アカリクイベント

「アカリクイベント」では、大学院生(修士・博士)、ポスドクを中心とした
各種就職活動イベント・合同企業説明会・セミナーをご案内しています。

博士対象限定セミナー
~製薬会社での活躍・働き方を研究職社員に聞いてみよう!~


  特別セミナー   2019年新卒対象
協和発酵キリン株式会社 博士対象限定セミナー ~製薬会社での活躍・働き方を研究職社員に聞いてみよう!~

概要

主催

協和発酵キリン株式会社
開催日時
2018年1月6日(土):東京
①10:00~12:30 ②14:00~16:30
※①②のいずれかのご参加、事前予約制となります。
開催場所
TKPガーデンシティ御茶ノ水 カンファレンスルーム3C
対象
理系専攻、博士課程を2019年3月修了見込で、製薬会社の研究職希望の方
※修士課程、学部生対象の説明会は別日程にて開催予定です。
予約締切
2018年1月4日(木)
※応募者多数の場合、早期に受付を終了する場合があります。
応募方法
下記の各日程に対応した参加申し込みボタンよりご応募ください。

お申し込み

10:00~12:30
※定員:100名

14:00~16:30
※定員:100名

「協和発酵キリン株式会社」とは

協和発酵キリンは、抗体医薬、低分子医薬、核酸医薬、ならびに再生医療を核とした研究開発を通じて、「腎」「がん」「免疫・アレルギー」「中枢神経」の各カテゴリーを中心に革新的な新薬の創出に取り組んでいます。
なかでも抗体医薬品の開発においては、「ポテリジェント技術」や「ヒト抗体作製技術」など、世界が注目する新技術を生み出しています。

これらの先進テクノロジーを融合させることで画期的な新薬を継続的に創出し、研究・開発・製造から販売までグローバルに展開することにより、世界中の人々の健康と豊かさに貢献できる、日本発のグローバル・スペシャリティファーマを目指します。

詳しくはこちら

タイムテーブル(各回共通)

会社概要説明 15分
研究所紹介 20分
各研究員自己紹介 36分(6分×6名)
各研究員との
質疑応答
60分(15分×4回)

参加予定の研究員のプロフィール

化学研究所
1997年
薬学部薬学研究科

低分子医薬品の合成研究からスタートし、現在はケモインフォマティクス(化学情報解析)に代表されるデータサイエンスを活用する創薬研究に従事しています。学生時代に培った基礎知識と会社での実践的な知識や経験の積み重ねにより総合的に"薬のモノづくり(創薬)"を見ることができるようになりました。当社は専門的な研究に注力するだけでなく、幅広い知識や経験、挑戦する機会が待っている会社です。

バイオ生産技術研究所
2015年
薬学府・創薬科学専攻

入社から現在に至るまで、バイオ医薬品の精製プロセス開発に従事しています。本研究は細胞等から作られたタンパク質医薬品に対してクロマトグラフィー等の技術を用いて、人に投与できるまで「磨いていく」仕事です。また恒常的に医薬品を生産するためのプロセスを作る大切な研究です。
研究所のある高崎地区は年々建物が竣工し、人も増え活気ある地区になっていますので、その魅力をお伝えできればと思います。

腎研究所
2016年
理学系研究科生物科学専攻

学生時代はサメの腎臓の研究をしていました。入社後は、動物が変わってラットの腎臓を用いて、腎疾患治療薬の研究を行っています。
大学院で行ってきたことだけでなく、入社してからも様々な実験に携わることで、学ぶことが多くありました。また、学会等に参加し、新テーマの創出のための情報収集を行う機会もありました。成長できる機会が多く、研究を進めていくことにやりがいを感じられる会社で働くことができて、幸運であったと思っています。

CMC研究センター 分析グループ
2002年
理工学研究科 基礎理工学専攻

入社直後は薬物動態研究所に配属され、新薬が1日何回服用すれば効果を示すかを研究していました。4年目からは製剤研究所(現CMC研究センター)に異動し、化合物がどのように溶けてヒトに吸収されるかを研究しました。現在は、化合物が錠剤やカプセル等に形作られる「モノづくり」の部署で治験薬の分析をしています。生産本部は「モノづくり」の醍醐味が詰まっている部署だと思います。

創薬技術研究所
2001年
農学部、農学生命科学研究科、応用生命工学専攻

学生時代は生化学研究を行っており、各種タンパク質を精製して機能解析を行っていました。タンパク質そのものを医薬品として活用する抗体医薬に興味を持ちKHKに入社しました。その後核酸医薬の研究も行っています。やる気があれば、枠にこだわらずに自分の研究分野を広げられたり、現場からのテーマ提案が比較的通りやすい環境だと思いますので、自立した博士研究者には良い環境だと思います。

創薬基盤研究所
2008年
理学研究科生物科学専攻

2008年入社以来、静岡と東京の両リサーチパークで、核酸医薬/DDS(Drug Delivery System)研究に一貫従事。「ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、新しい価値の創造により、世界の人々の健康と豊かさに貢献する」協和発酵キリンだからこそ最先端の研究を続けられるのだと思います。そんな協和発酵キリンの魅力をお伝えしたいと思います。

プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。