企業情報

昭和電工株式会社
化学 研究開発 メーカー

昭和電工株式会社

「世界トップクラスの機能性化学メーカー」へ

 昭和電工は創業当初より、アンモニア・硫安・アルミニウムなどをはじめ、多数の製品を国内外で初めて開発・事業化し、化学産業の新しい地平を切り拓いてきました。無機化学・アルミニウムから有機化学まで手がけるユニークな化学系素材メーカーとして、幅広い技術を持つ当社だからこそできる、個性的な製品の開発に取り組んでいます。

 例えば、ビックデータ時代を支えるために必要なハードディスクメディアは、金属・無機・有機の複合材料ですが、昭和電工は外販世界トップシェアを誇ります。エチレンなどの原料製造から誘導品開発までを持つ大分コンビナートは、材料多様化の技術を長年かけて磨き、アジア圏における競争力の礎となっています。ナノカーボンの一種であるカーボンナノチューブ(CNT)を、世界で初めて工業生産したのも昭和電工です。また、アルミやアルミ合金の高精度加工や精製技術に基づいた事業を持つ点も他の化学メーカーにはないユニークな点の一つです。
 このような多彩な事業に基づく多様な技術の融合を積極的に進めて、個性的な製品や事業の創出に取り組んでいます。

 2020年、昭和電工マテリアルズ(旧:日立化成)が昭和電工グループに加わりました。両社の融合・協創によって高度な顧客ニーズに応えるイノベーション戦略を推進し、サプライチェーンを飛び越えソリューションを提供する「ワンストップ型の先端材料パートナー」へと進化していきます。

※2023年 昭和電工マテリアルズとの法人統合を予定しております。
    • 情報化社会の発達

      ナノサイズの加工を実現する半導体用研磨剤
      近年、パソコンやスマートフォンなどのモバイル端末の急増、IoT、インターネットサービスの急速な進化、ソーシャルネットワークの普及、5G、クラウドサービスによる高速・大容量のデータのやりとりなど、情報化社会は急速な発展を遂げています。電子産業分野においては電子材料のさらなる高機能化(通信高速化・大容量化・モジュールの小型化)が進む中、それを支える素材の品質、信頼性の向上が求められています。昭和電工グループは、高度な技術力で情報化社会の基盤を支える製品を多く開発し、世の中に貢献しています。
    • 地球環境の急速な変化

      使用済みプラスチックのケミカルリサイクル
      社会の発達・拡大に伴い、気候変動、生物多様性の低下、環境汚染など地球環境を取り巻く問題が深刻化しています。例えば、新興国などにおいての大気汚染、プラスチック廃棄物による環境汚染や生態系の破壊なども大きな問題になっています。昭和電工グループでは使用済プラスチックから水素を取り出すプラスチックケミカルリサイクルプラントを世界で唯一稼働させています。取り出した水素はアンモニア原料や、燃料電池の燃料などとして使用されます。
    • エネルギーの変化や、 省エネ需要の高まり

      パワー半導体用SiCエピタキシャルウェハ
      私たちの暮らしとは切っても切れない関係にあるエネルギー。世界的なエネルギー需要の高まりにより、石油をはじめとする資源の枯渇が懸念されています。例えば、自動車やエアコンなどの家電製品・電気器具には省エネが常に求められますし、ガソリンに代わる次世代自動車向けのエネルギーも必要になります。自動車の軽量化による低燃費化のニーズも非常に大きくなってきています。昭和電工グループでは、さまざまな省エネ・省資源に貢献する製品の開発に取り組んでいます。
  • 企業・研究機関 昭和電工株式会社
    URL http://www.sdk.co.jp/
    資本金 1,405億6,400万円
    所在地 〒105-8518
    東京都港区芝大門一丁目13番9号
    設立年月日 1939年6月1日
    事業内容 各種化学品・素材、製品・サービスなどの研究・開発・製造・販売を行っています。

    <事業セグメント>
    ○石油化学…オレフィン、有機化学品、合成樹脂 など
    ○化学品…基礎化学品、産業ガス、電子材料用高純度ガス、機能薬品、機能性化学品 など
    ○エレクトロニクス…ハードディスク、化合物半導体、レアアース磁石合金、リチウムイオン電池材料 など
    ○無機…黒鉛電極、セラミックス、ファインセラミックス など
    ○アルミニウム…レーザービームプリンター用シリンダー、押出品、鍛造品、熱交換器 など
    ○機能材料…電子材料、配線板材料、電子部品 など
    ○先端部品・システム…モビリティ部材、蓄電デバイス・システム、ライフサイエンス関連製品 など

    ※2023年 昭和電工マテリアルズ(旧:日立化成)との法人統合を予定しております。
    代表者名 代表取締役社長 森川 宏平
    従業員数 連結 33,684 名
    平均年齢 40.0歳
    採用実績校 秋田大学、茨城大学、岩手大学、宇都宮大学、大分大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、鹿児島大学、金沢大学、関西大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、熊本大学、群馬大学、慶應義塾大学、神戸大学、埼玉大学、信州大学、上智大学、千葉大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、東京都立大学(首都大学東京)、東京農工大学、東京理科大学、東京海洋大学、東北大学、徳島大学、富山大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、新潟大学、一橋大学、弘前大学、広島大学、北海道大学、宮崎大学、室蘭工業大学、山形大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学 ほか
    主要取引先

エージェントに相談しますか?

TOP