アカリクイベント

「アカリクイベント」では、大学院生(修士・博士)、ポスドクを中心とした
各種就職活動イベント・合同企業説明会・セミナーをご案内しています。

アカリクITイベントとは

”積極的なアピールで充実した就活を!”

アカリクITイベントを知ったきっかけ、
アカリクITイベントに参加しようと考えた理由について教えてください。

私は、大学の研究室の友人にアカリクを紹介してもらいました。紹介してもらったのは、10月の終わりぐらいで、その時点では就活を始めようという意識は薄かったのですが、元々興味のあった企業が多くイベントに参加しており、参加しよう!とすぐに決断しました。また、私が今まで大学で取り組んできた開発活動をアピールできると知って、これは参加するしかない、という意識がますます強まりました。

       
イベント参加前にどのような準備をしましたか?

事前準備時のアカリクの方々の丁寧さには、驚きました。当日発表予定のプレゼン資料だけでなく、企業の方々も目を通すプロフィールシートの添削や、当日の挨拶の仕方、名刺の渡し方など、詳細にご指導くださったからです。

       

プロフィールシートは、言葉の言い回しのチェックだけでなく、このポイントをもっと強調するとよい、といったアドバイスまでしてくださり、学生のために本気で見てくれているのだな、と強く感じました。プレゼンのチェックでも、文章の書き方や、図の挿入の仕方をアドバイスしていただきました。また、プレゼンをリハーサルする場でも、私の行っている研究がどのようなものか、といった本番さながらの質問をして下さり、技術系のイベントのライトニングトークの場に立っているような気持ちで練習することができました。

        

大学の研究室に所属していても、ここまでの指導はなかなかしてもらえません。むしろ研究室側は、就活関連についてはほぼノータッチの場合が多いです。そのため、とても丁寧に指導してくださったことは、とても嬉しかったですし、後々の就活においてもとても役立ちました。

       
イベント当日の様子について教えてください!

私は情報デザインの分野に関心があり、その中でも情報可視化についての研究をしています。今回参加したイベントでは、大学に入学してから作ってきたシステムの中で、特に情報デザインの要素が強いものについてプレゼンしました。

        

プレゼンの際には、まずどういうモチベーションからシステムの開発をしようと思ったのかを述べ、次に作ったシステムのどこが優れているのかを、デモを交えながら説明していきました。例えば、私は普段から音楽を聴くことがとても好きで、様々な音楽ジャンルのジャンル同士の関係の深さにとても関心があったため、それぞれの関係性を一度に見ることができるような視覚的ツールを開発した、という経験がありました。説明の際にも、このようなシステム開発に対するモチベーションから入り、ツールのデザインへのこだわり、特別なライブラリを使わずにプログラムを組んでいること、自動描画の強みなどをアピールしました。

        

上記の例も含め、私が今までに開発してきたビジュアルシステムについて話したところ、Acroquest Technologyやmixi、DeNA、NEXTの方々に、システムのビジュアル面の良さ、デザインの良さをとても褒めていただきました。私の研究分野は日本ではあまりメジャーではなかったので、自分の開発したシステムが認めてもらえたと思える、嬉しい出来事でした。また、研究やシステムデザインなどについて議論がはずむ場面も多々ありましたし、研究のためのアドバイスをいただく場面もありました。マーケティング分野に応用できるシステムを紹介した時に、このシステム導入してみたいね、と言って下さった際には、気分が高揚したと同時に、研究へのモチベーションも上がりました。

        

空き時間には他大学の学生とふれあう機会もあり、自分たちの研究について熱く語り合っていました。実際にデモを持ってきている人もいたため、実際にデモを見せ合いながらさらに熱い議論が繰り広げられることもありました。このイベントで知り合った学生とは就活を終えた今でもつながりがあり、メールやソーシャルメディアで連絡を取り合って、お互いの研究のことなどについて話をしています。

        

企業とのつながりだけでなく、他大学の学生とのつながりもでき、とても有意義なイベントでした。

       
イベント参加後、企業に対してどういったアクションをとりましたか?

イベント参加後には、お会いした企業の方々とメールでやりとりし、イベントの場では聞ききれなかったことを質問したりしていました。また、メールでのやり取りをする中で、「会社を見学しにきませんか?」といったお誘いもいただきました。会社説明会以外で企業を見学できる機会はめったにないので、このようなお誘いは、企業と学生の距離が近いこのイベントならではのことだなと感じました。

        

実際に訪問した際には、人事としてのキャリアが長い方やイベントでお会いできなかったエンジニアの方とお話しして、ときには熱い議論を交わすなど、とても有意義な時間となりました。その後、会社説明会や選考に進んだ際も、説明会や選考の前後に、イベントでお会いした方が声をかけてくださり、「前紹介してもらった研究の内容がおもしろかったので、もし次回訪問時に時間があれば、別のエンジニアともお話しませんか?」といったお誘いをいただくこともありました。普通に就活をしていたら、このような機会は絶対に持てなかったと思います。

        

このように企業の方と密にコミュニケーションがとれたこともあり、選考もスムーズに進めることができました。これもイベントに参加して、企業の方々と議論する機会があったからこそだと思います。

       
さいごに

イベントに参加したことで、自分の今までの活動をアピールすることにも自信が持てるようになりました。アカリクのイベントを通し、積極的に活動したからこそ、今の自分があると思います。後輩達にも、ぜひアカリクを積極的に活用していって欲しいです。

プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。