理系学生はインターンに行くべき?参加するメリットや特徴とともに紹介

アカリクコラム
この記事は約8分で読めます。

理系学生の方も「インターンには参加した方がいいの?時期はいつから?参加するメリットや理系ならではの特徴があれば知りたい。」と思うことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、理系学生向けのインターンの種類や特徴、参加するメリットなどを徹底的に解説します。

後半では理系学生と相性の良い職種も紹介しますので、インターンや就活を進める際の参考にしてください。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

インターンシップとは

インターンシップとは、企業や仕事についてより深く知るための「職業体験」のことです。

実際に企業に足を運ぶことで現場の経験を積めたり、社風を知れたりするメリットがあります。

インターンシップは1日で終わるものもあれば、長期のものまでさまざまです。

1Dayインターンシップ

前述したように1Dayインターンシップは、名前の通り1日だけ実施されます。

一般的には企業の説明会・グループワーク・座談会の3つが含まれており、効率よく業界や企業について知られるでしょう。

まだ志望先が絞り切れていないのなら、まずは1Dayインターンシップから参加してみることをおすすめします。

できるだけたくさんの企業のインターンシップに参加することで、情報を収集できるだけでなく、自分の中で比較対象が増えるため、より良い企業の基準を知ることができます。

短期インターンシップ

短期インターンシップは、数日から1か月ほどの期間に行われるインターンシップです。

比較的時間をかけて取り組めるので、説明会やグループワーク、職場見学などプログラム内容も豊富な傾向にあります。

短期インターンシップは夏休み・冬休みの2つの期間に行われることが多く、休みを有効活用すれば複数の企業のインターンシップに参加できます。

企業によっては、インターンシップの結果を考慮して書類選考や面接を免除してもらえるかもしれません。

長期実習型インターンシップ

数か月から数年以上になると「長期実習型インターンシップ」に分類されます。

長期実習型インターンシップはベンチャー企業が募集していることが多く、社員の一人として業務を進めることが他との大きな違いです。

現場で実務経験を積めるので、高い専門性・スキルを習得して即戦力を身につけられます。

働きがよければそのまま内定をもらえることもあります。入社してからすぐに現場で活躍したい人にはおすすめです。

理系学生向けインターンシップの特徴

インターンシップの中には理系学生を対象にしたものや、推薦枠を設けているものもあります。

理系学生なら、これらのインターンシップを利用しない手はありません。

それぞれの特徴について詳しく解説します。

なぜ理系学生に絞ったインターンシップがあるのか

インターンシップの中には理系学生に絞ったものがあります。

理系限定のインターンがある理由は、専門的な知識が求められるため「採用の段階でミスマッチを減らしたい」という企業側の思いがあるからです。特に技術職や研究職は理系に限定しているものが多い傾向です。

たとえばソフトウェア開発やバグ修正の仕事体験、新商品の試作品づくり、安全性を確かめるための品質分析といったインターンシップがあります。

仕事を模擬体験する中で、学生と自社との相性や業務への理解度がわかるので、理系限定のインターンを積極的に実施する企業があるのでしょう。

推薦枠がある

理系学生のインターンシップでは、推薦枠を設けているものもあります。

大学と企業が連携していれば、理系学生用の推薦枠があり、インターンシップの選考を免除してもらえる制度です。

理系学生は専門性や論理的思考力を持っている人材が多く、なるべく理系の学生を採用したいと考える企業も多い傾向にあります。

インターンシップに参加して優秀だと認められれば、その後の選考に有利になる可能性も高まるでしょう。

推薦枠はキャリアセンターでチェックできるので、積極的に利用してみてください。

理系学生がインターンシップに参加するメリット

理系学生がインターンシップに参加するメリットは、就活に有利になることや視野が広がること、就活仲間ができることです。

就活をスムーズに進められて、さらにその後のキャリアを考えるきっかけにもなります。

就活に有利になる

インターンシップの経験は就活において有利に働きます。

なぜなら、インターンシップでの経験は「現場の仕事」に近くさまざまな場面でアピールができるからです。

たとえば、長期実習型インターンシップに参加した場合、問題なく仕事を進められれば卒業後すぐにインターン先で正社員として雇ってもらえるかもしれません。

もし正社員として入社できなくても、インターンシップでプロジェクトを遂行したり、問題を解決したりした経験は書類選考や面接でアピールできるのです。

視野が広がる

インターンシップに参加すると視野が広がることもメリットの1つです。

現場を見たりすることで、自分のイメージと現実のギャップを埋められるからです。

たとえば「エンジニア職」に対して「もくもくと作業する仕事」というイメージを持っている人は、実際に仕事をすると他部門とのコミュニケーションの多さに驚くかもしれません。

