企業ロゴ画像

国立研究開発法人 理化学研究所

「研究開発成果の最大化」を目指して  ―― 科学技術の発展・振興に貢献してみませんか?

私たちと一緒に科学技術の発展・振興に貢献してみませんか?


理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を行っており、2017年に創立百周年を迎えました。我が国の科学技術の向上を図るとともに、研究成果を社会に普及させるため、大学や企業との連携による共同研究、受託研究等を実施しているほか、知的財産等の産業界への技術移転を積極的に進めています。

研究プロジェクト・メンバーを募集します!


研究プロジェクト「2次元CADデータを用いたAIによる3次元モデル構築技術に関する研究」を実施するためのメンバーを募集します!
大学の研究室で学んできたことや、社会での実務経験から身に付いた技術などを、ぜひ本プロジェクトで発揮してください。
私たちと一緒にプロジェクトを成功させましょう!

シミュレーションが未来をひらく


世界トップレベルの性能を誇る「京」

計算科学研究センターはスーパーコンピュータ「京」の運用、「京」の後継機であるポスト「京」の開発、計算科学分野のテクノロジーおよびソフトウェアの発展・普及・成果の創出を推進する、計算科学研究の中核拠点です。
高度なシミュレーション・データ解析・人工知能を可能とする高性能計算の進化は、私たちの未来をひらく力と希望です。

地震・津波・気象・河川・土砂災害の大規模数値シミュレーション


神戸市等を対象とした次世代型都市モデル

当研究チームは、神戸市や兵庫県内の実際の都市を対象に地震・津波と豪雨などの極端気象現象、河川災害や土砂災害といった災害やそれらの複合災害の大規模数値シミュレーション手法の開発と実施を行うことを目的としています。
実際の都市をまるごと計算する大規模数値シミュレーションには、地上の構造物や地盤、埋設されたライフラインなど都市の多様で詳細なデータが必要になります。当チームでは、複数のデータに分散した重要な情報を抽出して柔軟に組み合わせることで、大規模計算の入力となる「次世代都市モデル」の技術開発を行っています。


プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。