企業ロゴ画像

富士通株式会社

社会インフラから身の回りの生活まで。富士通はICTを駆使して変革に挑戦します!

社風

「ともかくやってみろ」
1976年、第8代社長に就任した小林大祐は、「本に書いていることを鵜呑みにするな。まずは自分でやってみよう。」「ダメだと思ってももう一頑張りしてみよう。」という思いを「ともかくやってみろ」という言葉に込めました。コンピュータ事業の初期から開発、営業、さらに経営者として牽引してきた小林自身の体験から出てきた言葉です。
自らの意志で様々なことに取り組むと、本や人の話だけでは気付かなかった新たな課題が見えてきます。その課題の解決に向け、想像力を働かせ知恵やアイデアを出すことで技術レベルが上がり一歩前進します。
幅広いビジネスフィールドを持ち、技術の進歩が早いICT業界では、今までになかった新たなイノベーションが求められています。社員一人ひとりが自らチャレンジし創造していくことで、富士通も一歩先に伸びていくことができます。

「志を持て」「夢をかたちに」
富士通が国内トップのコンピュータメーカーに成長した1981年、第9代社長に就任した山本卓眞は、「志を持て」という言葉を若い社員に贈りました。
また、社長在任中の1986年には「夢をかたちに」をスローガンとして採用しました。
山本は、ソフトウェアやハードウェアの開発でコンピュータ事業を支え、社長就任後は「世界の富士通」を目指し、事業のグローバル化を加速させていきました。特に若い社員には、個人では達成できないような大きな目標(志)を立てること、そしてそれを達成したときの喜びや充実感を味わうことの重要性を説いています。最初に立てる目標は、現実的でなかったり、夢のように思えることもあったかもしれませんが、先端技術にアイデアをもりこむことで、そうした夢を実現してきました。
お客様の夢や人類の夢、富士通の夢を実現し、富士通や日本だけでなく、他国の発展も視野に入れた富士通の挑戦は、これからも続いていきます。


この企業に興味をもった方は他に以下のような企業にも興味をもっています。
  • 株式会社NTTデータ /「Global IT Innovator」として社会の変革、発展を実現します!
  • 西菱電機株式会社(三菱電機グループ) /ICTソリューションで、安心・安全・快適を実現。
  • 株式会社ハイ・アベイラビリティ・システムズ /ICTで社会基盤を支える仕事です。どこへ出しても恥ずかしくないプロフェッショナルへの成長を約束します
  • アルテリア・ネットワークス株式会社 /情報の動脈を創り出す
  • 本田技研工業株式会社 /どうなるかじゃない、どうするかだ。
  • プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。