内閣府 平成28年度独立行政法人等の科学技術関係活動に関する調査によると、平成25年度のデータでは、20代で大学教授の職務に付いていた人が一人だけいたようです。近年では、某公立大学の医学部では、最年少の31歳で大学教授に就任した例がありました。

このように、日本における大学教授の最年少は30歳前後の様ですが、このような例は、めったに見かけません。

参照:31歳の教授が誕生した大学も! 若くして教授や准教授になれる理由

31歳の教授が誕生した大学も! 若くして教授や准教授になれる理由 〈dot.〉
 大学の世界でも、優秀な頭脳の持ち主は、若くして才能をいかんなく発揮する。 たとえば政治、経済、法律分野では人びとを幸せにする政策を構想する。生命科学の基礎研究ではノーベル賞クラスの成果を生み出す。功...

平均的な年齢

文部科学省は大学教授、准教授の平均年齢について調査を行っていないとしてますが、各大学が年齢構成を公表しており、そのデータから見積もると、大学教授の平均年齢は、50代半ばとなっています。

大学教員の年齢自体も徐々に底上げされており、文部科学省の令和元年度学校教員統計調査によると、1986年度には43.1歳だった平均年齢が、2016年度には49.1歳となっていることもあり、大学教授の平均年齢も徐々に上がっていくことが予測されます。

参照:https://www.mext.go.jp/content/20201217-mxt_chousa01-000011646_1.pdf

令和元年度学校教員統計調査(中間発表)の公表について 

大学教授の平均年収(参考文献1, 4, 5)

大学教授の平均年収は、国公立大学で1,000~1,200万円、私立大学で1,000~1,500万円と言われています。基本給が高いうえに、有名な教授ともなると招待講演による講演料や著書の出版による印税、大学内でのポスト手当なども多く入るため、大学教授の年収は一気に跳ね上がります。

医学部の大学教授の年収は、大学教授の平均年収よりも高いと言われています。これは本給以外の手当が多く付くことが理由の様です。

また、薬学部の大学教授の平均年収は1,300~1,400万円と言われており、こちらも一般の大学教授の平均年収よりは高い水準となっているようです。

大学教授や准教授クラスになると1000万円プレイヤーがグッと近づくことになってきます。累進課税制度を取っている日本では、所得税により大幅に手取りが減ってしまいますが、それでも余裕のある生活を送れるほどの収入を得ることができます。

日本の大学教授の年収は、海外の大学教授の年収と同程度の様ですが、海外の名門大学の大学教授と比べると日本の大学教授の年収は低い傾向にあります。

また、大学教授の定年は65歳までのところが多いので、定年まで高給を得ることが可能です。

参照:大学病院の教授、本給は“公務員並み”でも年収2000万円超えのカラクリ

大学病院の教授、本給は“公務員並み”でも年収2000万円超えのカラクリ – MONEY PLUS
ドラマ「ドクターX」が話題を呼んでいます。ドラマは現実と違うところもあるのは当然ですが、実際の医師の懐事情はどうなっているでしょうか。フリーランス医師が解説します。

大学教授の将来性や定年

近年大学教授の定年は、大学ごとではありますが、引き延ばされている傾向にあります。一般企業の様に定年が65歳の大学もあれば、67歳まで引き延ばされている大学もあります。

一端、大学教授あるいはそれに準ずる職務に就くことが出来れば、将来安泰な年収と生活が保障されると言ってもいいかもしれません。

しかし、大学教授になるためには、研究成果を継続してあげる必要性があることに加え、ポストに空きが出るといった運の面も必要となってくる職業と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました