1. アカリクコンテンツ
  2. > アカリク生の声:内定者インタビュー

内定者インタビュー
長い目で見る就職活動:修士から企業研究員へ

IT系企業 内定

研究分野 言語処理系

  

工学研究科 電気電子情報工学専攻

K.Tさん

就職活動を始めたのはいつからですか?

学部3年のころからです。

興味や縁が重なり、IT系の企業紹介や説明会、ハッカソンなどに出向いていました。振り返ると、学部時の就職活動ではIT業界を知ることができたと思います。

そして修士進学後は、1年の4月頃から改めて就職活動を開始しました。 インターンや採用面談などの日程を考えると、良い時期に就職活動を開始できたと思います。

どのような軸で企業を見ていましたか?

言語処理を活かせる企業ということと、便利な世の中を目指すサービスを開発するという2点で企業を見ていました。

言語処理を活かせる企業を目指した理由は、研究する中で言語処理に魅力を感じたためです。 また、昨今の人工知能ブームで注目されていることから、実社会で求められている技術というのも魅力です。自分の価値が発揮できると考え、言語処理を活かせることを前提として就職活動を進めました。 便利な世の中を目指すサービス開発という軸は、すなわち企業のビジョンが自己と一致するかということです。 自分の持つ技術を活かして、どのような形で社会に影響を与えていきたいのか、という点を就職活動中に幾度となく自分に問いかけました。結果、便利な世の中を目指すサービス(当たり前を創造する、とも言える)という点を念頭におき、就職活動を進めました。

就職活動と研究の両立はどのようにされましたか?

短期集中の就職活動ではなく、長期の就職活動を行いました。

就職活動の時期とも関連しますが、周りを見ずに自分のペースで就職活動を進めるために、修士1年の4月から就職活動に取り組みました。これが功を奏して、焦ること無く計画を立てて就職活動と研究の両立を達成できました。

また、IT系特有のものとして、自身の研究成果やプログラムのソースコードを公開することが一つの就職活動でもあります。 研究をすることで就職活動が進むという良い循環が生まれたため、うまく活動を進めることができました。

就職活動の中で、一番努力したことはどんなことがありましたか?

自己の経験や考え、姿勢を伝えるために、話し方やプレゼン資料作りなど努力しました。

様々な活動に対して精力的に活動をしていると、すべての自分の頑張りを話したくなり、また認めていただきたくなるものです。 しかしながら、面談はほんの数分であるため、伝えたいことを絞る必要があります。何を話すべきかという点は、毎回の面談後に振り返っていました。自己反省を繰り返し、改善していくことで、振り返ってみると気がつけば伝わりやすくなっていたと感じています。

また、自己を多角的に見るために、企業の人事の人や技術者のかたと積極的に話しをしました。ざっくばらんとした会話と面接を繰り返すことで、自分の魅力を伝えることがうまくなったと思います。

どのような内容で企業へ自己アピールをしていましたか?

考えと実体験を織り交ぜた自己アピールをしました。

手が動く技術者であることと、継続してものごとに取り組むことをアピールしました。これは、研究活動やインターンシップに紐付けて説明ができます。

例えば、手が動く技術者である点の説明では、研究成果をツール化して公開していることを強くアピールしました。また、継続してものごとに取り組むことは、研究そのものであるため、自分の研究における問題解決や問題意識を語りました。最終的に、この実体験を抽象化してまとめることで、企業への志望動機とすり合わせができ、結果自己アピールとなりました。

内定先への決め手は何でしたか?

改めて振り返った際に、内定先で働きたいと思ったことです。

様々な企業から内定を頂いた際に、決め手は何かということを非常に悩みました。自己分析や企業研究が足りなかったのかなど、自責の念にもかられました。

ここであえて、どの内定先だと本当に働きたいと思うのか、すなわち自分の直観を信じることにしました。直観というのは、実際に企業を訪れて技術者のかたたちと話たり、そこで働く自分が想像できるかということです。

就職活動の中で最も印象的なエピソードを聞かせてください。

最終面接を1日に3社受けたことです。

正直、後悔しています。遠方からの就職活動だったため、1日に詰め込む必要がありました。たまたま最終面接が、重なってしまいました。

面接の内容や結果は、抱いていた不安とは異なり、良いものでした。しかし、何を話したか?やそもそも面接がどのような内容だったかという点について、既に忘却の彼方です。「一期一会」の言葉通りで、1回1回の面接を大事にするために、余裕を持った日程が必要だと思いました。

就職活動をしている大学院生へのメッセージをお願いします。

謙虚かつ自信を持つことです。

就職活動をしていると、こうあるべきだ論を始めとして様々な情報を目にします。自己の価値に自信を持てなくなり、就職活動に歪みやブレが生じ始めます。そうなったら、これまでの自分を振り返ってください。経験は事実ですから、嘘をつきません。

そうして面接や面談となれば、誇張することなく謙虚に、自分の取り組みや考えについて、自信を持って伝えればいいと思います。結果に関しては、自分と面接先企業の相性が良いか悪いかだけだと、私は考えます。

自分に合う良い企業と巡り会えるか。巡り会ったときに、自己アピールできるか。謙虚かつ自身を持ち、淡々と就職活動を進めていく。これに尽きると思います。

アカリクでは、 修士・博士・ポスドクの方の就職活動を支援する「アカリク就活サポート」というサービスを実施しています。
キャリアアドバイザーによる就活相談や求人紹介により、皆様の就活をサポートいたします。
詳細・お申し込みは下記ページをご覧ください。
アカリク就活サポートのお申し込みはこちら

← 内定者インタビュー一覧に戻る

プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。