グループディスカッションとは?企業が取り入れる理由や練習方法を解説!

アカリクコラム
この記事は約11分で読めます。

企業によっては就職活動の選考にグループディスカッション(GD)を採用していることもあります。
これは名前の通り、グループでディスカッションを行い、その審査によって選考する方法です。
とは言っても、名前だけでは実際にどのようなことをするのか、中々イメージがつかないのではないかと思います。

今回の記事では、グループディスカッションについて、この選考方法を採用している企業についても含めてまとめました。
グループディスカッションがある方は是非参考にして、選考に挑んでください。

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

グループディスカッションとは

グループディスカッションでは、複数人の学生が1つのテーマについてディスカッションを行い、30分~1時間程度で結論を導き出します。
人数は三人程度から十人以上に及ぶこともあります。
また、導き出した結論を発表する時間が設けられていることもあり、グループ内の発表者が結論とそれを導いた過程についてまとめ、発表します。

企業がグループディスカッションを選考に取り入れる理由

グループディスカッションは何故選考に取り入れられているのでしょうか。
これには大きく分けで二つの理由があると考えられます。

チーム内でどう動くのかを見ることができる

働く上で協調性は必要不可欠な要素ですが、それを面接という1対1の場で測るのは困難です。
そのような面接の欠点を補い、候補者のチームワーク力をチェックするため、グループディスカッションが取り入れられています。

他にもグループディスカッションでは基本的なコミュニケーション能力を測ることもでき、1次選考としては申し分ない方法だと言えるでしょう。
グループディスカッションに参加する場合は、そのような点を見られていることを意識すると良いと言えます。

 一度に大量の候補者を選考することができる

グループディスカッションは、面接と比べて時間あたりに選考できる候補者の人数が多くなります。
そのため、多くの候補者をふるいにかける必要がある、選考の序盤で採用されることの多い方法となります。

グループディスカッションの一般的な進め方

グループディスカッションにも様々な種類がありますが、大まかな進行の形は大体同じです。

①企業からテーマやディスカッション時のルールについて伝えられる。
②参加する候補者同士で自己紹介や簡単な挨拶を行う。
③役割やタイムスケジュールを決める。
④ディスカッション・ワークを行う(定義づけ→議論→まとめて結論を導く)
⑤発表する

また、場合によっては発表がない場合や、明確に役割を決めない場合もあります。

グループディスカッションにおける役割

グループディスカッションを行っていく上で、知っておきたい役職について紹介します。

後述しますが、必ずしもこれらを決めなければならないわけではなく、また、役割を担わなければ選考に通らないわけでもありません。
しかし、これらの役割はディスカッションを進める上で必要となってくる場合が多く、役割を知っていると議論の進行に貢献しやすくなると言えます。

ファシリテーター(司会)

議論を進行し、意見をまとめる役割です。
他にも、意見を出さない人を名指しして意見を募ったり、場が煮詰まったときに新たな一石を投じたりするなど、うまく議論を進行していく義務があります。
議論への貢献度が高く、目立つ役割でもあるため、選考という場では競争率の高い役割でもあります。
もし自分がこの役割を担う場合は、強引な進行とならないように気を付けましょう。

タイムキーパー

時間配分を管理する役割です。議論が白熱し、タイムスケジュール通りの進行が危ぶまれているようなとき、グループに時間配分について意見します。
議論は盛り上がったけれど、まとめがうまくできなかった、というケースはグループディスカッションでよく見られます。そうならないためにもタイムキーパーの役割は重要です。

監視

進行がずれていかないよう、議論を監視する役割です。
役割としての立場はまだあまり確立されていませんが、これも議論の中では非常に重要な役割と言えるでしょう。

議論が白熱するあまり、だんだん主旨から逸れていってしまうというのは往々にしてあることです。
そのような中で、人の意見を否定せずに議論の方向性を修正するのは難しいですが、監視役を定めておけば、「議論がずれています」とすんなり発言することが可能です。
客観視が必要なポジションであるため、担当するのは他の役割より少しハードルが高いかもしれませんが、選考の場において目立つことはできるでしょう。

書記

議論を書きとめ、場合によってはグループ全体に見えるような形で提示しておく役割です。
とはいえ、これらの役割の中でも特に書記の優先度は低くなるでしょう。
書記でなくとも、必要であれば議論について各々がメモを取ることになりますし、書記を決めることでかえって書記担当の人が議論に参加しづらくなってしまうこともあります。
発表があるため資料を並行して作らなければならない、というような場面でない限り、そこまで必要度の高い役割ではないと言えます。 

グループディスカッションの種類

グループディスカッションにもいくつか種類があり、それぞれ特徴と、進行する際のコツがあります。

抽象テーマ型

抽象的なテーマから結論を導き出すものです(例:無人島から脱出する手段を挙げてください)。
意見は出しやすいものの、まとまりのない意見が多くなってしまって議論が錯綜し、結論まで至れないというケースが頻発する型となります。

抽象テーマ型のディスカッションの場合、意見を出し合う前にいかに前提条件を共有しておくかが肝になります。テーマについて語る上で、どのような条件が存在するのかをあらかじめ固めておくことで、意見自体の方向性の統一を図り、全体に「議論をどこに終着させるのか」を意識させるようにしましょう。

採用企業例:日産自動車株式会社、東急不動産株式会社、株式会社TBSテレビなど

課題解決型

与えられた課題の解決策を導くことを目的とするものです(例:スマートフォンの売り上げを伸ばすためには?)。就職活動において最もよく見られるタイプのグループディスカッションです。

この場合も定義づけからスタートすることは同じです。
その後、現状・課題・最終的に目指す姿を明確にしたうえで意見を出し合うようにしましょう。
意見を出す際には、いったん実現可能かどうかは考えないことも重要です。
いきなり細部を詰めるより、議論を広げることを意識しましょう。

採用企業例:日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社電通、アクセンチュア株式会社など

討論型

賛成・反対の立場、もしくは各々に明確な役割が与えられた状態で議論するものです(例:自分が担当するお菓子を店に置くためにプレゼンし、グループからお菓子を4つ選出する)。

討論型のグループディスカッションでは、自己主張が激しくなってしまいがちになってしまう点で注意が必要です。まずは判断の基準を設定し、喧嘩を避けるようにしましょう。その後、定めた判断の基準に沿って自分の立場を主張するようにしましょう。

討論型のグループディスカッションでは、最終的に議論で優勢になることを目指してしまいがちですが、必ずしも自分の立場が通ったから採用に繋がるという訳ではありません。
喧嘩腰にならず、議論を成り立たせることを意識しましょう。

採用企業例:森永製菓株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、伊藤忠商事株式会社など

資料読み取り型

与えられた資料から解決策を導くものです(例:このドラッグストアが取るべき経営戦略を考える)。

資料読み取り型のグループディスカッションでは、事実ベースで議論する能力が求められます。
前提の共有、現状分析、課題の特定、意見出し、その吟味、結論、という流れを外さないようにすることが必要です。AだからB、BだからC、と根拠を踏まえて次の議題に移らなければならず、それを怠ると論理性がないとみなされてしまいます。

また、資料読み取り型のグループディスカッションは、結論そのものが評価されることも多くなります。与えられた資料から想定される正解に辿り着けるよう、妥当な意見を出すことを意識しましょう。

採用企業例:三菱地所株式会社、三井物産株式会社、株式会社野村総合研究所など

その他の特殊型

他にも「フェルミ推定型」「ケーススタディ型」と呼ばれる特殊なグループディスカッションもあります。

特にフェルミ推定型では、それに特化した知識がなければ上手く議論に参加できないこともあります。
自分が受ける企業がフェルミ推定型グループディスカッションを採用していた場合は、事前にある程度フェルミ推定について勉強しておく必要があります。

採用企業例:ルイ・ヴィトンジャパン株式会社、株式会社NTTドコモなど

グループディスカッションで意識すべきポイント

グループディスカッションの種類によって気を付けるポイント以外にも、グループディスカッション全体を通して意識しておくべきポイントが存在します。

まずは前提を共有しよう

グループディスカッションにも種類があることは前述しましたが、どのケースにおいても議論に入る前の定義づけが重要になってきます。
焦って意見出しに進む前に、議論に必要な条件の洗い出しと共有を行うよう心がけましょう。

