企業情報

オンダ国際特許事務所
コンサルティングファーム・ベンチャーキャピタル 法律・特許・税務・会計事務所

オンダ国際特許事務所

★特許で世の中の技術発展に貢献しよう★
世の中の技術発展に貢献できる仕事は、開発職や研究職だけではありません!特許という形で新技術を模倣や盗用から守ることで、技術発展に貢献できる仕事もあります!特許になった数だけ達成感を味わえるやりがいのある仕事です。

特許事務所は強い特許を取得することで、メーカーをはじめとする企業の技術や発明を守る重要な役割を担っています。特許権は、侵害品の製造や販売を中止させたり、賠償請求を行ったりすることのできる非常に強い権利です。しかし、特許出願書類の内容によっては、特許権でカバーできる範囲が狭く、クライアントである企業が長年開発してきた発明が十分に保護されないこともあります。強い特許で新技術を守るために、知的財産のプロとして発明に付加価値を与え、特許出願書類の作成や出願を行うのが特許事務所の重要な役割の一つです。

人事や先輩所員とのカジュアルWEB面談、オフィス見学も随時受付しております。お気軽にご連絡ください。
    • 説明会 2022/11/15 公開

      【12/15(木)】オンライン先輩所員座談会~特許技術者への疑問、先輩特許技術者がすべてお答えします!

      年内のインターンシップが満席となったため、少人数制のオンライン先輩所員座談会をご用意しました!特許技術者として活躍している先輩所員に直接質問できますので、採用ホームページではわからない特許事務所や特許技術者の魅力、やりがいや苦労などを知ることができます。 オンライン開催で、時間も1時間程度ですので、遠方の方やお忙しい方もぜひご参加ください。インターンシップの参加を迷っている‥という方も大歓迎です! 皆様のご参加をお待ちしております。

      24本採用 2022/07/11 公開

      2024卒★インターンシップ&オンライン座談会受付中★【特許技術者】発明に付加価値を与え、強い特許を生み出す。あなたの理系知識と経験を活かせる職場です。

      ■特許権の強さはあなたの書く明細書次第 特許弁理士や特許技術者は、クライアントである企業からの依頼を受け、企業等が発明した技術についての特許出願書類を作成し、特許庁に提出する仕事をしています。特許出願書類には、発明の内容や取得したい権利の内容を記載するため、発明技術について理解することが必須になります。そのため、発明の内容について、クライアントにインタビューを行い、その内容を踏まえて特許出願書類を作成します。(特許技術者の場合は、弁理士の指導の下に行います。) しかし、クライアントに言われたことをそのまま書くだけでは、特許事務所に依頼する意味がありません。特許事務所の役割は、幅広い技術の知識や特許の知識を活かし、広く強い権利を取得するためのアドバイスを行うことです。発明に付加価値を与え、世に出る新技術が模倣、盗用されることが無いよう発明を守る非常に重要な仕事です。 どの担当者が特許出願書類を書くかによって、記載内容が変わりますので、特許を取得できるかどうか、どれくらい強い権利を取得できるかは、まさに担当者の腕次第です。 あなたの手で、最先端技術を守る仕事をしてみませんか。 ■審査結果を覆すための中間処理対応業務。 出願後、審査請求の後に特許庁の審査官が審査を行います。その結果、特許できない旨の理由が書かれた拒絶理由通知書が届くことがあります。その場合は、拒絶に反論する補正書や意見書等の中間書面を作成して、発明の権利化を目指します。例えば、「既に似たような技術が世の中にある」という拒絶理由であれば、今回の発明は今までの技術とどう違うのかを反論します。また、拒絶の理由を受けて、出願したときの書類の内容を変えることもあります。(特許技術者の場合は、弁理士の指導の下に行います。) ■弁理士資格を取得すれば、さらに活躍の場が広がります! 弁理士資格を取得すると、鑑定業務や特許訴訟対応業務、審査官面談の対応など、活躍の場がさらに広がります。 また、英語が得意な方は経験を積めば、海外の弁理士が集まるイベントに参加したり、外国の代理人とミーティングを行ったりするなど、国際的に活躍することができます。 ★修士・博士等の学位を有する方は、弁理士試験の論文式筆記試験の選択科目免除制度があります。 (必要書類を提出の上、書類審査があります。詳細は特許庁のホームページをご覧ください。) https://www.jpo.go.jp/news/benrishi/ronbun-menjo-gakui.html ★弁理士資格取得を応援する各種制度があります! ■弁理士試験特別休暇制度 弁理士試験を受験し、合格した方は特別休暇を取得できます。合格しなかった場合は、通常の有給休暇となります。 ■弁理士試験合格お祝い金制度 在籍中に弁理士試験に合格し、登録した場合は合計20万円のお祝い金をお渡しします。 ■有志の弁理士試験対策ゼミ 弁理士試験を目指す所員で、有志の勉強会を実施しています。弁理士からのアドバイスや解説を受けることもできます。

      23本採用 2021/07/01 公開

      23卒★業績好調により追加募集♪★【特許技術者】発明に付加価値を与え、強い特許を生み出す。あなたの理系知識と経験を活かせる職場です。

      ■強い特許が取れるかどうかは、あなたの書く明細書次第 弁理士の指導の下、企業の特許スタッフとの打ち合わせやアドバイスを行い、世に出る新技術が模倣、盗用されることが無いように保護するための明細書の作成など特許出願手続きを行う仕事です。特許という技術の最先端を扱う分野であなたの知識力を発揮してください。 出願代理と言っても、特許事務所はクライアントに言われたことをそのまま書くわけではありません。幅広い技術についての知見や法律の知識を活かし、発明に付加価値を与え、広く強い特許を取得することで発明を守る仕事です。強い特許を取ることで、日本や世界の技術発展に貢献しませんか。 新たな技術の保護される範囲や利用される範囲を文書として定めるための特許実務の全般に関わっていただきます。 具体的には、弁理士の指導の下、下記の業務を行っていただきます。 ■新たな技術の内容を深く理解し、新たな技術を含む発明を特許出願書面として文章化し、特許庁への出願手続きの代理をします。(出願業務) ■出願後、審査請求の後に特許庁の審査官が審査を行います。その結果、特許できない旨の理由が書かれた拒絶理由通知書が届くことがあります。その拒絶に反論する補正書や意見書等の中間書面を作成して、発明の権利化を目指します。(中間処理業務)

      インターン 2022/11/15 公開

      【2/14(火)オンライン開催】強い特許を作る出願書類を作成しよう!■1dayインターンシップ

      ★2/14(火)オンラインインターンシップ開催決定&申込受付中!★ ~ベテラン弁理士が特許のイロハをレクチャーします!~ 「特許事務所」の仕事をご存知ですか? 知的財産権の専門家である弁理士を中心に、特許権をはじめとする知的財産取得・管理・活用のための手続きを代理で行うのが主な業務です。 こう聞くと「理工系の自分が特許?できるのかな?」と思う方も多いのではないでしょうか? 実は、特許を申請する会社はほとんどがメーカー企業です。 最先端の技術を特許申請するので、それぞれの専門知識が必要となるんです! そのため、大学や大学院で機械・電気、その他理系知識を身につけている理系出身の先輩が大活躍しています!また、特許技術者は技術を理解するための「課題発見能力」や「論理的思考能力」、特許庁への提出書類の作成に必要な「文章力」、審査官やクライアントに説明するための「プレゼン能力」と、大学院で培った能力を大いに発揮できる仕事です。 今回、特許事務所の仕事の一部を実際に体験していただく少人数制のオンライン インターンシップ・プログラムをご用意しました。 あまり馴染みのない特許事務所の仕事を、講義、実習、グループワークを通じて体験していただくことができます。知的財産や特許に対する知識が少ないという方でも全く問題ございません。オンライン開催ですので、遠方の方もご参加いただけます。 皆様のご参加をお待ちしております!! ■実施方法■ オンライン ※ZOOMを使用します。PCからのアクセスをお願いします。 ■定員■ 各回10名 ■内容■ ワークショップを通して、特許事務所の実務が体験できます。 ・特許制度を勉強しよう!   特許事務所は何をやっているの?   特許を取得するために必要な書類や要件は何? など ・特許出願書類を作ってみよう!   特許権の範囲を決める重要な書類が、特許請求の範囲です。   身近な題材を使って、強い特許を取得するための特許請求の範囲を書いてみよう! ・中間処理を勉強しよう!   特許庁から特許できない旨の拒絶理由通知が届くと、   権利化に向けて、特許庁に意見書や補正書を提出します。   このような手続きを中間処理と言います。   中間処理について勉強しよう。 ・先輩所員とのフリートーキング   特許技術者の仕事のやりがいは?大変なところは何?   オンダ国際特許事務所や特許技術者について知りたいことを   実際に働いている先輩所員に聞いてみよう! ※内容は一部変更になる場合があります。

      インターン 2022/11/15 公開

      【2/21(火)対面開催@東京】強い特許を作る出願書類を作成しよう!■1dayインターンシップ

      ★2/21(火)対面インターンシップ開催決定&申込受付中!★ ~ベテラン弁理士が特許のイロハをレクチャーします!~ ※2024卒向け唯一の対面開催です♪♪ 「特許事務所」の仕事をご存知ですか? 知的財産権の専門家である弁理士を中心に、特許権をはじめとする知的財産取得・管理・活用のための手続きを代理で行うのが主な業務です。 こう聞くと「理工系の自分が特許?できるのかな?」と思う方も多いのではないでしょうか? 実は、特許を申請する会社はほとんどがメーカー企業です。 最先端の技術を特許申請するので、それぞれの専門知識が必要となるんです! そのため、大学や大学院で機械・電気、その他理系知識を身につけている理系出身の先輩が大活躍しています!また、特許技術者は技術を理解するための「課題発見能力」や「論理的思考能力」、特許庁への提出書類の作成に必要な「文章力」、審査官やクライアントに説明するための「プレゼン能力」と、大学院で培った能力を大いに発揮できる仕事です。 今回、特許事務所の仕事の一部を実際に体験していただく少人数制のインターンシップ・プログラムをご用意しました。 あまり馴染みのない特許事務所の仕事を、講義、実習、グループワークを通じて体験していただくことができます。知的財産や特許に対する知識が少ないという方でも全く問題ございません。 2024卒向け唯一の対面開催です。皆様のご参加をお待ちしております!! ■実施方法■ 対面開催 ■場所■ 新宿三井ビル29階 小2会議室 東京都新宿区西新宿2-1-1 https://www.shinjukumitsui55info.jp/access/ ■定員■ 12名 ■内容■ ワークショップを通して、特許事務所の実務が体験できます。 ・特許制度を勉強しよう!   特許事務所は何をやっているの?   特許を取得するために必要な書類や要件は何? など ・特許出願書類を作ってみよう!   特許権の範囲を決める重要な書類が、特許請求の範囲です。   身近な題材を使って、強い特許を取得するための特許請求の範囲を書いてみよう! ・中間処理を勉強しよう!   特許庁から特許できない旨の拒絶理由通知が届くと、   権利化に向けて、特許庁に意見書や補正書を提出します。   このような手続きを中間処理と言います。   中間処理について勉強しよう。 ・先輩所員とのフリートーキング   特許技術者の仕事のやりがいは?大変なところは何?   オンダ国際特許事務所や特許技術者について知りたいことを   実際に働いている先輩所員に聞いてみよう! ※参加者の方、講師、人事担当者で一緒に昼食を取る予定です。 ※内容は一部変更になる場合があります。

      インターン 2022/11/07 公開

      【1/27(金)オンライン開催】強い特許を作る出願書類を作成しよう!■1dayインターンシップ

      ★1/27(金)オンラインインターンシップ開催決定&申込受付中!★ ~ベテラン弁理士が特許のイロハをレクチャーします!~ 「特許事務所」の仕事をご存知ですか? 知的財産権の専門家である弁理士を中心に、特許権をはじめとする知的財産取得・管理・活用のための手続きを代理で行うのが主な業務です。 こう聞くと「理工系の自分が特許?できるのかな?」と思う方も多いのではないでしょうか? 実は、特許を申請する会社はほとんどがメーカー企業です。 最先端の技術を特許申請するので、それぞれの専門知識が必要となるんです! そのため、大学や大学院で機械・電気、その他理系知識を身につけている理系出身の先輩が大活躍しています!また、特許技術者は技術を理解するための「課題発見能力」や「論理的思考能力」、特許庁への提出書類の作成に必要な「文章力」、審査官やクライアントに説明するための「プレゼン能力」と、大学院で培った能力を大いに発揮できる仕事です。 今回、特許事務所の仕事の一部を実際に体験していただく少人数制のオンライン インターンシップ・プログラムをご用意しました。 あまり馴染みのない特許事務所の仕事を、講義、実習、グループワークを通じて体験していただくことができます。知的財産や特許に対する知識が少ないという方でも全く問題ございません。オンライン開催ですので、遠方の方もご参加いただけます。 皆様のご参加をお待ちしております!! ■実施方法■ オンライン ※ZOOMを使用します。PCからのアクセスをお願いします。 ■定員■ 各回10名 ■内容■ ワークショップを通して、特許事務所の実務が体験できます。 ・特許制度を勉強しよう!   特許事務所は何をやっているの?   特許を取得するために必要な書類や要件は何? など ・特許出願書類を作ってみよう!   特許権の範囲を決める重要な書類が、特許請求の範囲です。   身近な題材を使って、強い特許を取得するための特許請求の範囲を書いてみよう! ・中間処理を勉強しよう!   特許庁から特許できない旨の拒絶理由通知が届くと、   権利化に向けて、特許庁に意見書や補正書を提出します。   このような手続きを中間処理と言います。   中間処理について勉強しよう。 ・先輩所員とのフリートーキング   特許技術者の仕事のやりがいは?大変なところは何?   オンダ国際特許事務所や特許技術者について知りたいことを   実際に働いている先輩所員に聞いてみよう! ※内容は一部変更になる場合があります。

      即就業 2022/04/20 公開

      ★第二新卒歓迎★【特許技術者】発明に付加価値を与え、強い特許を生み出す。理系知識と経験を活かせる場は特許業界にもあります!

      弁理士の指導の下、企業の特許スタッフとの打ち合わせやアドバイスを行い、世に出る新技術が模倣、盗用されることが無いように保護するための特許出願手続きを行う仕事です。特許という技術の最先端を扱う分野であなたの知識力を発揮してください。 出願代理と言っても、特許事務所はクライアントに言われたことをそのまま書くわけではありません。幅広い技術についての知見や法律の知識を活かし、発明に付加価値を与え、広く強い特許を取得することで発明を守る仕事です。強い特許を取ることで、日本や世界の技術発展に貢献しませんか。 新たな技術の保護される範囲や利用される範囲を文書として定めるための特許実務の全般に関わっていただきます。 具体的には、弁理士の指導の下、下記の業務を行っていただきます。 ■新たな技術の内容を深く理解し、新たな技術を含む発明を特許出願書面として文章化し、特許庁への出願手続きの代理をします。(出願業務) ■出願後、審査請求の後に特許庁の審査官が審査を行います。その結果、特許できない旨の理由が書かれた拒絶理由通知書が届くことがあります。その拒絶に反論する補正書や意見書等の中間書面を作成して、発明の権利化を目指します。(中間処理業務)

エージェントに相談しますか?

TOP