最終更新日:2019-05-21

防衛省

2019年度 防衛省技術系夏期インターンシップ

検索結果一覧用画像

「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つ」という防衛省の仕事は私たち以外の誰にも担えません。我が国の安全保障に限らず、災害派遣や国際平和協力活動を通じて、日本国民からの信頼と世界からの期待に応えるべく自衛隊は日夜奮闘しています。彼らと共に「安全保障の最前線」に立ち、国家の根幹に関わる実務者として活躍してみませんか?

仕事データ
募集職種 ● 防衛省技術系夏期インターンシップ
仕事内容 【理系(工学)の学生対象】
● 技術系夏期インターンシップ
 防衛省には「施設系技官」という建築、土木、機械、電気・電子、通信、情報、航空宇宙、材料、原子力をはじめ幅広い分野の理系出身の職員が多数働いています。施設系技官の役割は、滑走路や格納庫、弾薬庫、燃料タンク、指揮所など、一般の施設にはない種々の特徴を持つ防衛施設を、どんな事態においても安定的に使用できるようにすることです。
 具体的な仕事の内容は、本省においては防衛施設特有の技術基準の策定や、施設の安定的な使用に資する政策の企画・立案業務に携わります。また、全国8つの地方防衛局での地方勤務においては、自衛隊施設や在日米軍施設の設計や工事監督業務、周辺住民の方々にご理解・ご協力をいただくための各種取り組みを行っています。
 本インターンシップは、この施設系技官が実際に従事している業務内容に極めて近い、「実践的な演習」に主軸を置いています。
 カリキュラムには、この演習を効果的に実施するための各種講義や、東京近郊の自衛隊施設の現地見学が含まれており、防衛省に関する事前知識がなくても心配はありません。
 与那国島への沿岸監視部隊の配置といった自衛隊施設の整備から、普天間飛行場の移設等の在日米軍再編や、大規模災害時の対応まで、防衛省の施設系技官が取り組む業務は、そのどれもが我が国の重要な政策課題であり、チャレンジングなものばかりです。
 本インターンシップに参加して、我が国の安全保障を担う防衛省で働く施設系技官の世界を覗いてみませんか。
 多くの方の参加を心よりお待ちしております。

・内容
講義: 防衛施設の建設等にかかる内容
演習: 防衛施設設計演習などの各種演習
見学: 関東の自衛隊施設見学

・募集人数
第1期、第2期共に16名程度
応募資格・求める人物像
応募資格 本邦に所在する大学・大学院の学生( 日本国籍を有する者に限る)
求める人物像

防衛省に対する理解の増進に資するためにインターンシップを行っています。
事前知識は不要です。

求める人物像
(文理・学歴)
  • 理系
  • 修士新卒
求める人物像
(専門領域)
理系専門領域

  • 専門を問わない
  • [積極採用中の専攻]
  • 工学系
  • 建築学
  • 交通科学
  • 情報工学
  • 通信工学
  • 電気工学
  • 機械工学
  • 電子工学
  • 航空宇宙・海洋船舶工学
  • 土木工学
  • 経営工学

求める人物像
(ITスキル)
各種ITスキル

  • Windows
  • Excel
  • PowerPoint

採用データ
勤務地
  • 東京都
実施期間 【理系(工学)の学生対象】
第1期 2019年8月19日(月) 〜 8月23日(金)
第2期 2019年8月26日(月) 〜 8月30日(金)

※ 各期5日間の日程で実施します。複数回の参加はできません。
※ 5日間全日程に参加できることを条件とします。
給与 本インターンシップの必要経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については、原則として実習生本人が負担することとします。実習期間中に関連施設の見学等を行う場合がありますが、その場合の必要経費についても実習生本人が負担することとします。
社会保険 本インターンシップに参加する学生は、事前に「学生教育研究災害障害保険」等の傷害保険及び「インターンシップ等賠償責任保険」等の賠償責任保険に加入する必要があります。
勤務時間 原則残業不可
基本就労時間 9:30〜18:15
応募方法・選考の流れ
応募方法 防衛省HPにて応募方法・締切について掲載しております。
詳細は下記【企業ページへ移動】ボタンより防衛省ホームページをご確認ください。
選考の流れ エントリシートよる選考を実施。
エントリシート提出締切りは2019年6月21日(金)
連絡先
〒162-8801
 東京都新宿区市谷本村町5-1
 防衛省大臣官房秘書課  
 電話:03-3268-3111
 技術系担当:北(内線:22113)
応募ページへ移動
この企業に興味をもった方は他に以下のような企業にも興味をもっています。
  • 株式会社ニューフレアテクノロジー /NuFlare, Beyond The Leading Edge
  • 出光昭和シェル(出光興産) /その想いが、未来のエネルギー。
  • 株式会社インテージテクノスフィア /先端IT、データサイエンス、マーケティングセンスを駆使し多種多様な企業のマーケティング活動をサポート
  • 株式会社シーエムプラス /ライフサイエンス分野トップのコンサルタント集団
  • 株式会社学術図書出版社 /六十年間以上続いている、大学の理工系テキスト中心の出版社、大学の物理学テキストでは業界一の売上げ実績
  • プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。