企業情報

株式会社風力エネルギー研究所
シンクタンク 機械・エンジニアリング・プラント 研究開発

株式会社風力エネルギー研究所

株式会社風力エネルギー研究所は、風車工学・機械工学・風工学・気象学・数値流体力学などに関する専門知識を有する風力発電技術の専門家として、風車本体の設計開発サポートから、風力発電プロジェクト全般にわたるコンサルティングサービスを展開しています。風力発電に関する専門性の高い知識と経験をベースに、柔軟できめの細かいサービスで、お客様の課題解決に取り組んでいます。我々と一緒に風力発電技術コンサルティングを通じて社会に貢献する仕事をしませんか。
    • 22新卒 2021/03/01 更新

      風力発電技術コンサルティングを通じて社会に貢献する志のある新人を募集しています。

      風力エネルギー研究所/Wind Energy Institute of Tokyo(以下WEIT)での仕事は主に4つの分野からなります。 分野1:風力発電所の計画策定  風力発電事業策定のための技術コンサルティングを行います。 ■風況解析、サイト選定など  風力発電所計画地の風況データ及び周辺の気象データから年平均風速や推定発電量を算出し、風車の後流評価などにより風車配置の最適化を検討します。風車号機毎の平均風速、乱流強度、極値風速等の風況は、風況解析ソフトウェアを用いたシミュレーションにより評価を行います。風況解析では業界で定評のある4つのソフトウェアをお客様のニーズに応じて使い分けて使用します。  業務では、観測データの評価や、風況解析ソフトウェアを使いこなします。また必要に応じて計画サイトの現地調査を行い、評価に活かします。 ■風力発電所の技術デューディリジェンス  風車メーカーやEPC業者などからの技術レポート等を、第三者の立場から評価をするお手伝いをします。風車工学・機械工学・風工学・土木工学など幅広い知識が必要です。 分野2:風車設計開発コンサルティング  風力発電機の開発・設計に関する技術コンサルティングを行います。 ■風車設計及び認証取得のための空力弾性シミュレーション  業界で実績のある3つの空力弾性連成解析ツールを用いた解析を実施します。また、お客様のニーズにお応えするためにカスタマイズしたコードによる解析も実施しています。解析のために、風車モデルの構築や制御パラメータの設定などを行います。 ■ブレードなど風車各部の設計コンサルティングを行います。  構造解析ソフトウェアや浮体解析ソフトウェアを用いて、ブレードの構造解析や浮体支持構造の構造・運動解析などを行います。また、垂直軸風車の解析コードも自社で開発を行っております。  このように、数多くのソフトウェアを用いて、お客様のニーズにできるだけお応えできるようにしています。また、市販のソフトウェアでは対応できないご要望に対しては、自社開発の計算ツールで対応しています。 分野3:研究開発  NEDO(新エネルギー産業技術総合開発機構)などの国の研究開発プロジェクトに参加し、日本の風力発電の技術開発のサポートを行っています。  WEITは創立以来、これまで17件のNEDO研究開発プロジェクトに参加しています。プロジェクトでの役割は、プロジェクトに関連する調査、風況解析、荷重解析、委員会事務局運営、関係者との調整などです。 分野4:規格開発  風力発電の分野ではIEC(International Electrotechnical Commission)国際規格の策定は重要な仕事の一つです。WEITではIEC国際規格策定のための国際委員会に継続的に参加し、国際規格に日本提案を採用してもらうための活動を行っています。また、国内の規格・ガイドライン策定にも関わります。

    • 22新卒 2021/03/01 更新

      風力発電技術コンサルティングを通じて社会に貢献する志のある新人を募集しています。

      求人詳細
      募集職種 ・解析技術者
      ・技術コンサルタント
      (風況解析、荷重解析、数値流体解析(CFD)、気象シミュレーション、波浪シミュレーション、有限要素解析(FEM)、CADモデル構築、風車技術に関する研究開発、風車規格開発、風力関連市場調査)
      仕事内容 風力エネルギー研究所/Wind Energy Institute of Tokyo(以下WEIT)での仕事は主に4つの分野からなります。

      分野1:風力発電所の計画策定
       風力発電事業策定のための技術コンサルティングを行います。
      ■風況解析、サイト選定など
       風力発電所計画地の風況データ及び周辺の気象データから年平均風速や推定発電量を算出し、風車の後流評価などにより風車配置の最適化を検討します。風車号機毎の平均風速、乱流強度、極値風速等の風況は、風況解析ソフトウェアを用いたシミュレーションにより評価を行います。風況解析では業界で定評のある4つのソフトウェアをお客様のニーズに応じて使い分けて使用します。
       業務では、観測データの評価や、風況解析ソフトウェアを使いこなします。また必要に応じて計画サイトの現地調査を行い、評価に活かします。
      ■風力発電所の技術デューディリジェンス
       風車メーカーやEPC業者などからの技術レポート等を、第三者の立場から評価をするお手伝いをします。風車工学・機械工学・風工学・土木工学など幅広い知識が必要です。

      分野2:風車設計開発コンサルティング
       風力発電機の開発・設計に関する技術コンサルティングを行います。
      ■風車設計及び認証取得のための空力弾性シミュレーション
       業界で実績のある3つの空力弾性連成解析ツールを用いた解析を実施します。また、お客様のニーズにお応えするためにカスタマイズしたコードによる解析も実施しています。解析のために、風車モデルの構築や制御パラメータの設定などを行います。
      ■ブレードなど風車各部の設計コンサルティングを行います。
       構造解析ソフトウェアや浮体解析ソフトウェアを用いて、ブレードの構造解析や浮体支持構造の構造・運動解析などを行います。また、垂直軸風車の解析コードも自社で開発を行っております。
       このように、数多くのソフトウェアを用いて、お客様のニーズにできるだけお応えできるようにしています。また、市販のソフトウェアでは対応できないご要望に対しては、自社開発の計算ツールで対応しています。

      分野3:研究開発
       NEDO(新エネルギー産業技術総合開発機構)などの国の研究開発プロジェクトに参加し、日本の風力発電の技術開発のサポートを行っています。
       WEITは創立以来、これまで17件のNEDO研究開発プロジェクトに参加しています。プロジェクトでの役割は、プロジェクトに関連する調査、風況解析、荷重解析、委員会事務局運営、関係者との調整などです。

      分野4:規格開発
       風力発電の分野ではIEC(International Electrotechnical Commission)国際規格の策定は重要な仕事の一つです。WEITではIEC国際規格策定のための国際委員会に継続的に参加し、国際規格に日本提案を採用してもらうための活動を行っています。また、国内の規格・ガイドライン策定にも関わります。
      応募資格・求める人物像
      応募資格 2022年3月までに大学(学部)を卒業・卒業見込み又は大学院(修士・博士)を修了・修了見込みの方。日本語での会話及び読み書きができる方。
      人物像 ・風力発電技術コンサルを通じて社会に貢献したいと思う志のある人
       WEITは日本に風力発電を普及させ、日本のエネルギーセキュリティと地球温暖化対策に貢献する事を目指しています。日本における風力発電の導入量は諸外国と比べれば決して多くはありませんが、WEITの業務が風力発電導入拡大に役に立つものと信じています。WEITは、この志に共感し、一緒に仕事をしてくれる若い人を求めています。

      ・新しい事にもチャレンジし続ける人
       WEITの仕事は、一定の決まった内容のものは少なく、常に、お客様からの多様なニーズにお応えする必要があります。このため、WEITでは社員一人一人がそれぞれの得意とすることを生かし工夫しつつ、新しい事にチャレンジする必要があります。何かをものにするには3年位かかります。地道に忍耐強く一つの事に取り組むことが大切だと考えます。WEITは、新しい事にも臆せずチャレンジし続けたいと思う若い人を求めています。

