1. TOP
  2.  >  アカリクコラム
  3.  >  汗ばむ時期の就活で気を付けたいこと

汗ばむ時期の就活で気を付けたいこと

2016/05/17 掲載

はじめに

入道雲が浮かぶ海の街

アカリクキャリアコンサルタントの山内(やまうち)です。

就活生には対処が難しい、汗ばむ季節がやってきましたね。今回はこの時期
ならではの、服装や汗に纏わる、就活で気を付けたいことをお伝えします。

夏特有の集合時間の注意点

この季節は特に、集合時間には余裕をもって行動するようにしましょう。歩くだけで汗が噴き出る日も多くなります。
理想は早めに面接会場があるビルに到着し、ロビーなどで汗がひくのを待ってから面接会場入りすることです。
汗だくのまま面接を受けるとあまりよい印象を与えません。緊張しているように見えますし、清潔感が失せます。
少々会場に早く着くだけで、人の印象を変えることが出来るのであれば、利用しない手はないと思いますので、
是非早めに会場近くに到着することお勧めします。

この時期、シャツは着替えましょう!

また、体臭やシャツなどの匂いにも注意しましょう。
シャツの替えをあまり持っていない人もいらっしゃるかと思いますが、
何日も着ていると、流石にこの季節は匂いが気になることもあります。
実際、アカリクの担当が人事の方とお話をしていて、「正直体臭が気になる学生がいます」と言われたこともあります。
清潔感は社会人の身だしなみとして必須ですので、相手に不快感を与えないように注意が必要です。

深夜バス移動の落とし穴

それから案外見落としがちなのは、深夜バスなどで移動するケースです。
寝ている間中、めいっぱい汗をかいた後、そのまま着替えずに面接に行くことは非常に危険です。
汗ふきシートなどで汗を拭き、トイレなどでインナーくらいは着替えることをお勧めします。

おわりに

私もこの時期は企業に往訪する機会が増えますので、辛さはよくわかります。
特に体力が落ちやすい時期ですので、身だしなみをしっかり整えたらあとは体調を整えて、
万全の体制で本番に臨んでくださいね。


← アカリクコラム一覧に戻る

プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。