1. アカリクコンテンツ
  2. > アカリク生の声:内定者インタビュー

内定者インタビュー
就職活動開始時期と計画性が大切

総合電機メーカー 内定

研究分野 情報系

  

修士課程

G. F.さん

就職活動を始めたのはいつからですか?

就職活動を始めたのは修士1年の3月からです。

3月は説明会に参加、4月はエントリーシートの作成、5月6月は面接という流れで就職活動を行いました。説明会に参加するまでは自分がどういう業界で仕事をしたいかが決まっていませんでした。そこで、説明会に参加して話を聞き、様々な業界、業種について理解を深めました。そこから、自分が興味のあることややってみたいことを明確にして業界を絞り込んでいきました。3月下旬に志望業界の中でどの企業で働きたいかを決め、4月にエントリーシートを書いて提出しました。5月に入ると1次面接、2次面接が始まり、6月上旬に最終面接を受けて、内定をいただきました。

どのような軸で企業を見ていましたか?

「ものづくりをしている」「海外にも事業を展開している」「企業の雰囲気」を軸としていました。

普段生活していて自分が使用してきたものや多くの人が使用するものを自分でつくって社会や生活を豊かにしたいと思っていたので、そのようなものをつくっている企業を見ていました。また、より多くの人に自分のつくったものを使用してもらいたいと思っていたので、国内だけでなく、海外にも事業を展開している企業に魅力を感じました。説明会や事業所見学会に参加した際に社員の印象や職場の雰囲気を感じることができたので、企業の雰囲気も重視していました。実際にその企業に入社した際に、自分がきちんと仕事をこなすことができる環境であるかどうかを考えていました。

就職活動と研究の両立はどのようにされましたか?

休日を利用し、就職活動と研究を両立するようにしました。

就職活動前までは月〜金曜日に研究、土曜日、日曜日はアルバイトをしていました。就職活動を開始すると、研究との両立が難しくなってきたので、土曜日、日曜日のアルバイトの量を減らし、研究や就職活動することに時間を使うようにしました。説明会への参加やエントリーシートの記入など、研究の時間が減ってしまうので限られた時間の中で集中して研究を行うことを意識していました。面接の予定が急に入ってくることがあり、スケジュール管理が難しくなってくるので、余裕がある時に研究を進めておくことができれば就職活動と研究の両立ができるのではないかと思います。

就職活動の中で、一番努力したことはどんなことがありましたか?

エントリーシートの書き方と面接の練習です。

エントリーシートに関しては自分のやってきたことがきちんと伝わる書き方ができているかに注意しました。大学院生は自分が行ってきた研究に関して問われることが多く、専門分野でない人達に自分の研究を説明するので、分かりやすく説明することに苦労しました。また、どのような苦労したことがあってそれをどう乗り越えてきたかなど自分ならではのことを書くように意識していました。面接練習に関しては大学のキャリアセンターを利用して面接練習を行っていました。面接練習は1回だけではなく、何度も練習を行うことで1回目と比べて、自分の伝えたいことを伝えることができ、自信をつけることができました。練習を何度も行ったので本番の面接ではさほど動揺することなく話すことができました。

どのような内容で企業へ自己アピールをしていましたか?

計画的に物事を進めていくことです。

普段の研究を計画立てて実行していることをアピールしました。具体的には1週間ごとに何をするのかの計画を立てて実行し、週の終わりに今週行ったことをまとめるように心がけていました。しかし、いつも計画通りにいくわけではなく、新たにやらなくてはいけないことが増えた場合にはその時間を計算し、計画を立て直しました。はじめに立てた計画で研究を行っていなかった時間帯に時間を充てることによりはじめに立てた計画通りに物事を進めることができています。会社に入ればたくさんの仕事をこなさなければならないので計画を立てて実行していくことは役に立つ能力であることをアピールしました。

内定先への決め手は何でしたか?

自分のやりたいこととマッチしていたことと会社の雰囲気です。

業界の中でも内定先が自分のやりたいことと一番マッチしていてここで働きたいと思いました。事業所を見学した際に、職場の雰囲気や環境などがとてもよく、ここでなら楽しく働くことができると思いました。事業所見学で社員の方と話す機会があり、自分の就職活動や企業に対する質問などを聞いていただき、社員の方の印象もよかった点も決め手のひとつになりました。また、大学で学んできた知識や経験が企業で活かすことができるのではないかと思い、内定先を決めました。

就職活動の中で最も印象的なエピソードを聞かせてください。

リクルーターの方にたくさんアドバイスをしていただいたことです。

リクルーターの方に面接前にたくさんのアドバイスをいただいたことが印象に残っています。エントリーシートの書き方や面接の際に注意することなど、自分が疑問に思っていることや不安に思っていることを聞いていただき、アドバイスをいただくことができました。リクルーターの方とのやり取りはメールだけでなく、実際にお会いして話す機会を設けていただきました。話している時に「内定をとってほしいと思っているから頑張って」と言っていただき、内定をとることができるように実際に会う時間を設けていただいたと思い、頑張ろうと思ったことが印象に残っています。

就職活動をしている大学院生へのメッセージをお願いします。

就職活動開始時期と計画性が大切です。

就職活動を振り返ると就職活動をもう少し早くから始めていればよかったと思いました。私が就職活動を開始したのは3月でしたが、3月には国際学会に参加したこともあり、就職活動はあまりできませんでした。3月下旬になると周りの人達は企業研究が進んでおり、エントリーシートを書き終えている人もいたので自分は出遅れていると感じました。就職活動を早く始めることで余裕をもって就職活動できると思いました。エントリーシートをたくさん提出する人は計画性も大切だと思いました。締切日が決まっているので、いつまでに何をするのかを考えなければいけないこととスケジュール管理をきちんとする必要があると思いました。

アカリクでは、 修士・博士・ポスドクの方の就職活動を支援する「アカリク就活サポート」というサービスを実施しています。
キャリアアドバイザーによる就活相談や求人紹介により、皆様の就活をサポートいたします。
詳細・お申し込みは下記ページをご覧ください。
アカリク就活サポートのお申し込みはこちら

← 内定者インタビュー一覧に戻る

プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。