1. TOP
  2.  >  大学院出身社員インタビュー【株式会社アールワークス】

株式会社アールワークス ネット卜ワークインテグレーション部所属 自然科学研究科 博士課程 出身

2015/1/13 掲載


博士課程で培った思考力、理解力、プレゼン能力。
それを見抜いて評価してくれる企業が必ずあります。

大学院時代の研究内容を教えてください

業務風景 宇宙物理学を専攻していました。恒星の一生をコンピュータでシミュレーションするという内容です。
通常、物理学では確立された理論によって仮説を立て、その仮説から導かれる結論と実験によって得られた結果が一致するかどうか検証する、というように理論と実験の両軸で研究を進めます。ただし、宇宙スケールの実験となると人間には到底再現できないようなものばかりですから、代わりにコンピュータ上で再現するということになります。
私の場合、素粒子論や一般相対性理論などの論文を読んで数式と格闘する部分と、その数式を解かせるコードを書いてコンピュータに計算させるプログラミングの部分、半々くらいの研究生活でした。と言ってもやはりメインは仮説を考えたり結果を考察したりする理論的なところであり、プログラミングはあくまで答えに到達するための手段でしかありませんので、何か特別なITスキルなどを持っていたわけではありませんでした。

就職活動はどのようにされたかお教えください

私の研究分野は実学ではなかったので、初めから研究内容と直結する仕事をしようとは考えていませんでした。
ただ、研究手段としてプログラミングはやっていたのでそのスキルを活かしたいと思い、IT企業に絞って就職活動を行いました。新しい知識を得ること自体が好きだったので毎日違う業務が出来るような刺激のある仕事をしたいと思っていました。IT業界は新しい技術が生まれれば今まで使っていた技術が役に立たなくなるような業界です。大変ですが、そのぶんやりがいもあると思い、業界の変化に対応できるような技術志向の企業を中心に探しました。
就職活動は博士課程3年の春くらいから始めました。博士課程となると周りに就職活動している人も少なく情報もほとんどなかったため、かなり遅めのスタートでした。教授に相談したところアカリクを紹介していただき、以後、就職活動はアカリクのエージェントの方にほぼ全てをサポートしていただきました。
エージェントの方からは、大学院時代の研究を活かせるような理工学系の数値解析ソフトウェア開発会社から、インターネット広告会社やシステム・インテグレーション会社のようなエンジニアっぽくない会社まで、IT業界という括りのなかでも幅広く紹介していただきました。
最終的にはITインフラ系の弊社を選びました。プログラミングだけではなく、サーバやネットワーク機器といったハードウェア的な部分からOSやミドルウェアなどソフトウェア的な部分まで幅広い技術に関わる仕事ができることに魅力を感じたからです。また、大学院出身の先輩も多く技術志向な社風だったことが決め手になりました。

現在はどのような業務を行っていますか?

業務風景 ITインフラというと聞きなれない言葉かもしれません。水道・ガス・電気などの業界をインフラ業界といいますが、簡単に言うとそれのインターネット版です。
弊社はアウトソージングの会社なので、お客様にITインフラ、つまり情報システムの環境を提供することになります。
例えばWebサービスを始めたいといったお客様がいれば、回線とサーバを用意し、ネットワーク構成を設計し、サーバにOSやソフトウェアをインストールして、要望通りのWebサービスを提供できるように環境を構築します。どのようなサーバを提供するかはお客様により様々ですが、Webサーバ、メールサーバ、データベースサーバ、ファイルサーバなどが主なサーバで、これらをお客様のご要望に合わせて組み合わせたり、設定したりしていきます。
ITインフラで重要なことは、構築したら終わりではなくその後も安定して稼働し続けなければならないということです。弊社では24時間365日体制で、サービスに障害が起きていないかを監視しています。業務内容は構築業務と運用監視業務の二本柱です。その他にも定期的なOSアップデート作業やファイアウォール設定などのセキュリティ対策、データのバックアップなどの保守作業、監視ツールの作成や調整など業務内容は多岐に渡ります。
私はまだ新人ですが一通りの仕事はやらせてもらっています。プロジェクトリーダーになるとお客様の要望をヒアリングし、よりよい方法を提案するなどのコンサル的な業務も行うようになります。

業務のやりがいや、大変なことをお教えください

大変なことはやはり、お客様のサービスを預かっているという点です。
設定作業でミスをすればお客様のサービス、つまり、お客様のお客様にまで影響が出てしまいます。
また、監視業務で障害を検知した場合は1分でも早く対応し、復旧させなければならないという責任があります。誰もが知っている有名サイトのサーバにログインし、サービスの設定変更をする際は手が震えました。
責任重大な仕事ですが、そのぶんやりがいがあります。 お客様の業界は多岐に渡るため、プロジェクトが違えば業務内容も求められる知識も違う、ということがよくあります。
毎日が勉強状態で大変ではありますが、就職活動をしていたときの「幅広い仕事がしたい」「刺激のある仕事がしたい」という希望は満たされており、楽しく仕事が出来ています。

大学院生へのメッセージをお願いします

日常業務の風景 よく言われている「理学専攻の大学院生、特に博士課程の院生は就職が難しい」なんてことはないと思います。なぜ研究者への道ではなく一般企業への就職を選んだのか、さえ明確に説明できれば、逆に博士であることは武器になると感じました。研究生活を通して培った思考力、理解力、プレゼン能力などどれも博士だからこそ身につけている能力です。専門的なスキルに比べると表面的には分かりにくいものですが、それを見抜いて評価してくれる企業が必ずあります。
入社してからわかったことは、大学や大学院で得た専門的スキルはあくまで基礎にすぎないということです。会社に入ればそのような技術は数ヶ月の研修で網羅しますし、その研修で得た技術もあくまで基本能力に過ぎず、毎日の業務で常に学ぶことがあります。大事なのはどんな専門的スキルをもっているかではなく、これからどうやって専門的スキルを身につけていくか、の方だと思います。新卒の方に求めているのは将来性なのではないのでしょうか。
また、就職活動を通して色々な場所に行き、色々な人に会うことが出来ました。私は就職活動そのものが楽しかったです。結果として採用にはならなかった企業でも、面接をしてくださった方と話せたことは自分にとってプラスになりました。様々なプレッシャーもあり大変だとは思いますが、楽しんでやることが大事だと思います。

← 一覧に戻る

プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。