就活の準備はM1になってすぐに始めよう!就活スケジュールと進め方

アカリクコラム
この記事は約6分で読めます。

やっと大学院に入学し、さあこれからしっかりと研究に打ち込もう!と燃えている大学院生の方は多いのではないでしょうか。

しかし、M1の今、意識しておかなければならないことがあります。それは、就職活動です。

研究だけに気をとられていると、就活の波に乗り遅れてしまうかもしれません。まずは就活のスケジュールを知り、どのように進めていけばよいのかイメージをつかんでおきましょう。よりよい就活のためには、早めの準備が大切です。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが大学院在籍経験者で、15年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

就活はM1になってすぐに始まる

意外かもしれませんが、就活はM1になったと同時に始まります。

なぜなら、採用に直結するインターンシップ(インターン)の応募が、早いものであれば4月に始まるからです。

インターンのスケジュールや内容などの情報は早めに入手しておきましょう。

M1を対象としたインターンの応募は4月から開始するところも

インターンは、社会に出る前に仕事の現場を体験してみることができる貴重な機会です。

就活の準備として、自分の適性を知り、将来設計を考えるための場と捉えておきましょう。

特に理系の大学院生は、インターンを経験する学生の割合が高く、7割以上になることもあります。

インターンが開催される時期は、大学の夏休み期間である7~9月が多くなっています。中でもピークとなるのは8月です。

夏のインターンの情報は、5月頃になると多く公開されるようになり、6~7月にその申込受付が行われます。中には、4月に申し込みが始まる企業もありますので、早めに情報を集め、どれに参加するかをしっかりと考えておくことが重要です。

申し込みには、「エントリーシート」や「履歴書」などの書類が必要になることがほとんどです。これらの書類には「自己PR」や「志望動機」を記入するケースが多いので、M1になったらすぐにインターンに参加する準備を始めましょう。

参考:経済産業省 学生・企業の接続において長期インターンシップが与える効果についての検討会

参考:学生に対するアンケート調査結果・大学に対する アンケート調査結果

インターンの開催時期は8月が多い

前述のとおり、インターンが多く実施されるのは夏休み期間中です。また、2月頃に実施されるケースもあります。しかし、選択肢の豊富さからいっても、M1の夏のインターンこそが就活の本格スタートとなる人が多いでしょう。

インターンの実施期間は企業や官公庁によってさまざまで、1日、2~5日未満、5~10日未満、10日~1ヶ月未満、そして1ヶ月以上に渡るものがあります。

また、大学院によっては、インターンを単位として認定するケースもありますので、認定条件を確認しつつ参加するインターンを決めるとよいでしょう。

インターンの内容としては、その企業や業界の説明といった座学のほか、社員への質問会、検討事例の発表、実際の業務シミュレーションや実習・研修・体験、職場や工場の見学、などがあります。

さまざまな企業で仕事を体験してみたい人は、短期のインターンにいくつか参加して、業界や企業の違いを比べてみるのもおすすめです。

また、長期のインターンに取り組んで、仕事の疑似体験や業務の補助をすると、その企業や仕事について深く知ることができます。

参考:経済産業省 学生・企業の接続において長期インターンシップが与える効果についての検討会 学生に対するアンケート調査結果(令和元年度)

参考:経済産業省 大学等におけるインターンシップ実施状況について(令和元年度)

インターンで内定がもらえるケースも

インターンに参加した学生から採用をする企業が増えています。インターン期間中に良い評価を得られた学生がその後の本選考で有利となったり、インターン後に内々定が出たり、といったケースが多くあります。

インターンに参加した企業から内定を得る学生はおよそ4割です。そのうち、その企業に就職するのはおよそ8割です。インターンに参加した企業に就職しない理由の多くは、就活中に別の業界や企業に関心が移った、そもそも志望する業界・企業ではなかった、というものです。

インターンは企業にとっても学生にとっても、お互いに相手をよく知る期間です。マッチすれば実際の就職に直結するのです。

参考:経済産業省 学生・企業の接続において長期インターンシップが与える効果についての検討会 学生に対するアンケート調査結果(令和元年度)

M1から自己分析及び企業研究を始めよう

会社説明会が始まるM1の3月までには、就活の準備をしておかなければなりません。その就活準備に不可欠なことが2つあります。

自分がどんな業界に興味があるのか、その業界にはどのような企業があるのかなどを知る「企業・業界研究」と、自分はどんな特性があり、どんな強みを持っているのか、どのような働き方をしたいのかなどを知る「自己分析」です。

どちらが欠けても、満足できる就活とならないので、M1の間に時間をかけて進めておきましょう。

インターンやOB・OG訪問などにより、自分の職業適性や課題が分かった学生は少なくありません。また、今後その企業で働いていくうえで、どんなスキルや専門性が必要になるのかが分かると、日々の学習に活かせます。

また、前述のとおり、インターンが内定につながるケースが増えています。よい結果につなげるためには、インターンに申し込む時点で、しっかりと自己分析・業界研究を進めておくとよいでしょう。

M1の3月から就活が本格化

2021年卒以降、経団連が定めた就活スケジュールは廃止されることとなり、主導は政府に引き継がれました。ただし、2022年卒の学生については、従来通りの採用スケジュールが踏襲されることになっています。

つまり、本格的な就活が解禁となるのはこれまでと同じ、M1の3月です。ここから会社説明会が始まり、エントリ―シートの提出、SPIやWebテストの受験を進めていきます。6月に選考が始まり、内定が出るのは10月となります。

しかし、経団連に所属していない中小企業やベンチャー企業、外資系企業では、この就活ルールは無関係です。推薦での応募や、インターンを経た場合などでは、早ければ3月から4月に内々定が出ているケースもあります。

まとめ

大学院で思う存分研究に打ち込むためにも、進学したら早めに次のことを始めましょう。

・企業・業界研究

・自己分析

・夏のインターンの情報収集と申し込み

また、改めて就活スケジュールをまとめると次のようになります。

・M1の4月~7月 :夏のインターンの情報収集、応募

・M1の7~9月  :夏のインターン参加

・M1の10月~1月  :冬のインターンの情報収集、応募

・M1の2月     :冬のインターン参加

・M1の3月   :就活解禁(会社説明会、エントリーシート提出)

・M2の4月~  :選考開始、内々定が出はじめる

インターンへの参加は、早めの自己分析、業界研究につながります。よりよい就活のために、まず第一歩を踏み出してみましょう。

研究で仕事も充実 院生・ポスドクのための就活サイト アカリクを始める
アカリクを始める
著者プロフィール

アカリクリポーターズとは、大学院生としての経験や知識を「リポート」するライター集団です。全員大学院在籍経験があり、これまでの研究経験や知識を活かして、大学院生の皆様に役立つ情報をお届けしています。専門分野は工学・化学・生命科学・心理学・社会学等様々です。

【監修】アカリクお役立ちコンテンツ編集部
博士号所持者/博士課程在籍経験のある編集者が監修しています。

アカリク リポーターズをフォローする
アカリクコラム
お役立ちコンテンツ|アカリク
タイトルとURLをコピーしました