インターンシップは、視野を広げて仕事と自分の適性をチェックすることにも役立つのです。

就活仲間ができる

インターンシップに参加すると、同じような境遇の就活仲間を増やすことが可能です。

特定の分野に特化したインターンシップで出会った人となら、情報交換や就活を進めるうえでのいい相談相手にもなるでしょう。

他の人のキャリアに対する考え方や志望企業を知ることで、自分のやりたいことを見直す機会になるかもしれません。

他の大学・大学院出身で、環境や背景が違う人と出会えることは、インターンシップのメリットです。

理系学生が参加できる職種

理系学生のインターンシップでは、システムエンジニア、研究職、コンサルなどの業務を体験できます。インターンシップの内容やそれぞれの特徴を解説します。

システムエンジニア

理系学生向けのインターンシップで参加できる職種の1つは「システムエンジニア」です。

システムエンジニアというと、プログラミングをするイメージが強いかもしれませんが、仕事の内容は多岐にわたります。

システムの開発だけでなく要件定義や設計、テスト、フォローアップなども行います。

時にはクライアントとの商談に出向くこともあり、コミュニケーションスキルも重要です。

短期インターンシップでは実務経験に携わる機会は少ないかもしれませんが、模擬体験ができることも多いので、仕事を深く知れるいい機会になるでしょう。

研究職

メーカーなどの研究職も、理系学生向けに開催されるインターンシップによく見受けられます。

研究職は高い専門性が問われるため、あらかじめ能力があることを把握した上で採用したいと考える企業が多いからです。

インターンシップでは、自社製品の改良をしたり、研究開発の現場を見学したりします。

長期実習型のインターンシップなら実務的な職務経験を積めるので、研究職を目指す上でアピールできる武器になるでしょう。

コンサル

金融機関やシンクタンクのコンサル職も、理系学生向けにインターンシップを実施しています。

一見、理系学生と関係がないように思えるかもしれませんが、こうした業種でも理系のニーズは高い傾向にあります。

なぜなら、理系学生は論理的思考力や仮説検証力が高く、数学的思考に慣れている傾向があるからです。

研究職やエンジニアなどの職種が合わないと感じるのなら、コンサル職を検討してみるのも1つの手です。

インターンシップが行われる時期

インターンシップは通年開催されますが、もっとも件数が多いのは夏休みの「サマーインターンシップ」と冬休みの「ウィンターインターンシップ」です。

それぞれいつ参加すればいいのか、具体的な時期を見てみましょう。

サマーインターンシップ

サマーインターンシップは、毎年7月から9月までの2か月間を中心に行われます。

学部4年の夏休みに参加しても問題ありませんが、早期に準備を進めるために、可能であれば学部3年の夏に参加しましょう。

早々に参加して情報収集をすることで、志望業界や会社を絞りやすくなります。

ウィンターインターンシップ

ウィンターインターンシップは、冬休みの2月から3月にかけて行われます。

学生が長期休みに入るため、この時期もインターンの開催件数は多い傾向にあります。

こちらも就活が本格化する前の学部3年の冬に参加できると、早期に準備しやすくなるでしょう。

休みの期間を有効活用して、学業に支障が出ない程度に情報収集してみてください。

まとめ

今回は理系向けのインターンシップの特徴や参加するメリット、模擬体験できる職種などを解説しました。

本文の内容を簡単にまとめます。

  • インターンシップは業界や仕事、企業への理解を深める「職場体験」のこと
  • 実施期間は1Day、短期、長期実習型の3種類がある
  • 理系の職種は専門性が問われるので、理系学生に絞ったインターンシップがある
  • 大学の推薦枠からインターンシップに申し込めることもある
  • 理系学生がインターンシップに参加すると、就活を有利に進められたり、視野を広げられたりする。就活仲間ができることもメリットの1つ
  • 理系のインターンシップではシステムエンジニア、研究職、コンサルなどの業務を模擬体験できる
  • インターンシップは通年開催しているが、夏休みと冬休みなどの長期休みに行う企業が多い

理系学生の方は、インターンシップの参加すると得られるメリットがたくさんあります。

直接内定に影響がなくとも、実際の仕事を通して得られる経験は貴重な自己アピール材料になるのです。

キャリアプランを実現するために、早速興味があるインターンを検索して応募してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました