1. TOP
  2.  >  アカリクコラム
  3.  >  魔法の言葉 ボレ

魔法の言葉 ボレ

2013/07/16 掲載

はじめに

魔法の言葉 ボレ画像

今回も前回に引きつづき、「マレーシア」についての話題となります。

マレーシアには「ボレ」という言葉があります。「できる」という意味なのですが、マレーシアの人はこの言葉を好んで使います。
ASEANの優等生として順調に発展を続けるマレーシアの希望を象徴する言葉が「ボレ!」なのです。

ボレ、ボーレー!

しかしながら、マレーシアは日本と比べるとまだまだ経済的に恵まれているとはいえません。

研究を通して、現地の方と接していましたが、みんな様々な問題を抱えていたように思います。
借金があったり、長期間出稼ぎに行かなければならなかったり、就職先がプランテーションでの重労働かつ賃金が安かったり。プランテーションでは雇い主とのトラブルもしばしばあったとか。
研究助手の賃金もとても安かったのですが、「学術に貢献できる仕事に誇りをもっているから喜んで研究助手を勤めているのだ」と人づてに聞いたことがあります。

皆いろいろ苦労したり、不安も抱えていたでしょうが、彼らはそんなことお首にも出さず、毎日「ボレ!」と楽しそうでした。不思議なくらい毎日毎日楽しそうでした。

私も何度も励まされました。

例えば、大雨で調査地へ入る林道が崩れても「ボレ!」、調査測器が壊れても、猿に盗まれても「ボレ!」・・・。
おそらく「なんとかなる!」という意味合いだと思いますが、「ボレ?」と尋ねると2倍の声量で「ボーレー!」と返されます。それだけで元気が出てくるので不思議なものです。

彼らからしたら私の苦労など、苦労のうちに入らないかもしれませんね。

おわりに

就職活動を準備中の方、現在継続中の方、いろんな立場の方がいらっしゃるかと思います。
悩んだり立ち止まってしまった時に、世界のどこかで「ボレ!」と笑顔で困難・不安を乗り越える愉快な人々がいることを想像してみてください。

果たして皆さんの悩みは本当に深刻なものでしょうか。
今を全く楽しむことができないくらいのものでしょうか。
マレーシアの人々が私に教えてくれたことは、不安で先が見えなくても今を楽しむことが大切だということです。
暗い顔をしていて問題が解決することはありませんが、楽しい顔しているとエネルギーが満ちてきます。
悩んだときは元気が出てくる魔法の言葉「ボレ!」で楽しく乗り越えていきましょう。

皆さんの就職活動、ボレ!!


← アカリクコラム一覧に戻る

プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。