企業ロゴ画像

ヤフー株式会社

日本最大級のマルチビックデータドリブンカンパニー

ヤフーバリュー


Yahoo! JAPANは、情報技術で人々や社会の課題を解決する「課題解決エンジン」というミッションを掲げ、これからの日本をまるごとUPDATEしてゆきます。
日本のあらゆる課題をインターネットの力で解決し続けていくために、【ヤフーバリュー】を全員で共有し、一人一人が働くなかでそれを体現しています。



私たちはこの【ヤフーバリュー】を入社後に発揮できるポテンシャルのある方を求めています。
「All Yahoo! JAPAN」「個のチカラ」「発見・提案・改善」「圧倒的当事者意識」「やりぬく」

人財開発企業


ヤフーは、社員一人一人の才能と情熱を解き放ち、成長できる機会を増やす「人財開発企業」であろうとしています。すべての社員に無限の可能性があるという考えのもと、一人一人が経験から学び、成長につなげていくことを支援しています。社員の成長に合わせた能力開発を支援するために、さまざまな研修制度や育成制度を用意しています。



【1on1ミーティング】
上司と部下一人一人の1対1による週1回の対話の時間です。週に1回、最低30分の時間をつうじて、部下の直面している課題の解決や、目標達成への支援を行い、経験学習のサイクルを効果的に回す役割を果たします。

【ジョブチェン】
ヤフーのなかで新たな経験にチャレンジしたい場合には、この「ジョブチェン」という制度を利用し、異動することが可能です。ジョブチェンとは自己申告型の異動制度で、やりたいことにチャレンジし、成長や自己実現につなげられる機会として提供されています。

【社会人ドクター進学支援制度】
ヤフーでは社員が理系博士課程に進学する費用を、支援しています。週1日は研究日を取得することも可能です。ヤフーが定める11分野の研究領域について、研究成果を自社の人工知能技術やIoT、広告技術などへの導入、国内外の主要な学会での発表、他(ほか)の企業や研究機関との連携拡大につなげることを目的としたものです。

【HackDay】
24時間という限られた時間内で自由にアイデアを巡らせ、好きな技術を使って開発し、できあがったプロトタイプを発表するイベントが「Hack Day」です。年に2回行われ、冬のHack Dayは「Open Hack Day Japan」と称し、ヤフー社員や関係者だけでなく、一般の方も参加し、独創性・開発力を競い合います。社内外合わせて毎回300人以上の参加者を集め、ここから実際に世に出たものもあります。

働き方改革


ヤフーは、従業員の働き方のリズムを変え、オフィスがイノベーションを生み出す場所にしていきたいと考えています。 そんな新しい働き方を改革していくために、さまざまな取り組みをしています。






【フリーアドレス】
机をジグザグに配置したフリーアドレスで、普段接点のない人との偶然の出会いによるコミュニケーションを促します。それぞれの個性や才能、情報を共有して、新しいアイデアが生み出されやすい環境を作り、情報の集まる場所にしています。

【どこでもオフィス】
月に5日、在宅勤務という枠を超え、自宅でもカフェでもどこでも働くことができる制度。

【Yahoo! LODGE】
社外の方も入室できるオープンコラボレーションスペースとして、社外の方々との接点を増やし、ヤフーの社員と社外の方それぞれが持つ技術や情報、リレーションなどを掛け合わせ、“Co-Working(コワーキング)”を生み出す場所です。

【新幹線通勤】
月額15万円を上限とし、新幹線で通勤できる制度。


この企業に興味をもった方は他に以下のような企業にも興味をもっています。
  • 大日本住友製薬株式会社 /精神神経領域を中心に、革新的な新薬創出を目指す
  • エイムネクスト株式会社 /『仕組み』 と 『技術』 の コンサルティング会社
  • 株式会社ドリコム /with entertainment
  • 株式会社三次元メディア /目と脳を持った知能ロボットの会社
  • 電通アイソバー株式会社 /グローバルに展開するフルサービス・デジタルマーケティングエージェンシー
  • プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。