理系学生の登録数・利用率No.1!大学院生&理系学生に特化した就活サイト「アカリク」

※日本マーケティングリサーチ機構調べ
※調査概要:2021年9月期_ブランドのWEB印象調査

採用担当者様はこちら ログイン 会員登録


企業情報

株式会社高電社

株式会社高電社

ソフトウェア・情報処理 コンピューター・インターネット関連
私たち株式会社高電社は、言葉の壁を越え、安心と繁栄を提供し、社会貢献をすることをビジョンとして掲げ、日々の業務に取り組んでいます。
1979年の創業以来、一貫して文字入力や機械翻訳など言語に関連するソフトウェアとサービスの開発に精通しており、80年代にはMS-DOSで動作する韓国語翻訳ソフト、90年代にはWindows対応の中国語翻訳ソフトをリリースし、いまではニューラルネットワーク翻訳(NMT)を取り入れたサービスを提供しています。「大阪にそんな会社があったのか?」と思われる方も多いかと思いますが、大阪市内に開発拠点を持ちながら少数精鋭で開発した技術は、全国の数百を超える自治体や大手通信会社だけでなく中央省庁にも採用されています。NMTの開発のために数百万~1千万ペアという膨大な量のテキストを扱うこともあり、その処理に必要なGPUマシンを社内で複数台保有しています。

業務の性質上、海外との結びつきが深い点も当社の特徴です。中国のトップランクの大学の先生を招聘して中国語翻訳ソフトウェアを開発したり、日本の国立大学の大学院で学んだ外国人留学生を採用したり、韓国から半年以上にわたり高校生をインターン生として受け入れたりするなど、ソフト面での指導体制も整っています。

多言語を扱うIT企業らしく、社内には外国籍の社員が多く活躍しているほか、外国語の習得に余念のない日本人社員も多く在籍していますので、外国語が好きな方には最適な職場環境と言えるでしょう。中国語入力・辞書ソフトウェアのChineseWriterシリーズは、今なお官公庁や全国の数多くの大学で導入されているロングセラー商品ですので、在学中に操作された経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

大手企業や官公庁を顧客としながらも、「自分の担当する仕事がどんなふうにサービスとしてお客様の役立っているかを肌で感じたい。」と考えられている方は、ぜひ当社の門をたたいてください。
会社の成長と社員の豊かさを共に実現するため、意欲ある方のご応募をお待ちしております。
    • 機械と人間のシナジー 「次世代翻訳機能の実現」 を目指して

      1990年代に翻訳ソフトウェアは一部のユーザーが利用するニッチな商品でした。時代は流れ、いまは世界最大手のIT企業も参入するほど、世の中の関心と耳目を集める分野に成長し、それと同時にエンジンを開発することなく翻訳業界に参入する企業も増えました。

      当社では機械翻訳エンジンの開発元である利点を最大限に活用し、人の手による翻訳との相乗効果を発揮しています。自社の機械翻訳と汎用の翻訳支援ツールを組み合わせ、翻訳結果を人の手で修正するポストエディットによる精度の維持、納期の短縮、低コスト化に成功しました。この手法で大手出版社、スポーツ協会、ファッション業界の顧客から大型案件を受注し、成果物には大変満足頂くことができました。

      翻訳ソフトウェアは手書き入力、音声認識、音声合成との連携も可能になりました。当社は業務の性質上、これまでに著名な海外企業や研究機関とも提携していることから、自社で保有していない技術については国境を越えて調達してきました。今後も諸外国の秀逸な技術を発掘し、自社技術と組み合わせることでさらに発揮することを目指しています。

      圧倒的なスピードでテクノロジーが進化する現代において、当社がどのような製品・サービスを世に送り出していき、人々に喜んでもらうことができるのか。そして、どのような人材を世に輩出していくことができるのか。それは企業として利潤を確保することと同様に重要な責務であり、企業としての存在意義であると考えています。

エージェントに相談しますか?

TOP