企業ロゴ画像

東洋製罐グループホールディングス株式会社

容器包装業界のリーディングカンパニーです!

食の課題へ新たな角度から切り込む「包装技術」の先進企業


食文化や暮らしの変化に合わせ、容器もその役割を変化させてきました。例えば、フードロスが問題となる中、食品メーカーは賞味期限延長のため、食品開発に力を入れています。包装技術を用いれば、小分け・個包装や鮮度保持など、食品には手を加えずフードロスに貢献する方法も存在します。容器に関わる仕事を知ることで、これまでとは新たな角度から食品に関わる仕事が見えてくるかも。食品業界に興味のある方、技術やアイデアで社会へ貢献したいと考えている方、ぜひ説明会へご参加ください。

4大包装資材で業界シェアトップ。柔軟な提案力が自慢!


東洋製罐グループは「金属・プラスチック・ガラス・紙」の「4大包装資材」すべての分野で業界トップクラスを誇っています。実績を評価いただき、飲料メーカーや食品メーカーからの依頼開発も多数請けおっています!飲料用缶、缶詰用缶、飲料用ペットボトル、キャップ、ガラスびん、紙容器など取り扱っている種類も幅広く、それらに関する技術を深く究めているからこそできる柔軟な提案力が私達の大きな強みです。自分の提案が形になり、お店へ並んだときの喜びは容器メーカーの醍醐味です!

分野を超えて、可能性が広がる東洋製罐グループの技術


私たちは容器の製造・開発を基軸に、様々な技術を生かした複数の事業を展開しています。例えば、創業以来培ってきた圧延、ラミネートなどの技術を用いた鋼板関連事業。自動車・産業機械部品用材料、建築・家電用材料として展開しています。また、表面処理等の高度な技術を用いた機能材料関連事業も、高品質かつ高機能な材料として評価をいただき、建築・製造・エレクトロニクス、医療といったさまざまな場面で活用されています。これら事業では、機械系、電気・電子・情報系、物理系、数学系、有機・高分子系、無機・金属系、材料工学系他さまざまな人材が活躍しています。


この企業に興味をもった方は他に以下のような企業にも興味をもっています。
  • 協和キリン株式会社 /「たった一度の、いのちと歩く。」
  • マナック株式会社 /臭素化・ヨウ素化技術でスペシャリティーケミカルの革新に挑む
  • 株式会社ARISE analytics /【KDDI×アクセンチュア】世界一のデータサイエンティスト集団を目指して
  • 三菱ケミカルエンジニアリング株式会社 /プラントエンジニアリングを通じてものづくりの根幹を支え、社会に貢献する!
  • イーエヌ大塚製薬株式会社 /『栄養ケアのサポーター』として医療や健康に貢献します。
  • プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。