企業ロゴ画像

株式会社フジミインコーポレーテッド

世界シェア90% ! "化学で磨く"100万分の1mmの世界【東証一部上場】

世界シェア90%! ナノの世界を”化学で磨く” 化学材料メーカーです


私たちはナノレベルで表面を磨く”研磨材”を製造する、化学材料メーカーです。PC・スマホ・ハイブリットカー・各種電化製品、あらゆるデジタル製品に搭載される半導体ICチップの製造にはナノレベルの表面加工が必要であり、そこにフジミの超精密研磨材が使われています。世界シェア90%を占める製品も保有しており、半導体の最先端の技術発展には無くてはならない存在として、世界最高レベルの技術でこれからも世の中の発展に貢献していきます。

研磨精度0.000001mm。世界シェア90%を支える「粒子」と「化学」の技術

皆さんは、研磨材というと粉やヤスリなど、固形のイメージが強いでしょうか?私たちも粉状の研磨材も扱っていますが、最も得意とするのは「粒子」と「化学」の力を融合させた、世界最高レベルの研磨精度を誇る液状研磨材です。
その研磨精度は0.000001mm(100万分の1mm、1nm)単位。例えるなら、野球場くらいの面積に髪の毛1本分の凸凹すらない表面を実現するようなものです。半導体ICチップにはナノスケールの電子配線が描かれており、基板上に正確に配線を描いていくためには、基板をナノスケールで平坦化する工程が必要不可欠です。そこで活躍しているのがフジミの研磨材。基板を平坦に磨けば磨くほど、細かいスケールでの配線形成が可能となり、半導体の高性能化や小型化につながります。縁の下の力持ちとして、半導体業界の進化・発展に貢献しています。

コア技術を機軸に、新たな表面加工分野に挑む


半導体向け超精密研磨材で世界トップシェア製品を持つフジミですが、変化の速い半導体業界で最先端かつ世界最高レベルの技術を提供するため、新技術・新製品の研究・開発を積極的に行っています。毎年売上高の8〜10%を研究開発費として投資し、世界中のお客様のニーズに応えられる製品を開発し続けています。
また、超精密研磨材で培ったコア技術を軸に、新規事業にも精力的にチャレンジ。自己資本率89%という財務基盤を活かし、半導体業界以外にも新たな表面加工分野で新規事業を確立することで、事業の柱を増やし、長期的に成長し続ける企業経営を目指しています。


この企業に興味をもった方は他に以下のような企業にも興味をもっています。
  • 千代田テクノエース株式会社 /人の命を守るために必ず必要な「薬」の製造を土台から支えています
  • プライマル株式会社 /新規事業に特化したコンサルティング会社◆業界でも稀有な存在
  • 三井海洋開発株式会社 /海洋石油開発における世界トップクラス、日本唯一の企業
  • 三菱ガス化学株式会社 /独創主義。
  • インフォコム株式会社 /「病院システム」から「スマホで読むコミック」まで。幅広い事業領域があります!
  • プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。