内定者インタビュー [プログラミングスキルを活かしてマッチング] – 情報・通信系/修士

インタビュー
この記事は約2分で読めます。
  • 卒年:2021年
  • 在籍:修士
  • 専攻:情報・通信系
  • 地域:中部
  • 業種:IT・通信系
  • 職種:ソフトウェアエンジニア

ー就職活動のスケジュールやインターンへの参加について教えて下さい。

M1の夏と秋に計4つのインターンに参加し、IT系企業で3週間、通信系企業で1週間、ゲーム系企業で1日といった様々なものを経験しました。11月に本格的に就職活動を始めたものの、面接がうまくいかず5月にアカリク就職エージェントを利用し始めました。最終的にエージェントを通じて紹介された企業に、6月に内定をもらって就職活動を終了しました。

ー就職活動にアカリク就職エージェントを利用されたきっかけは何だったのでしょうか。

M1のとき、アカリクイベントのスカウト(逆求人)イベントに2回参加した際の体験が非常に良いものだったので、他のサービスも利用してみたいと思いました。当時は自分で興味のある企業に応募しても、準備不足のため面接で落ち続けている状況でした。

ー実際にアカリク就職エージェントを利用してよかった点は何でしょうか。

もともと志望する業界・職種は絞れていたのですが、紹介された求人はすべて自分の興味とマッチしており、優良な企業でした。実際に企業の人事と面談をした際には、面談後に自分に不足しているものや弱みがフィードバックされました。大学院生向けの就活サポートなので、書類の合格率が高く、事前の面接シミュレーションがとても有用です。自分のようにプログラミングスキルがある人にはおすすめできるサービスだと思います。

タイトルとURLをコピーしました