1. アカリクコンテンツ
  2. > アカリク生の声:内定者インタビュー

内定者インタビュー【特別版】

 物理のポスドクから数値シミュレーションを行う企業へ転職した方からのメッセージ
 

解析系企業 内定

研究分野 物理系

ポストドクター

Kさん

※今回はアカリク就活サポートを利用して転職を決められたポストドクターの方から
 メッセージが届きましたので、特別版として掲載いたします。

ポスドクの転職活動とアカリク

アカリク就活サポートには大変お世話になりました。

研究が一番忙しい時期に転職活動を始めてしまったので、マッチングしやすい企業に絞った紹介や限られた日程の中で面接調整をしていただいて本当に助かりました。

いい会社に巡り会えて内定をいただくことができたのもキャリアアドバイザーの十五(とうご)さんのおかげだと思っています。

ポスドクは思っていたほどは企業に毛嫌いされてない

ポスドクからの転職でしたので「博士ということで毛嫌いされている部分も多少あるかな」と思っていたのですが、実際に選考に進んでみると思っていたほどには企業の風当たりは強くなかったという感じがします。

もしかしたら、アカリクから紹介していただく企業は博士やポスドクの採用に対してアレルギーのないところが多いということなのかもしれません。でも、もし「ポスドクは企業で評価されない」と考えて転職をためらっているポスドクの人がいるなら「思ったよりも間口は広いよ」と言ってあげたいですね。

ポスドクは社会人としての常識に欠ける!?

転職活動をする中で何回か企業の社長たちと話すことがあったのですが、そこで「日本のポスドクにはあまりにも社会人としての常識に欠ける人が多い」と話をうかがうことが少なからずありました。確かに周囲を見ていると、我が強いといいますか…きっと「企業の考え方に対して歩み寄ろうとしないだろう」と思われる人が一定数いるのも事実です。

ただ自分で言うのもアレなのですが、私はこうした部分では他のポスドクの人たちほどこだわりはなく、対応力があるタイプなので、もしかしたら面接が思ったよりもすんなり通ったのはそこが大きいのかもしれません。

どうやって社会人の常識を身につけるか。

しかし社会人の常識というのも、ただ研究をしていて身に付くようなものではありませんから…まぁ難しいですね。

考えられるのは、できるかぎり研究室に閉じこもらず、民間企業でのアルバイトを経験したり、趣味つながりで学外の人と交流したり、ボランティアに参加したりと、意識的に社会と関わりを持っていく姿勢を大切にすることでしょうか。

しかしそうすると今度は本業の研究に向かう成分が少なくなり、なかなか実績があげられなくなってしまうというプレッシャーにさらされます。ポスドクの悩みというのはこうした研究特有の事情に起因する部分が大きいのかもしれません。

最後に

この日本にはポスドクのことをしっかり見てくれる企業は数多くあります。企業の人が言う「社会の常識」とはかけ離れた環境下で日々研究をしているポスドクですが、少し「外の空気を吸う」ことを意識することで自ずと道は開かれると思います。

迷ったときは是非アカリクのキャリアアドバイザーさんにご相談を(笑)

アカリクでは、 修士・博士・ポスドクの方の就職活動を支援する「アカリク就活サポート」というサービスを実施しています。
キャリアアドバイザーによる就活相談や求人紹介により、皆様の就活をサポートいたします。
詳細・お申し込みは下記ページをご覧ください。
アカリク就活サポートのお申し込みはこちら

← 内定者インタビュー一覧に戻る

プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。