企業ロゴ画像

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

私たちは最先端のクラウド技術を提供することでお客様のビジネス変革を支援しています。

新卒1期生の声(CSE)

サービスを開発するエンジニアは特定分野の知識に偏ってしまうことがあるかと思いますが、AWS サポートでエンジニアとして働くと、AWS という幅広いサービス全体のエキスパートになることができますし、あらゆる知識レベルのお客様に対しご理解いただけるような説明の仕方を身に着ける必要があります。こういった、ある意味エンジニアとしては特殊なサポートという仕事 が面白いと思いAWS サポートを選びました。

入社前は外資系企業に対し、”個人主義”や”非協力的”といったイメージを持っており、そうした雰囲気に負けないよう身構えて入社したことを覚えています。

ただ実際に入社してみると 、各エンジニアが性別、年齢、国籍に関わらず強み・弱みを補い合うチームとして AWS サポートを構成していることに驚きました。私はAWS Certificate Manager というサービスの担当もしているのですがその分野に詳しいということで、新卒ではありますが周りの方に頼られる機会があることにも喜びを感じます。これは入社前には想像していなかったもので、この協力体制こそがAWS サポートの強みであると思います。

ダブリンオフィスで日本向けのサポートチームを立ち上げます

AWSサポートは24時間365日問い合わせを受け付けており、日本だけでなく北米やヨーロッパなど世界中にクラウドサポートエンジニアがいます 。日本での業務の延長線上に英語サポートのエンジニアや海外サイトで勤務する日本人エンジニアがおり、日頃から日本語・英語でコミュニケーションをとりながら仕事をしています。これに加え必要に応じてAWSの製品・サービス開発部門とも密に連携しています。文字通りグローバルな規模で仕事ができることが、クラウドサポートエンジニアの魅力です。

現在アイルランドのダブリンでは英語圏のサポートのみ対応していますが、日本向けのサポートチームを立ち上げるため、近々異動をすることが決まっています。新しい環境で生活をするということは私にとっても家族にとっても大きなチャレンジではありますが、開発部門や英語圏のサポートエンジニアたちとより近いところで仕事ができることは貴重な経験だと思いますし、この経験を通じて世界中どこでも働けるようなエンジニアになっていくことが長期的な目標です。このように国内に限らず海外にもキャリアパスが広がっていることがアマゾンで働くもうひとつの魅力だと思います。

新卒2期生の募集を開始します!(SA)

AWSはイノベーションを続け、今までの常識を変え続けています。AWSの発表をみると、”New Normal”という言葉をよく目にしますがこれは新しい常識を作っていくことを意味しており、変革を起こそうとするだけでなく、変革できると全員が信じています。お客様の満足向上のために今までの常識を覆し、新たなものをつくり出し、道なき道を進み続けるためにメンバー全員が日々Work hard しています。


この企業に興味をもった方は他に以下のような企業にも興味をもっています。
  • 株式会社アカデメイア /好奇心に、衝き動かされる会社。
  • 株式会社アカリク /大学院・研究機関と社会をつなぐインフラ作りを行っています。
  • Repro株式会社 /代えのきかない唯一のマーケティングプラットフォーム
  • 株式会社アルトナー(東証一部上場) /数学・物理・材料・機械・電気電子・情報系ポスドク歓迎/お持ちのスキルを最大限活かして頂けます。
  • 大日本住友製薬株式会社 /精神神経領域を中心に、革新的な新薬創出を目指す
  • プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。