1. アカリクコンテンツ
  2. > アカリク生の声:内定者インタビュー

内定者インタビュー就活中に様々なことを吸収できるように、肩の力を抜いて臨んでください!

自動車メーカー 内定

研究分野 経営系

修士課程

T さん

就職活動を始めたのはいつからですか?

修士1年の6月ころからです。

夏休み期間中に複数のインターンシップに参加しました。
12月まであまり深く考えずに、面白そうだと思ったインターンシップ、イベントに参加していました。
結局、きちんと就職について考えるようになったのは12月からです。
同じ研究室の同期から焦らされ、12月の企業別就職説明会を通して、
自分の就職の軸を決めていきました。

どのような軸で企業を見ていましたか?

「国外と関わること」「俯瞰してみれる仕事」を重視していました。

私は幼少期に海外に在住していたおり、国外の人と交流することを楽しいと感じていたため、
日本国内で終わる仕事ではなく、積極的に海外に進出している企業で働きたいと考えていました。
また、大学院から経営系の専攻に変更した時から、一つのことを極める仕事ではなく、
広い視野で関われる仕事をしたいと思っていました。
そして、就職活動でも俯瞰して仕事を行わないといけない生産管理などの職種を中心に見ていました。

就職活動と研究の両立はどのようにされましたか?

両立していませんでした。

就職活動を始める前から時間を取られることを覚悟していたので、
研究は冬休み前にある程度進めていました。
そのため、就職活動中は研究のことを忘れ、面接対策やESを書くことに専念していました。
内定が出てから、再び研究活動を再開しました。

就職活動の中で、一番努力したことはどんなことがありましたか?

ESの書き方です。

私は日本語で文章を書くことがとても苦手であるため、
研究室の同期や先輩に何度もESを見てもらいました。
ESの提出期限があるため、内容についての抜本的な指摘と
文章の表現方法を並行して訂正しなければならならず、
夜通しでESを書くことがとても辛かったです。

企業への自己アピールはどのような内容をしていましたか?

1.幼少期の海外渡航経験、留学経験による多様な考え方を持つ人との交流経験
2.学部時代の工学部電気系から大学院で経営系に専攻を変えたこと
をアピールしました。

1.ですが、グローバル化していく世の中で世界の人と
うまくコミュニケーションを取る能力があることをアピールしました。
TOEICの点数は書類で書いているので、英語能力ではなく、
「多様な考え方を持つ人に対してのコミュニケーション能力」のみにフォーカスして話しました。

2.ただレールの上に乗っている人生ではなく、自分を常に見直し、
考え、そしてきちんと行動に移せる人間であることを伝えました。

内定先への決め手は何でしたか?

内定先の製品群と自分が将来開発したいものが一致していたためです。

就職活動を始める段階から内定先の企業には惹かれていたため、ここしかないと考えていました。
他社の企業研究、選考を受けましたが、あくまでも落とされた時のリスクを考慮したものであって、
将来の自分のなりたい姿を思い浮かべた時に内定先がベストの選択肢だと考えました。

就職活動の中で最も印象的なエピソードを聞かせてください。

初めての面接で「どういう軸で企業を選んでいるか」という質問に
「自分が幸せになれる企業を選んでます」と答え、当然ながら、落とされたことです。

関心が低い企業であったため、軽い気持ちで選考を受けてしまいましたが、
就職活動におけるオーソドックスな質問にも答えられない自分に気付かされました。
この経験を経てきちんと自己分析をするようになりました。

就職活動をしている大学院生へのメッセージをお願いします。

肩の力を抜いて就職活動をしてほしいです。

就活フェアをやってるから、説明会でお寿司がでるから、図書券がもらえるから、
そんな気楽さで良いと思います。
特に就職活動初期の段階では、全く興味がない業界の話を聞くのも面白いです。
無意味で時間の無駄と思う人もいるかもしれませんが、
業務に興味がなくても働いている人にすごく惹かれて、
自分はこういう人と一緒に働きたい!こういうライフスタイルを送りたい!
など予想外の発見が多々あるかもしれません。

アカリクでは、 修士・博士・ポスドクの方の就職活動を支援する「アカリク就職エージェント」というサービスを実施しています。
就職支援コンサルタントによる就活相談や求人紹介により、皆様の就活をサポートいたします。
詳細・お申し込みは下記ページをご覧ください。
アカリク就職エージェントのお申し込みはこちら

← 内定者インタビュー一覧に戻る

プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。