企業ロゴ画像

東京農工大学グローバルイノベーション研究院テニュアトラック推進機構

若手研究者の自立した研究環境整備、育成の推進

若手研究者の自立した研究環境整備、育成の推進

東京農工大学は、日本で先駆けてテニュアトラック制度を導入し、若手研究者の自立した研究環境整備の促進、若手研究者の育成に特に力を入れている大学として知られています。
採用されたテニュアトラック教員は受入部門に配置され、5年間の任期の中で、スタートアップ資金の配分、独立した研究スペースの配分、メンター教員の配置、外部専門家レビュー等各種育成策の実施、教育機会の提供、ライフイベントの際の支援、管理運営業務の負担軽減などの優遇措置を受けて自立した立場で研究を推進できます。
東京農工大学ではテニュアトラック教員全員分のテニュアポストを用意しており、教員ごとに外部委員を加え純粋な業績評価に基づいたテニュア審査を実現します。採用後3年目に中間評価を実施し、優れた業績を上げていると判断された場合には早期テニュア付与します。5年目にはテニュア審査を実施し、テニュア付与についての最終判断を行います。
これまでに累計96名のテニュアトラック教員を採用し、現在テニュアトラック教員、テニュアトラック経験教員を合わせて全教員の21%が在籍しています。テニュアトラック制度が全学的に定着、理解されており、また多くの仲間との交流もあります。
詳細は東京農工大学テニュアトラック推進機構Webサイトをご覧ください。
http://www.tenure-track-tuat.org/


プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。