企業情報

Japan Advanced Semiconductor Manufacturing株式会社
機械・エンジニアリング・プラント 電機・電子・精密機器・OA 研究開発

Japan Advanced Semiconductor Manufacturing株式会社

Japan Advanced Semiconductor Manufacturing株式会社は、TSMCが過半数を出資する熊本県所在の子会社で、ソニーセミコンダクタソリューションズとデンソーが少数株主として参画しています。2022年の建設開始を予定しており、2024年末までに生産開始を目指します。半導体に対する世界的に旺盛な需要に対応することを目的に月間生産能力は45,000枚(300mmウェーハ)となる見込みで、世界中の顧客にサービスを提供いたします。
  • 企業・研究機関 Japan Advanced Semiconductor Manufacturing株式会社
    URL https://www.tsmc.com/japanese
    資本金 28億7875万円
    所在地 〒869-1102 熊本県菊池郡菊陽町原水3802-14
    設立年月日 2021年12月10日
    事業内容 Japan Advanced Semiconductor Manufacturing株式会社(以下JASM)は、TSMCが過半数を出資する熊本県所在の子会社で、ソニーセミコンダクタソリューションズとデンソーが少数株主として参画しています。JASM は、半導体に対する世界的に旺盛な需要に対応することを目的に、22/28nm プロセスを皮切りとした製造受託サービスを提供しいたします。日本における JASM のファンドリーは、2022年の建設開始を予定しており、2024年末までに生産開始をめざします。同ファンドリーでは、約 1,500人の先端技術に通じた人材の雇用を創出し、月間生産能力は 45,000枚(300mm ウェーハ)となる見込みです。日本におけるファンドリーの建設は、TSMC が 1997年に日本で子会社を設立して以来、日本の半導体エコシステムに対して貢献してきた長い歴史における新たな一歩です。直近では、TSMC は2019年に日本にデザインセンターを設立し、世界中の顧客にサービスを提供しています。また、現在、日本のパートナーと協力し、茨城県の TSMC 3DIC 研究開発センターにおいて高度なパッケージング技術の研究を進めています。
    代表者名 代表取締役 堀田 祐一
    従業員数 0人【世界規模 56,831人 (2020年)】
    平均年齢 35.0歳
    採用実績校
    主要取引先

エージェントに相談しますか?

TOP