内定者インタビュー [研究所見学を通じて考え直した、仕事に対する価値観] – 生物・農学系/修士課程

インタビュー
この記事は約3分で読めます。

卒年:2022年
在籍:修士課程
専攻:生物・農学系
地域:関東
業種:メーカー系(食品)
職種:品質保証・品質管理系

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

就職活動で利用したアカリクのサービスについて教えてください

アカリク就職エージェントを利用しました。

具体的にどのようにアカリクを利用されたのか教えてください

元々、食品・消費財メーカーの研究開発職を志しており、選考難易度の高さに不安を感じたため、大学院生向けサービスに強みを持つアカリクのエージェントの方に相談をしました。

そこで農薬メーカーの企業に興味を持ち選考を受けました。

2次面接時に研究所見学をさせていただきましたが、理論を突き詰め続ける研究を仕事として続けることは、自分のやりがいにはつながらないと感じ、就職活動の方向性を見直すきっかけとなりました。

就職活動にアカリクを利用してよかった点を教えてください

理系院生という専門性・論理的思考力を活かした求人をご提供いただけたことです。

他のエージェントサービスでご紹介いただいた企業よりも、理系院生が重宝されそうだと感じました。

就職活動を始めた時期やどのようなスケジュールで進めていたかについて教えてください

2020年6月頃から就職活動を始めました。

インターンシップは食品や化粧品、教育、人材などの業界に40社ほどエントリーし、その中の約25社に参加しました。本選考では約45社にエントリーし、4社の内定をいただいております。

どのようなインターンシップに参加されましたか

2021年1月、大手食品メーカーで実施された、2daysの新商品企画インターンに参加しました。翌月には、大手飲料メーカーで4daysのインターンに参加し、基礎研究ワークや座談会を経験しました。

就職活動を行うにあたって重視していたことを教えてください

「お客様・相手の困りごとを解決したい」という想いをモチベーションとして働ける仕事であるかどうか、チームで1つの物事を成し遂げる仕事であることという点を重視しました。

可能であれば、自分の専門性を活せる職場が良いとも思っていました。

就職活動に「アカリク就職エージェント」を利用しようと思ったきっかけを教えてください

理系院生の就活サポートに強そうだと感じ、他のエージェントでは聞けないようなアドバイスや求人紹介をいただけると思ったためです。

実際に「アカリク就職エージェント」を利用してみてメリットと感じた点を教えてください

理系院生として培ってきた専門性や、論理的思考力を大いに活かせそうだと感じる求人が多かった点がメリットと感じました。

どのような方に「アカリク就職エージェント」を利用した就職活動を勧めますか

研究開発職・技術職にどうしても就きたい!という方に勧めます。

特に、生物系は食品や化粧品メーカーを目指す人が多いのですが、狭き門のため、視野を広げる意味でも生物系の方におすすめしたいです。

これから就職活動を行う大学院生へのアドバイスをお願いします

就職活動はなかなか思い通りにいかず、精神的に辛くなることも多いと思います。

私も選考がなかなかうまくいかず、元々ネガティブ思考ということも相まって気持ちをキープするのが大変なことも多くありました。

しかし、そう言った経験を多くしていく中で、少しうまくいかなくても落ち込みすぎないメンタルキープ力や、うまく行くかわからなくても挑戦してみる力も身につき、一年で成長できたよい機会だったと思っています。

就職活動は長期戦になります。

その中で私は11月から12月頃精神的につらくなり、就職活動をお休みしていましたが、全く後悔はないです!
「もう一回頑張るか」、と自然に思えるまで休んだことで、気持ちを切り替えられたと思っています。

時に休みをとりながら、取り組んでほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました