企業ロゴ画像

NEC(日本電気株式会社)

NECはICTを活用し「海底から宇宙まで」社会インフラの高度化を支えています

NECはICTを活用し「海底から宇宙まで」社会インフラの高度化を支えています

私たちNECは1899年の創業以来、ベタープロダクツ、ベターサービスという精神の下で、コンピューティングとネットワーク、ソフトウェアにおいて世界最先端の技術開発、ノウハウを積み重ねてきた類まれなインテグレーターです。
世界は今、様々な課題に直面しつつあります。人口増加・都市化、それに伴うエネルギーや水などの様々な資源への需要の拡大により、既存の社会インフラでは私たちの生活は支えきれなくなります。
こうした社会課題に対して、NECはICTを活用して個々の社会インフラを有機的に結び付け、例えば交通、電力、エネルギー、水・食糧、金融、医療などの多種多様な領域でお客様と共に新たな価値を生み出しながら、安全・安心で効率的、かつ誰もがICTの恩恵を享受できる公平な世の中を築くことを目標として挑み続けます。
"NEC Vision for Social Value Creation"
http://jpn.nec.com/profile/vision/?cid=jpntop163001

社会を変革するイノベーションを一緒に生み出そう!

NEC 中央研究所はNECグループの技術コンピタンスを強化するための研究開発を担い、グローバルな視野で世界の拠点や各研究所とも連携しながら、新たな社会価値を共創し未来を切り拓くR&Dを推進しています。

特に注力する技術領域は「AI(データサイエンス)」と「ICTプラットフォーム」とに大別でき、そこには「見える化」「分析」「対処」、さらには「コンピューティング」「ネットワーキング」「セキュリティ」と6つのカテゴリーが存在します。これらの技術領域は、高度化・複雑化した社会の様々な課題を解決し、新しい社会価値の創造を実現するには不可欠なものです。
AIの力で実世界を「見える化」し、膨大なデータを「分析」して、実世界への「対処」へ還元するフローは、コンピューティングとネットワークを融合し、強固なセキュリティで守る「ICTプラットフォーム」によって支えられます。大きな変革期を迎えたいま、明日へ向けた社会ソリューションの創造に欠かせないコア技術へ、わたしたちは集中的に取り組んでいます。

"研究開発(R&D) "
http://jpn.nec.com/rd/index.html


この企業に興味をもった方は他に以下のような企業にも興味をもっています。
  • 株式会社アルトナー(東証一部上場) /数学・物理・材料・機械・電気電子・情報系ポスドク歓迎/お持ちのスキルを最大限活かして頂けます。
  • 株式会社レトリバ /Googleレベルの技術者集団からスピンアウト、朝日新聞社との共同開発も行う注目ベンチャー!
  • バーチャレクス・コンサルティング株式会社 /Think×Make×Do -戦略立案、システム構築、そして業務遂行まで追いかけ“結果”を提供する
  • 日本ミシュランタイヤ株式会社 /世界トップクラスのタイヤメーカー ミシュランで”トータル・パフォーマンス”タイヤを開発しませんか
  • コナミグループ /私たちコナミグループは、『価値ある時間』の創造と提供を通して、常に期待される企業集団を目指します。
  • プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。