コンサルティングファームとは?業務内容や種類、向いている人について詳しく解説

アカリクコラム
この記事は約6分で読めます。

近年、就職活動を行う学生の間で高い人気を誇る「コンサルティングファーム」とよばれる企業があります。

就職活動を始めてからなんとなく言葉を目にしたことはあるものの、実態についてはよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コンサルティングファームとは何なのか、どのような種類があるのか、どのような人が向いているのかについて説明します。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

コンサルティングファームとは

まず、コンサルティングとはどのような業務なのでしょうか。

コンサルティングとは、「クライアント(お客様)企業の抱える多種多様な課題に対し、解決策を提供する業務」のことを指します。そして、事業内容としてコンサルティングサービスを行っている企業のことをコンサルティングファーム(consulting firm)と呼びます。

コンサルティングを行う人、すなわちコンサルタントは、第三者の立場から、クライアント企業の経営状況などの課題を分析し、最適な解決策を提供します。

場合によっては、何年、何十年も事業の推進や会社の経営に携わってきたクライアントに対し、若手のうちから支援を行うこともあります。そのため、コンサルタントには情報収集力、論理的思考力などの高いスキルが求められます。

コンサルティングファームの種類

世の中には多くのコンサルティングファームが存在します。

一言でコンサルティングファームといっても、例えば人事系の課題を解決するコンサルティングファームや、IT系の課題解決を得意とするコンサルティングファームなど、各ファームごとに担当する領域が異なります。その担当する領域から、いくつかの種類に分類することができます。

また、コンサルティングファームの種類によって、担当する領域だけでなく、クライアント企業の規模や案件の大きさも異なります。

そのため、就職先を選ぶ際には、自分がどのような領域において、どのような企業に対してコンサルティングを行いたいのか考えておく必要があります。

この章では、コンサルティングファームの種類とそれぞれの代表的な企業を紹介します。

【種類1】総合系コンサルティングファーム

総合系コンサルティングファームの主な仕事は、その名の通り、様々な業界の様々な課題に対して総合的に改善策を提供することです。

クライアント企業の経営層から一般社員まで、企業全体に関わる課題を、戦略の立案やシステム導入など様々なアプローチで一気通貫で解決をしてきいます。

総合系コンサルティングファームの特徴は、そのカバーする領域が広いことから、社員数が多いのが特徴です。

総合系コンサルティングファームの代表的な企業は、以下の通りです。

  • アクセンチュア株式会社
  • アビームコンサルティング株式会社
  • デロイトトーマツコンサルティング合同会社
  • PwCコンサルティング合同会社
  • KPMGコンサルティング株式会社
  • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

【種類2】戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファームの主な仕事は、クライアント企業の経営層に対し、企業戦略や事業戦略、マーケティング戦略やM&Aなど、様々な課題に対する改善策を提供することです。

多くの有名企業の陰では戦略系コンサルティングファームが活躍しているともいわれています。

戦略系コンサルティングファームでは若いうちから有名企業の経営層と関われることや、規模の大きな案件に携われるのが特徴です。

戦略系コンサルティングファームの代表的な企業は、以下の通りです。

  • アーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社
  • A.T. カーニー株式会社
  • ベイン・アンド・カンパニー
  • PwCコンサルティング合同会社 ストラテジーコンサルティング
  • ボストン コンサルティング グループ
  • 株式会社ドリームインキュベータ
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • 株式会社ローランド・ベルガー

【種類3】中小企業系コンサルティングファーム

中小企業系コンサルティングファームの主な仕事は、クライアントである中小企業の経営層に対し、経営戦略や業務改善、ITなどの幅広い課題への解決策を提供することです。

日系・国内系コンサルティングファームと呼ばれることもあります。

中小企業診断士などの資格を持ったコンサルタントが実際に現場に深く入り込んでコンサルティングを行うのが特徴です。

中小企業系コンサルティングファームは、1人のコンサルタントが数社を掛け持ちするケースが多いのも特徴です。日本を支える中小企業を成功に導くやりがいも感じることができるといえます。

中小企業系コンサルティングファームの代表的な企業は、以下の通りです。

  • 株式会社船井総合研究所
  • 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
  • 株式会社タナベ経営
  • 山田ビジネスコンサルティンググループ株式会社
  • 株式会社リブ・コンサルティング
  • りそな総合研究所 株式会社

【種類4】IT系コンサルティングファーム

IT系コンサルティングファームの主な仕事は、クライアント企業が抱えるITに関連した課題解決を行うことです。

IT戦略の策定やシステムの導入、ITによる業務改善の提案などの様々なアプローチを通して企業のIT化を支えています。

IT系コンサルティングファームでは、クライアント企業の業務内容やビジネスに関する知見といった、全てのコンサルタントに求められる知識に加え、ITに関する知識も必要とされるのが特徴です。

IT系コンサルティングファームの代表的な企業は、以下の通りです。

  • 日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • 株式会社ワークスアプリケーションズ
  • フューチャーアーキテクト株式会社
  • シンプレクス株式会社
  • 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
  • キヤノンITソリューションズ株式会社

【種類5】人事系コンサルティングファーム

人事系コンサルティングファームの主な仕事は、クライアント企業の組織や働く人々の課題を解決することです。

そのため、人事系コンサルティングファームでは企業内の研修や人事システムの刷新、福利厚生の設計などを行います。

人事系コンサルティングファームの代表的な企業は、以下の通りです。

  • マーサージャパン株式会社
  • 株式会社ラーニングエージェンシー
  • 株式会社グロービス
  • アルー株式会社
  • レジェンダ・コーポレーション株式会社
  • 株式会社パーソル総合研究所

コンサルティングファームに向いている人の特徴

ここまでは、コンサルティングファームの種類や仕事内容について紹介してきました。

優秀で激務といった印象があるコンサルティング業界。そこで働くコンサルタントの仕事が向いている人には、以下のような特徴があります。

  • 論理的思考能力がある
  • 比較的長時間の勤務を行える体力がある
  • 分析結果を適切に伝えられるコミュニケーション能力がある
  • 相手の発言の意図や、置かれた状況を推察できる
  • クライアントの期待を超える成果を出したいという強い想いがある
  • 素直で、自分の間違いを受け入れられる柔軟性がある

コンサルティング業務はクライアントの期待に応えるための高い能力と体力が求められます。また、このような特徴は文系・理系問わず、大学院での研究活動の中でも培われる能力共通していることがわかります。

コンサルティングファームの今後

時代の流れとともに仕事内容や役割が変化することからも、コンサルティングファームで働くことで日々新たな知見を得て成長することができます。

また、クライアント企業の課題解決に携わってきたコンサルティングファーム出身者には、転職もしくは独立を経ても各業界で活躍できる傾向が高いという特徴があります。

どこでも通用するスキルを身につけたいと考える方は、コンサルティングファームへの就職を選択肢の1つとして考えてみるのはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました