企業情報

マルホ株式会社
医薬品

マルホ株式会社

「皮膚科学」領域に特化した、国内医療用外用剤(塗り薬)シェアNo.1の製薬企業です。医師をはじめとする顧客からの高い信頼を得ているのはもちろん、皮膚科疾患治療における主な剤形である塗り薬では、マルホ独自の製剤・製造技術や優れたノウハウを有しており、見逃され・軽視されがちな皮膚で悩みを抱える患者さんへ、マルホでしかできない多角的な治療を実現するため日々チャレンジしています!
    • No.1技術・研究力と独自のネットワーク強化

      京都に集約された研究所で皮膚科学領域へ特化した独自の創薬・開発・製剤研究を行い、病気で悩む患者さんに向けて、マルホだからこそできる研究を進めています。No.1だからこそ、チャレンジ精神を持って“より良い”を求めていくことが皮膚科学の発展へつながると考えています。
      加えて、アカデミア・提携会社との連携はグローバルに展開し、皮膚科学領域のグローバルシーズの探索、最先端技術の共同開発はもちろん、自由な発想、アイディアを持って自ら積極的に外に出ていき、データ・エビデンスに基づき議論できる研究員を育成するため、積極的に人材を輩出(出向)し独自の技術・研究力・ネットワークの強化・洗練に努めています。
    • マルホ研究員が創り上げる職場環境

      高い専門性に基づいて決められた試験を確実に進めることはもちろん大切ですが、研究員同士が自由な発想・時には思い付きレベルのアイディアを自由に発信し、闊達に意見交換し、時には意見をぶつけあい、連携しながらさらにレベルの高い議論・成果へつなげる、そんな環境で研究が出来る風土を目指しています。年齢や専門性を超え、お互いに切磋琢磨できる環境でわたしたちと一緒に成長し、皮膚疾患で悩みを抱える患者さんに、マルホだからこそできる医薬品創出の研究に加わってみませんか?
    • デジタルサイエンス研究でも更なる貢献!

      皮膚科学領域の更なる発展、発見のため、創薬のみならず、製剤研究にも人工知能・分子シミュレーション技術を最大限に活用し、新規の薬物・処方を設計しています。最近ではスーパーコンピュータ『富岳』の産業課題として、最先端のデジタル製剤研究をマルホより国に提案し、2年連続で採択!利用すること自体が貴重な技術を取り込み、大規模な計算資源を活用しながら、新規デジタル製剤プラットフォームの開発を進めています。

エージェントに相談しますか?

TOP