      ・コミュニケーションをとれる人
       WEITの仕事は、お客様のニーズを適切に理解し、課題解決をする事にあります。そのためには普段からお客様との意思疎通=コミュニケーションが欠かせません。社内ではチームで一つの仕事に取り組む事も求められ、社員の間のコミュニケーションはとても大切です。WEITは、自ら積極的にコミュニケーションをとれる人を求めています。
      文理 理系
      学歴 修士新卒 博士新卒 ポストドクター オーバードクター 修士修了中途 博士修了中途 既卒学生可能 博士満期退学可能 博士号必須(見込含)
      専門領域 文系専門領域
      理系専門領域 工学系 機械工学 土木工学 専門を問わない
      ITスキル IT関連能力
      各種ITスキル Windows Linux Excel PowerPoint Word FORTRAN UNIXシェル(sh,csh) MATLAB
      採用データ
      勤務地 東京都
      給与 ・当社規程に基づき支給
      (参考月給:学部卒20万円、修士卒22万円、博士卒25万円)
      ・昇給:当社規程に基づき年1回
      待遇 ・試用期間あり(原則3か月、期間中の給与の変動なし)
      ・通勤手当:当社規程に基づき支給(上限3万円)
      ・残業手当:有
      ・賞与:業績連動型年2回程度
      ・育児休業(取得実績あり)
      ・介護休業
      ・慶弔休暇(慶弔見舞金支給あり)
      社会保険 ・社会保険(健康・厚生年金)
      ・労働保険(雇用・労災)
      福利厚生 ・ベネフィット・ステーションに加入しており、ホテル/レジャー施設/スポーツクラブなどの利用割引あり。
      勤務時間 ・フレックスタイム制
      ・標準勤務時間:8:30〜17:30(休憩:12:30〜13:30)
      休日休暇 ・週休2日制(土曜・日曜)、祝日
      ・夏季3日間、年末年始(12/29〜1/3)
      ・有給休暇:入社半年経過後
      屋内の受動喫煙対策

      あり

      フリーPR
      就職活動をしている大学院生へのメッセージ
      WEITは従業員17名の小さな会社ですが、日本の風力発電技術コンサルティング会社として、業界に認知されたポジションにあると思っています。ここまで来れたのは、こうなりたい、こうありたいという志を常に忘れず、新しい事にチャレンジすることで、持続的な発展を続けられたからだと思います。新しい事に取り組むとしばしば壁にぶつかることもあると思いますが、諦めずに地道に努力した人にしか見えないものがあります。WEITを通じて社会に貢献したいと思う志のある若い人と一緒に会社を成長させたいと考えています。
      応募方法・選考の流れ・連絡先
      応募方法 [employment@windenergy.co.jp]までご連絡をお待ちしております。
      下部の「企業ページへ移動」から弊社HPもご確認ください。
      選考の流れ ・面接回数:1〜2回
      ・筆記試験:なし
      この求人の説明会情報
      連絡先 〒105-0003
      東京都港区西新橋一丁目5-8 川手ビル5階
      TEL:03-6457-9801
      employment@windenergy.co.jp
    • 風力発電プロジェクトの技術コンサルティング

      気流解析結果
      ・風況観測データの解析
      ・風況解析、発電量予測、サイト選定など
      ・風車の適合性評価(極値風速・乱流強度など)
      ・風力発電プロジェクト全般に関する技術相談など
      ・プロジェクトファイナンスのための風力発電所の技術的評価
      ・風況解析レポートや、風車の運転実績などの第三者評価
    • 風車開発・設計の技術コンサルティング

      浮体式風車解析モデル
      ・風車設計および認証取得のための空力弾性シミュレーション
      ・ブレード・ナセルなどの構造解析
      ・ブレード・浮体など風車各部の設計コンサルティング
      ・風車空力音の解析など
      ・小形風車認証取得のための技術コンサルティング
    • 洋上風力の技術コンサルティング

      海象条件シミュレーション
      ・洋上ウィンドファームの設計条件(風,波,海流,潮位)の算定
      ・洋上ウィンドファーム建設時の施工稼働率の簡易評価
      ・気象,波浪シミュレーション
      ・浅海域の波浪変形解析
      ・ウィンドファーム認証サポート
      ・洋上風力発電設備の設計用データ作成
    • 研究開発

