理系学生の登録数・利用率No.1!大学院生&理系学生に特化した就活サイト「アカリク」

※日本マーケティングリサーチ機構調べ
※調査概要:2021年9月期_ブランドのWEB印象調査

採用担当者様はこちら ログイン 会員登録

企業情報

RYUKA国際特許事務所

RYUKA国際特許事務所

コンサルティングファーム・ベンチャーキャピタル 法律・特許・税務・会計事務所
こんなことができたら素晴らしい。発明はそんな想いから生まれます。その想いを大切に守り事業化に繋げる。これが私達の仕事です。大切な仕事だから甘くありません。常に学び続ける姿勢が必要です。そんな覚悟で未来を開く仲間を求めています。
ご自身の成長にもつながる仕事ができます。博士やポスドクの方、大歓迎です。
エントリーはいつでも歓迎しております。選考日程などに関しては調整可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

選考の流れ
①書類選考→営業3日以内にご連絡いたします。
②在宅試験案内より2週間以内に実施→試験完了より営業日4日以内にご連絡いたします。
③研究概要(A4用紙1枚)と定型質問へのご回答→提出確認後営業日4日以内にご連絡いたします。
④面接→面接後営業日4日以内にご連絡いたします。追加面接する場合もございます。
※面接はオンラインと対面で選べます。
※事務所見学は試験結果後から内定承諾の間でいつでも調整可能です。(国内交通費支給)
    • 26卒 2024/05/09 公開

      ★未来を先取りする発明の創出を支援する弊所。この役割を一緒に担う仲間を募集しています★

      特許明細書の作成から権利化までの業務補助 ■詳細 ・特許明細書の作成 経験を積んだ弁理士と共に、まず発明者/知財担当者とディスカッションし、発明を発掘/展開して権利化の戦略を立案します。その後明細書の作成を補助します。 案件によっては、徹底して従来技術も調査します。 ・権利化までの業務 経験を積んだ弁理士と共に、特許庁から受け取る拒絶理由への反論案を、クライアントの権利形成に対する要望を踏まえて2~3提案してそれぞれの利害得失を説明します。そして、クライアントの選択に則して反論書類(書見書/補正書)の作成を補助します。 ■魅力 半導体、電気、電子、ソフトウェア、通信、画像処理、機械、光学、電子材料、化学、又はバイオでの特許明細書の作成から権利化までの業務を経験を積んだ弁理士と共にご担当いただきます。どのような権利を取得するかを、クライアントの戦略に合わせて積極的に提案できるので、身につけた技術と法律の知識を駆使することができます。 受身ではない、特許 コンサルティング業としての醍醐味があります 。

      25卒 2023/07/03 公開

      ☆未来を先取りする発明の創出を支援する弊所。この役割を一緒に担う仲間を募集しています☆彡

      特許明細書の作成から権利化までの業務補助 ■詳細 ・特許明細書の作成 経験を積んだ弁理士と共に、まず発明者/知財担当者とディスカッションし、発明を発掘/展開して権利化の戦略を立案します。その後明細書の作成を補助します。 案件によっては、徹底して従来技術も調査します。 ・権利化までの業務 経験を積んだ弁理士と共に、特許庁から受け取る拒絶理由への反論案を、クライアントの権利形成に対する要望を踏まえて2~3提案してそれぞれの利害得失を説明します。そして、クライアントの選択に則して反論書類(書見書/補正書)の作成を補助します。 ■魅力 半導体、電気、電子、ソフトウェア、通信、画像処理、機械、光学、電子材料、化学、又はバイオでの特許明細書の作成から権利化までの業務を経験を積んだ弁理士と共に、ご担当いただきます。どのような権利を取得するかを、クライアントの戦略に合わせて積極的に提案できるので、身につけた技術と法律の知識を駆使することができます。 受身ではない、特許 コンサルティング業としての醍醐味があります 。

      中途・ポスドク 2023/05/18 公開

      ★★未来を先取りする発明の創出を支援する弊所。この役割を一緒に担う仲間を募集しています★★

      特許明細書の作成から権利化までの業務補助 ■詳細 ・特許明細書の作成 経験を積んだ弁理士と共に、まず発明者/知財担当者とディスカッションし、発明を発掘/展開して権利化の戦略を立案します。その後明細書の作成を補助します。 案件によっては、徹底して従来技術も調査します。 ・権利化までの業務 経験を積んだ弁理士と共に、特許庁から受け取る拒絶理由への反論案を、クライアントの権利形成に対する要望を踏まえて2~3提案してそれぞれの利害得失を説明します。そして、クライアントの選択に則して反論書類(書見書/補正書)の作成を補助します。 ■魅力 半導体、電気、電子、ソフトウェア、通信、画像処理、機械、光学、電子材料、化学、又はバイオでの特許明細書の作成から権利化までの業務を経験を積んだ弁理士と共に、ご担当いただきます。どのような権利を取得するかを、クライアントの戦略に合わせて積極的に提案できるので、身につけた技術と法律の知識を駆使することができます。 受身ではない、特許 コンサルティング業としての醍醐味があります 。

エージェントに相談しますか?

TOP