企業ロゴ画像

株式会社とめ研究所

「面白い事をやって社会や生活を変える」「人と機械の共生でもっと生活を楽しく」

「面白い事をやって社会や生活を変える」知的で面白い研究開発


知的で面白い研究開発

エンジニアの思いは只一つ。自分の考えた事が製品として実現され、社会から評価を頂く事です。勿論、それによって自らの生活も変わります。それがエンジニアには極上の喜びで、面白い!と感じます。又、自分で面白いと感じるプロジェクトはモチベーションがあがり、何としてでも!と頑張れます。

当社は「面白い事をやって社会や生活を変える」という経営理念に基づき、大学・公的研究機関・企業研究所・ベンチャー等と協創し、“人の気持ちが分かる機械”に使われる基盤技術の研究開発を通じて、“人と機械の共生社会”の構築に貢献しています。
「社会に貢献している」「一流を目指している」「経験・専門知識を身に付けることができる」「世の中に影響ある仕事ができる」当社で、あなたの技術でもって、お客様の難解な技術課題を解決し、社会貢献をしませんか!

難解な技術課題を解決する、先端の研究開発


難解な技術課題の解決に挑戦しませんか

貴方には、お客様の技術課題の解決、即ちお客様の困り事の解決を担って頂きます。
当社は得意の知能情報処理技術を活かし、東京大学等の大学、産業技術総合研究所、国立情報学研究所等の公的研究機関や、通信、電機、自動車関連の企業研究所等、一流のお客様と協創し、10年を超える実績を有しています。
当社は"高度な技術者集団"と認知されていますので、高度な研究開発案件が集まっており、あなたがそれを解決すれば、更に高度なプロジェクトに継続的にチャレンジできるようになります。
専門職、指導職等、将来のキャリアプランも整備。最先端プロジェクトで経験を重ねつつ、研究開発者としてステップアップできます。

知的好奇心旺盛な仲間と、切磋琢磨しませんか


技術者同士の切磋琢磨が盛んです

博士課程で培った素養、緻密な課題追及力、用意周到な論理思考を、先端の研究開発で発揮しませんか。当社の経営理念に共感し、経営ビジョンを共有できる方であれば、どなたでも活躍するチャンスがあります。「難解な技術的課題にチャレンジし、よりハイレベルを目指したい」、「仲間と切磋琢磨し、成長したい」、「解らない事を苦労して解くのが好き」な方を、特に歓迎します。
博士課程での専攻分野は問いません。当社の技術者は、7割が博士課程出身、4割が博士号取得者。情報系、物理系をはじめ数学、機械、生物等、様々な専攻出身者が、博士課程で培った力を、日々先端の研究開発で発揮しています。
日頃からスキルアップの為、技術研修はもとより勉強会や技術祭りなどを開催。知的好奇心旺盛な仲間と、一流を目指し切磋琢磨しませんか。

物理や数学など多様な専門分野の博士課程出身者が集まっています


エンジニア社員の出身専攻

【とめ研究所で活躍している博士課程出身者例】
数学、物理学などの出身者が先端ソフトウェアの研究開発で活躍しています。研究で培った数学的な素養などを画像処理やデータマイニングなどの先端ソフトウェアの研究開発で存分に発揮しませんか。
画像処理などの情報系の出身者ももちろん多く活躍しています。

●博士課程では、計算理論をテーマに研究を行い、博士号を取得。とめ研究所に入社後は、数理的な知識を活かして画像処理の研究開発で力を発揮しています。
●博士課程では、データマイニングに関する研究を行い、博士号を取得。とめ研究所に入社後は、自然言語処理などのプロジェクトで、博士課程での経験を活かして活躍中です。
●博士課程で動画像処理の研究を行っていたが、博士課程を中退して、とめ研究所に入社。 大学時代の研究経験を活かして、3次元画像処理アルゴリズムの研究開発で活躍中です。
●博士課程で物理学(素粒子)を専攻し、博士(理学)を取得。その後、大学での研究員などを経て、とめ研究所に就職。 物理学の研究で得た数学の知識などを活かして、数値解析などのプロジェクトで活躍中です。
●博士課程では数学を専攻し、中退後は業務システムの開発に従事。その後とめ研究所で、博士課程での研究経験を活かして、画像処理にかかわる研究開発で活躍しています。


プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。