人の意見は否定しない・遮らない

チームワーク力を見られるグループディスカッションにおいて、人の話を聞かない姿勢はご法度です。
大幅な減点となってしまいますので、例え相手の意見が的外れであったり、議論の主旨とずれていたとしても、頭ごなしにそれを否定したり発言を遮ったりはしないようにしましょう。
もし否定する場合は、慎重に言葉を選ぶ必要があります。

役割がなくても大丈夫

グループディスカッションでは最初に役割を決めてしまうことが多く、そこで役割を得られなかった場合は選考に通らないと思ってしまう人もいるようです。
しかし、重要なのは、どのような議論をしたか、議論にどう貢献したかです。役割を持っているかどうかそのものはあまり重要ではありません。

また、役割がない、ということは、その場の議論に応じて柔軟に立場を変えることができるということでもあります。
その場その場で必要とされるような意見が言えるのであれば、役割がないことはむしろチャンスと言ってもいいでしょう。

まとめには時間がかかると心得よう

議論が白熱すればするほど、それをまとめるのは骨が折れるものです。
グループディスカッションでは必ず結論に辿り着かなければならないため、時間が足りない場合は無理に話をまとめてしまうことにもなりかねません。
余裕を持った時間配分を考えておき、議論中もまとめに入るタイミングを常に考えておくようにしましょう。

また、そのような中で議論を長引かせて時間を浪費する「タイムイート」は嫌われる傾向にあります。
議論の際も、意見はなるべく端的に、主旨と逸れたことは言わないように心がけましょう。時間は有限なのです。

クラッシャー対策はあらかじめ考えておこう

グループディスカッションで大きな障害となる「クラッシャー」が、グループ内に一人いると議論の進行に大きく差し障ります。
頭ごなしに否定できず、また意見もなるべく全員に聞くようにするべきグループディスカッションでは、クラッシャーがいた時に取れる対処も穏便にならざるをえません。
議論を進めていけるよう、あらかじめどのような対応を取れば良いのかを考えておくと良いでしょう。

いい議論をしようとする意識を忘れずに

何はともあれ、重要なのは「周りの人よりも目立とう」などという勝負心ではなく、「いい議論をしよう」という姿勢です。
選考の場であり、グループ内の人もライバルではありますが、そのような心意気ではいい議論ができません。
議論の過程を見られるグループディスカッションでは、特に協調性も重視される評価ポイントです。
他の人と協力しよう、ぐらいの気持ちで挑む方が良いでしょう。

一人で出来るグループディスカッションへの対策や練習

習うより慣れろ、という格言もありますが、グループディスカッションも練習するに越したことはありません。自分がどういう議論姿勢なのかを知るためにも、事前に練習しておくほうが良いでしょう。

GD用の対策テキストを用いる

グループディスカッションの対策問題集を用いる方法です。
テーマ例を知ることができ、またそれらを解く過程についても学ぶことができます。まずはゆっくり論理性や課題解決力を養っていきましょう。

自分で動画を撮影する

グループディスカッションを想定し、自分でテーマについて話しながら動画を撮ってみましょう。
あとでその動画を見返すことで自分を客観視し、話し方や表情や言葉遣い、態度などのブラッシュアップを図ることができます。

日頃からニュースなどを見て自分の意見を持つ

グループディスカッションは自分の意見を発表する場ですが、意見に自信がないと上手く発言することができないものです。
日頃から様々なことに自分なりの意見を持つようにし、意見に自信を持てるよう考える癖をつけましょう。

複数人で練習できる場を探す

とはいえ1人でできる練習には限りがあります。
複数人での練習したい際には、キャリアセンターや民間の企業が、グループディスカッションの体験会や講座を行っている場合があります。
より本番に近い形式ですので、実践的なスキルが身に付きます。そちらを利用するのも一つの手でしょう。
またインターンシップに参加する中で、グループディスカッションが行われる場合もあります。

まとめ

今回の記事の内容を以下にまとめます。

・グループディスカッションでは、集団でテーマについて議論し結論を導く
・いい議論にしようという意識が重要
・クラッシャー対策や受ける企業のグループディスカッションの種類を調べるなど、事前の準備も必要

 この記事を参考にしていただき、ぜひグループディスカッションを突破してください!

タイトルとURLをコピーしました