アカリクイベント

「アカリクイベント」では、大学院生(修士・博士)、ポスドクを中心とした
各種就職活動イベント・合同企業説明会・セミナーをご案内しています。

【アカリクFFP】グラント・ライティング講座

  アカリクカレッジ   大学院生全学年
【アカリクFFP】グラント・ライティング講座

イベント概要

開催日時
【Vol.1】2020年10月3日(土) 13:00 ‐ 17:00
【Vol.2】2020年11月10日(火) 13:00 - 17:00
開催場所
オンライン開催(Zoom)
参加費
無料
参加条件
■申し込み時点で大学院生(修士・博士)であること(学年や分野等は不問)
■日本学術振興会の特別研究員制度(DC/PD)へ申請する予定であること
□当日までに非専門家が読む想定で申請書または研究概要書をご作成ください(提出不要)

※お申し込みにはアカリクWEBへのご登録が必要となります。
定員
各回90名

お申し込み

イベントの特徴

【グラント・ライティングとは?】

研究費を始めとする「助成金」を得るために求められる文章作成の考え方や技術のことを意味します。

学振DC・学振PDの応募件数に対する採択率は20%以上ありますが、有資格者に対する採択率は3%程度です。また、学振より採択件数の多い科研費の「若手研究」でも、有資格者に対する採択率はわずか6%と、実は若手研究者も熾烈な競争に巻き込まれています。

今回は「日本学術振興会特別研究員」への応募を題材として実施いたします。

グラント・ライティングは研究者として必須の技術ですので、この機会にぜひ講座へご参加ください!

【プログラム】

1.趣旨説明、講師紹介
2.「グラント・ライティング」とは何か?
3.申請書作成で抑えるべきポイント
4.具体的な添削例
5.質疑応答

今回の講座は「初めて学振DC/PDに申請する方」を念頭においた入門講座として実施いたします。

具体的な添削例を示すよりも、申請書を作成する際の考え方や観点などを重点的にお話いたします。

【講師紹介】

永﨑 研宣(ながさき きよのり)氏
(一般財団法人 人文情報学研究所 主席研究員)

日本におけるデジタル・ヒューマニティーズ(人文情報学)の振興に尽力されている現役の研究者です。
長年にわたり大学で「グラント・ライティング」の授業も担当されています。

<ご経歴>
東京大学大学院人文社会系研究科 講師(非常勤)
筑波大学大学院人文社会科学研究科 講師(非常勤)
国立国会図書館 研究員(委嘱)
日本デジタル・ヒューマニティーズ学会理事会 Co-opted
日本デジタル・ヒューマニティーズ学会論文誌編集委員 他

元・東京大学大学院情報学環 特任准教授(非常勤)

(参照:http://www.dhii.jp/nagasaki/

FAQ
  • Q1. 学振に応募すると決めていませんが、参加可能ですか?

    A1. 人数制限があるため実際にご応募される方にご参加いただきたいと考えております。したがって、今後ご応募される可能性が少しでもある方はぜひご参加ください。


  • Q2. 当日参加は可能ですか?

    A2. 事前申込者限定のイベントとなります。当日参加はいただけませんので参加ご希望の方は「参加申し込み」ボタンよりお申込みください。なお、定員に達した時点で申込受付は終了いたします。ご了承下さい。


  • Q3. 当日の服装は私服でも参加できますか?

    A3. 私服で問題ありません。長時間の講義となりますので、リラックスできる服装でご参加ください


  • Q4. 講義中の途中入場や途中退場はできますか?

    A4. 基本的にはご遠慮いただいておりますが、やむを得ず途中入退場を希望される場合には個別にご相談ください。


  • Q5. 参加にはカメラやマイクが必要ですか?

    A5. カメラやマイクは必須ではありませんが、口頭で質問したい場合はご用意ください。ご質問は当日Zoom上のチャットまたはQ&Aでも受け付けます。


  • Q6. 予約をキャンセルすることはできますか?

    A6. 【アカリクイベント】にログイン後、【申し込み状況確認】画面にてキャンセルが可能です。


プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。