企業ロゴ画像

コナミグループ

私たちコナミグループは、『価値ある時間』の創造と提供を通して、常に期待される企業集団を目指します。

『娯楽』と『健康』を軸に世界中に夢と感動を届けていきます


〜人々を魅了するコンテンツを創りだすか。市場の常識を変えるビジネスを展開するか〜 世界中で起きている技術革新や新たなビジネスモデルの出現により、世の中の常識が日々変化し、人々の価値観や生活も多様化していく中、コナミグループは『価値ある時間の創造と提供』を目指し、設立から40年以上にわたり様々な挑戦や変革の歴史を刻んできました。 その過程で培ってきた『娯楽』と『健康』を軸にしたビジネスやコンテンツ、多彩なノウハウは、これからも革新的創造を続けていく土台となっています。 独自に築かれた事業ポートフォリオを軸に、今後も無限の可能性に挑戦していき、世界中に夢と感動を届けていきます。

〜多くの人に喜んでもらえるゲームの仕事で尊敬する父と同じ技術者として成長したい〜


【プログラマー/6年目】

技術者である父をずっと尊敬していて、情報工学を研究していた大学院生の頃は、卒業後は技術者として就職したいと漠然と思っていました。私はゲーム以外にもギターや麻雀など、色々な趣味に手を出していたこともあり、興味を持ったのがエンタテインメント業界。ゲームの仕事は人に喜んでもらえて、かつ技術者としても活躍できるところが魅力的でした。
入社後は『ウイニングイレブン』を制作している部署に配属されました。メニュー制作のプログラム作業などを経て、その後はシステム・グループで働いています。アーティストの仕事がはかどるように便利なプラグインを制作したり、アーティストの効率的なワークフローを構築したりする仕事を担当していました。アーティストとプログラマーとの橋渡し橋的な存在といえる、テクニカルアーティストと呼ばれる職種の仕事です。他にもバージョンを管理する仕組みを制作したり、ゲーム内で再生する動画を制御するためのプログラムを作成したりする業務もしていました。近年においてはシステム・グループにDBシステムというチームが発足し、リーダーを務めています。私を含めた4名のスタッフでデータベースメインの仕事を行っています。

〜会社全体でワークライフバランスを重視〜


上司からよくいわれたのは、「問題を解決するためには、手段を選ばずに考えなさい」ということです。こういう風に解決しなければいけないといった答えはないので、苦しみながらいろいろな発想やさまざまな方向から手段を考えることが大切だと言われました。他にも、「特化した考え方に固執すると、さまざまな事例に対応できない。物事を抽象的に考えることも大切」といったことも教わりました。こうした考え方をいろいろと教えていただいたおかげで、自分自身で考えて解決することも自然に身につくようになったと思っています。
私はもともと技術的な解決スキルをもっと高めて会社に貢献したいという思いから、システムの仕事を志望しました。そこで制作したもの、あるいはその過程で得た知識には、部門を超え、社内という枠組みにおいても有用なものが存在すると思っています。今後は社内全体に還元できることをやっていきたいですし、さらには社外に対しても何らかの貢献ができるようになれると嬉しいです。例えば、成功事例をカンファレンスで発表できるような、そんなレベルの人材を目指したいです。
コナミグループの社風はフラットで、気兼ねなく意見を交わせる環境だと思います。また、ミスをしても怒られるというよりも、じゃあ今後はこうして対策していこうと提案して行動していく人が多いです。会社全体でワークライフバランスを意識して、職場環境を改善していこうという動きになっていますし、実際に私はここ数年、長時間残業をしたといった記憶はほとんどありません。休日などの勤務時間外に部署内で活動しているフットサルにしても、飲み会にしても自由参加ですし、こうした企業風土は大事にしていきたいです。

〜ゲームは多くの人を楽しませることができ、それが自分にとって大きな喜びになる〜


【ネットワークエンジニア/4年目】

メキシコの大学を卒業後、日本の大学院へ進学しました。子供の頃からKONAMIのゲームが大好きで、そのきっかけになった代表的なタイトルが『ダンスダンスレボリューション』。このゲームを体験することで、たくさんの友人ができたり、その友人たちと一緒に大会に出たりして、素晴らしい経験をたくさんすることができました。ゲームのおかげで私の人生が変わったといってもいいくらいです。始めはアーケードゲームで体験して、家でもプレイステーションで楽しみました。画面の中の言語が日本語になっていたり、日本の音楽が使われていたりして、そのうち日本にも興味が湧き、日本のゲーム業界で働きたいという気持ちが大きくなっていったのです。
大学院では情報工学を専攻し、ネットワークについて勉強しました。現在の仕事内容は、『e-AMUSEMENT』と呼ばれるKONAMIのアーケードゲームのネットワークサービスにおける、インフラの設計、構築、運用です。e-AMUSEMENTチームに配属されていて、コンテンツ用のサーバーを主につくっています。各コンテンツが扱うアプリケーションサーバーやデータベースサーバーなど、さまざまなサーバーをゼロからつくって、ゲームの開発者が使えるように整えています。

〜諦めないで前へ進むことができる、働きやすい環境が整っている〜


この仕事の醍醐味は、自分が関わったゲームを多くの人たちに楽しんでもらえることです。先日もゲームセンターに行くと、お客さまが笑顔になってゲームを楽しんでいました。『ダンスダンスレボリューション』をしていた二人は、一人がもう一人を教えながらずっと仲良く楽しそうにプレー。そんな姿を見ていると、二人の関係をつないでいるゲームに関わることができたのだと、大きなやりがいを感じます。
一方で仕事の難しさを痛感することもあります。IT業界の技術は日進月歩で、常に学んでいかなければいけません。特にネットワークは、プロトコルの内容が幅広くて理解するだけでも精一杯。実際の仕事では、ネットワークの機器の設定をひとつ間違えれば、全国にあるKONAMIの筐体がストップしてしまいますので、細心の注意が必要です。サーバーの設定ミスで、ゲームが動かなくなったなどの失敗は私にもあります。そんな時に頼りになるのがチームのメンバーです。仕事の悩みはもちろん、プライベートなことも気軽に相談にのってもらえますし、日本語が完璧でない私をサポートしてくれることもとても助かっています。
私の好きな言葉は、「Perseverancia(ペルセベランシア)」。これは私の母国語であるスペイン語で、何かやる時に前に進んで諦めないという意味です。これからももっと技術を学んで、ネットワークにおけるプロトコルなどを習得して、チームをサポートしていきたいです。そして、いつかは私の大好きな『ダンスダンスレボリューション』の開発にも関わりたいです。


この企業に興味をもった方は他に以下のような企業にも興味をもっています。
  • 株式会社フィックスターズ【東証一部上場】 /エンジニアが主役!最先端の「高速化」技術に囲まれて、高度なソフトウェア技術力を磨きませんか?
  • 日産自動車株式会社(NISSAN MOTOR CO.,LTD.) /「すべては一人ひとりの意欲から始まる」
  • スタディプラス株式会社 /「学ぶ喜びをすべての人へ」を掲げ、教育カテゴリNo.1アプリを展開する教育×ITベンチャーです
  • 株式会社サイバーエージェント /21世紀を代表する会社を創る
  • 日本電信電話株式会社(NTT研究所) /NTT研究所は世界をリードする研究開発により、新しいICT技術を創出します。
  • プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。