      ・国内外の研究開発プロジェクトへの参加
      ・NEDO/環境省/文科省などのプロジェクト参加実績
      ・2020年度:
      NEDO風力発電等技術研究開発/風力発電高度実用化研究開発/風車運用高度化技術研究開発(風車故障事故に関する国内外の動向調査)
    • 風力発電に関わる調査、普及および啓発活動

      ・風車の国際規格・国内規格策定委員会への参加
      ・国内外の風力発電の技術および市場動向調査
      ・風力関連の学協会活動への参加
      ・風力発電に関わる講演などによる普及・啓発
      ・大学生・院生のインターンシップ(随時受け付けています。)
  • 企業・研究機関 株式会社風力エネルギー研究所
    URL https://www.windenergy.co.jp/
    資本金 7,364万円
    所在地 〒105-0003
    東京都港区西新橋一丁目5番8号 川手ビル
    設立年月日 2004年10月5日
    事業内容 ・風力発電の技術コンサルティング
    ・風力発電プロジェクトの許認可に関する技術コンサルティング
    ・風力発電プロジェクトに関する技術デュー・ディリジェンス
    ・風車関連技術の研究開発
    ・風力発電に関する規格開発
    ・風力発電に関する市場・技術調査
    ・風力発電に関わる普及・啓発活動(学協会活動)

    例えば,下記のような高度な技術計算を基礎とする業務などを行っています。

    荷重解析:
     空力弾性解析,有限要素解析などの手法で,風車全体のシミュレーションを行い,風車各部に作用する荷重を求め,風車設計や型式認証などの基礎データを作成します。陸上風車だけではなく,着床式洋上風車や,海に浮かぶ浮体式洋上風車のシミュレーションを行って,風車本体と海面下にある支持物を含めた全体が風,波,風車の運転によってどのような影響を受けるかを評価しています。

    風況解析:
     風力発電所周辺の地形や地表面の影響を考慮して風の流れのシミュレーションを行います。長期の気象変動を考慮した発電量予測の結果は,風力発電事業者や金融機関が実施する事業性評価に用いられます。また,台風などによるる暴風(極値風速)や乱流の影響をシミュレーションして,自然環境が厳しい日本の風力発電所の信頼性向上に貢献しています。

    気象海象予測(洋上風力発電):
     今後の大幅な導入拡大が予想される洋上風力発電所の計画策定に必要な,計画地の自然条件(風などの気象条件,波浪や潮流などの海象条件)を,各種のシミュレージョン技術や技術規格・指針の要求事項に沿って算出します。気象モデルを使った計算も実施しています。

    技術調査:
     風力発電に関する技術や産業についての各種技術調査を行っています。また,国の調査事業を実施しています。国際的な風力発電技術の研究開発プログラムである「IEA Wind」の国内事務局業務を受託しています。

    風車型式試験:
     子会社の再生可能エネルギー試験計測株式会社では,風車実機の型式認証のためのフィールド試験を行っています。風車の性能計測,荷重計測,安全性及び機能試験などを実施しています。
    代表者名 代表取締役社長 鈴木章弘
    従業員数 17名
    平均年齢 40.0歳
    採用実績校 秋田大学/足利工業大学/お茶の水女子大学/追浜高校/九州大学/京都大学/慶応義塾大学/デンマーク工科大学/東京工業大学/東京大学/東京理科大学/東北大学/名古屋大学/日本大学/松山大学/横浜国立大学/早稲田大学(五十音順)
    主要取引先 公的機関:産業技術総合研究所,NEDO,大学法人
    業界団体:日本風力発電協会
    民間企業:風力発電事業者(電力会社,ガス会社などを含む),風車メーカー(大形風車,小形風車),建設会社,造船会社,複合材料などの素材メーカー,金融機関・投資ファンドなど

エージェントに相談しますか?

TOP