企業ロゴ画像

西菱電機株式会社(三菱電機グループ)

ICTソリューションで、安心・安全・快適を実現。

「見守る」技術で、安心・安全・快適な社会の実現を


三菱電機グループの情報通信分野におけるソリューション型エンジニアリング会社として、全国規模で事業展開する当社。2つの事業の柱を持ち、社会のニーズに応えています。「情報通信システム事業」では、防災・社会インフラの無線・監視システムを企画開発・構築・保守運用・アフターサービスまでワンストップで提供。民間向けでも無線システムを通して、クライアントの業務・営業効率に貢献しています。「情報通信端末事業」では、携帯情報端末の販売や修理再生等を手がけています。官公庁、民間企業の課題を様々なシステムで解決する高いソリューション力が強みです。2016年、設立50周年を迎え、100年目に向けて更なる成長を続けていきます。

西菱電機の強みとは

西菱電機は、もともとサービス会社として設立された会社です。
そのため、サービスに対する意識が高いという点に特徴を持っています。

メーカーというと、製品を作るという目線から仕事を始めることが多いため、
サービスの優先順位は一番ではないと思われることもあるかもしれません。

私たちは将来的に『サービスをお金に変えていく』仕事をしたいと
考えているため、とことんお客様に寄り添いながら仕事をしています。

現在、事業の柱として手掛けている防災行政無線一つをとっても、
製品自体がサービスと一連となっています。
今まではハードウェアとして納品していた製品を、
クラウドサービスの一つのサービスとして納品するといった例もあります。

設計・開発をする際には、お客様の求めているものをしっかりと聞き出し、
自分自身でイメージできるようにする。
アフターフォローの際には、実際にシステムの稼働の確認や設置、補助など、
お客様に安心してシステムをご利用頂けるようにしていかなければなりません。

お客様のニーズに柔軟に応えるために、
先ず、たくさんの知識をインプットすること。

その後、お客様のお声から何を求めているのかを
その場で理解し、課題に対しての解決策を提示できる等、
インプットの後のアウトプットも必要となります。

責任もありますが、やりがいはそれ以上のものを得られる仕事です。

今後は自分たちの手掛けている「見守る技術」を、
これまで以上にお客様目線で考え、世の中に受け入れられるようなものにして、
安価に提供し、普及させるということを目標にしています。

販売目的だけではなく、世の中から声が上がっているから
そういった声に応えるためにシステムを開発する。

単に”物売りでは終わらない仕事”として
お客様の課題解決に取り組んでいきたいと考えています。


この企業に興味をもった方は他に以下のような企業にも興味をもっています。
  • 株式会社ニューフレアテクノロジー /NuFlare, Beyond The Leading Edge
  • 株式会社GRI /データで新たな事業を開発していくカンパニー。
  • 株式会社MTI /「モノはこび」研究のプロ集団として次代をリードする
  • テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社 /ビジョン:TDSEは、社会が人工知能を 当たり前に活用する世界を目指します。
  • 株式会社デジタルガレージ /THINK FOR YOURSELF AND QUESTION AUTHORITY.
  • プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。