内定者インタビュー[経済学系/修士課程から金融系コンサルタントへ]

インタビュー
この記事は約4分で読めます。

内定者インタビュー

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

『書生的な問題意識』と『商人的な現実感覚』を持とう

金融系コンサルティング企業 内定

研究分野 経済学系

修士課程

Kさん

なぜ研究者ではなく、就職をしようと思いましたか?

そもそも、社会科学という学問は社会を良くするためにあるという認識だったので、実際の社会を知らずにそれが生きるはずがないと思っており、社会の中で仕事をしてこそ、真の意味で生きた学問になると考えていました。そのために、大学院に通う間も積極的に事務などの実務経験を得る機会を持つようにしていました。学資の調達も兼ねて、休学期間(1年間)や長期休暇を利用して、メーカーの営業事務や資産運用会社の派遣社員として働きました。

就職活動に際し、同期や先生に相談しましたか?

相談というよりも『こういうことを考えている』ということを話すだけで自分の頭の整理になったし、実際に面接で自分が考えていることを相手に分かるように伝えるという練習になりました。大学院には社会人経験者も多く、企業に就職することへの理解はありました。

どんなツールを使って就職活動をしましたか?

エージェントサイトには三件ほど登録して利用しました。
興味のある会社を検索して見つけて、HPから直接エントリーもしました。

どんな業界を志望しましたか?

シンクタンク、コンサルタントまたはリサーチ部門を持つ金融関連の企業です。

面接や試験に向けてどのように準備しましたか?

日々、自分の意見を持てるようにしたいと考え、新聞やビジネス関係の本を読んで専攻分野周辺の情報収集をしました。面接の練習や筆記試験の練習は特に行いませんでしたが、エントリーシートは人に読んでもらって推敲しました。

実際に受けた試験や面接についてのエピソードをお聞かせください

お互い好きでない、ということが一瞬にして分かる面接がありました。面接を受けると、自分も相手を観察するわけであり、話し方やしぐさから性格のようなものもなんとなく垣間みえることはありました。サポーティブな雰囲気ではない等、一緒に働きたいと思えないということは企業選定でも大きな要因になると思いました。

就職活動をしている、または就職を考えている大学院生へのメッセージ

机上の空論ではなく、社会に実際にどのようにコミットできるかという可能性を考えるのは、とても楽しかったです。自分の問題意識や情熱に具体的な方向性を与えられるという期待がありました。しかし、たとえば英語のスキルを磨いてきた、というようなことに話題がいってしまうと、すぐに英語を使う業務がないような会社では、『退屈ですが大丈夫ですか』と聞かれました。私は下積みなしに最初から自分の専門性を生かせるとは考えていないし、アカデミックキャリアと実務でのキャリアを統合させるのに5~10年ほどのスパンで考えていること、雑務も雑務だと思えば雑務だが、得るものは沢山あると考えていることを理解してもらうのに苦労しました。また『何故国際協力に興味を持ったか』については“奇麗ごと”にならずにすんなり分かってくれるかどうかには、かなり個人差がありました。結局今の内定先は、研究内容への理解がありそのような説明が不要だったので話がすぐに通りました。

就職活動をしている大学院生へのメッセージをお願いします。

大学院での研究生活で得られるものについては、コミュニケーション能力のなかでも、高い論理的思考能力、ドキュメンテーション、プレゼンテーションに高いスキルを持っているというのは、意外とすぐに実務に応用できます。そこに自信を持ってアピールすべきです。他に、短期の実益追求以外の、長期の視点を持てる、興味の幅が広いということも素晴らしいことだと思うが、これについては逆に、社会がどのような仕組みで動いているのかに疎い、迎合を嫌う態度につながることがあります。実務経験がないというコンプレックスと、その裏返しとしてのプライドの高さというかたちでネガティブに出てきてしまってはもったいないと思います。社会の仕組みをしることはとても有意義なことなので、そのために懐をお借りする、実務に自分の専門性を生かさせてもらいつつ、その見返りに会社に貢献する、というポジティブな意識でいて欲しいです。また、どうしても近視眼的になってしまいがちかとは思いますが、自分のキャリアプランも長期的に考えて欲しいです。最後に自分は、“成功するには『書生的な問題意識』と『商人的な現実感覚』が必要だ”、という言葉に感銘を受けました。嫌々就職活動をするのではなく、経済社会の一員となることを、是非ポジティブに捉えて欲しいと思います。

アカリクでは、 修士・博士・ポスドクの方の就職活動を支援する「アカリク就職エージェント」というサービスを実施しています。
就職支援コンサルタントによる就活相談や求人紹介により、皆様の就活をサポートいたします。
詳細・お申し込みは下記ページをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました