アカリクイベント

「アカリクイベント」では、大学院生(修士・博士)、ポスドクを中心とした
各種就職活動イベント・合同企業説明会・セミナーをご案内しています。

【リクルートコミュニケーションズ(RCO)×アカリクTech Talk】
Don’t be a Manager, Write Code!!


  イベント   全学年対象
【RCO×アカリクTech Talk】Don’t be a Manager, Write Code!!

イベント概要

開催日時
2018年2月17日(土)13:00~16:15
開催場所
グラントウキョウサウスタワー
参加費
無料
大学院生の方は、アカリクWEBへのご登録が必要となります。
遠方(東京・神奈川・埼玉・千葉以外の地域※国内に限る)よりお越しの方には交通費を支給いたします。

開催内容

アカリクTechTalkとは?

様々な技術トピックや業界、職種についてテーマを設定し、現場で働かれているエンジニアさんから
「実際のところ」をトークセッション形式で聞けるイベントです。

昨年に引き続き、今年も開催される『RCO×アカリクTechtalk』


世界に通用するトップレベルのエンジニアを志す、全ての学生におくるエンジニア勉強会。

RCOの仕事を例に、アカデミックにも、ビジネスにもトークを展開します。

RCO(リクルートコミュニケーションズ)とは?

私たちRCOは、就職転職・住宅・結婚・進学というライフイベントと、飲食や美容、ECというライフスタイルにおいて、リクルートグループが展開する全ビジネス領域を横断する多機能会社。 RCOが持つ機能や役割は広く、クライアントへの集客ソリューションから、ITを基軸とデジタルマーケティング、リクルートメディアの制作・宣伝・PR・流通・カスタマーサービスまで、クライアントとカスタマーをつなぐマーケティングコミュニケーション活動を一気通貫で支援します。

エンジニア業務内容紹介

RCOアドテク部(エンジニア組織)では、リクルートのWEBサービス開発から、近年アドテクノロジー領域のサービスやプロダクトの開発へ転向。

エンジニアは広告配信の自動最適化などマーケティングテクノロジーの技術開発に注力。

これに伴い、エンジニアのレベルアップも不可欠であり、最適化ロジックやアルゴリズムを創出・実装するスキル、数理科学やコンピュータサイエンスの知識知見が求められます。

最先端の技術を用いて、リクルートグループならではのビジネス領域において、膨大なデータ群を掛け合わせ、様々な手法を通じてマーケティング効果の最大化を目指し、ひいてはビジネスにおけるエンジニアの価値最大化を実現します。

登壇者情報

ファシリテーター RCO ICTソリューション局 エンジニア広報
腰高 里奈
トークトピックス【1】 「RCOとエンジニア組織の紹介」
RCOという会社の概要とどういったコンセプトで組織作りをしているかのお話をします。
登壇者 RCOアドテクノロジーサービス開発部 部長:大石 壮吾
登壇者の自己紹介 2001年リクルートグループ中途入社。エンジニアとして入社後、WEBサービスの開発、新規事業開発などの経て現職。リクルートコミュニケーションズにてエンジニア部長を担当、グループ会社のリクルートライフスタイルでデータエンジニアリンググループのGMも兼任。
トークトピックス【2】 「Practical Data Engineering.-データ分析を進化させる取り組み-」
RCOには、データ分析を効率的に進めるための仕組みがあります。 アドホック分析から実システムへの移行、複雑なパイプライン処理の実装を簡易にするライブラリなどの話をします。
登壇者 RCOアドテクノロジーサービス開発部 エンジニア:秋庭 伸也
登壇者の自己紹介 2015年、修士卒で、新卒入社。 アドテク部にて、新規分析案件の開発や、アドホックな分析に携わっている。 よいプロダクトコードが書ける分析者を目指し、日々の業務に取り組んでいる。 TGIF(社内技術勉強会)や、English Day(英会話)などのイベント運営も担当。
トークトピックス【3】 「エンジニアリングの価値をビジネス価値につなげるプロダクト開発について」
RCOの開発しているプロダクト群について、その概要(どういうものか、なぜつくったのか)と提供価値の紹介をします。そちらを通じて、技術優位性が高くエンジニアとしての価値発揮が利益(給料)につながる“プロダクト開発”と、エンジニアをとりまく“ひと”について伝えたいと思います。
登壇者 RCOアドバンスドプロダクト開発部 プロダクトマネージャ:舟橋 渡
登壇者の自己紹介 2013年、中途入社。人と情報のマッチングへの関心から、入社以来アドテクノロジー分野において広告配信システム、DSP、アドサーバ等のマーケティングプロダクト開発を推進。最近は成熟フェーズに入りつつあるプロダクトのマーケットを広げるための次の一手を検討しつつ、エンジニアリングを活かして優位性を築ける、かつ自分がおもしろがれる新規ビジネスシードをさがし、スモールなサイドプロジェクトをまわし続ける日々。
トークトピックス【4】 「多種多様なエンジニアの活躍どころとは?」
RCOには新卒/中途に関わらず、特定のスキルを突き抜けて高めていくプロフェッショナル型、また幅広いスキルを組み合わせることで価値を発揮するジェネラリスト型など、様々な種類のエンジニアが在籍しています。私達が日々取り組んでいるビジネス課題について、主に技術を武器に(技術でぶん殴って)解決するエンジニアがどのように活躍しているのか?を紹介していきます。
登壇者 RCOアドテクノロジーサービス開発部 
エンジニアマネージャ兼プロダクトアーキテクト:阿部 直之
登壇者の自己紹介 2011年、エンジニアとして中途入社。アドテクノロジー分野でのデジタルマーケティングプロダクトの立ち上げメンバーとして、働く中でプロダクト開発プロセス改善なども担当し、その延長としてのエンジニア組織のスループット向上を目指してマネージャへ。同時に技術観点からのプロダクト開発長期計画検討なども担当。

イベントの詳細

状況 受付中
入場料 無料(懇親会参加費も無料)
※遠方(東京・神奈川・埼玉・千葉以外の地域※国内に限る)よりお越しの方には交通費を支給いたします。
参加対象 授業・研究・趣味などでプログラミング経験があり、コンピュータサイエンス・データサイエンスに興味・関心がある、エンジニアキャリアを志望する大学生/大学院生(修士・博士)(お申込み多数の場合は19年度新卒の方を優先とさせていただきます)
定員 30名 ※応募者多数の場合、抽選とさせていただきます。
イベント形式 1. 最初に各登壇者の方に簡単な自己紹介をしていただきます。
2. 登壇者より、各トピックについて講演をしていただきます。
3. 座談会形式のフリートークでは、軽食を交えながらざっくばらんに登壇者の方々と交流いただけます。

タイムスケジュール

  
12:40-13:00 受付開始
13:00-13:05 事前説明
13:05-13:25 トークトピックス【1】
13:25-13:45 トークトピックス【2】
13:45-13:55 休憩
13:55-14:15 トークトピックス【3】
14:15-14:35 トークトピックス【4】
14:35-14:50 休憩・軽食
14:50-15:10 座談会形式フリートーク(質疑応答) 1ターン目
15:10-15:30 座談会形式フリートーク(質疑応答) 2ターン目
15:30-15:40 案内事項アナウンス・アンケート記入~イベント終了
15:40-16:15 フリータイム~退出(※イベント終了後は、御帰りいただいても、残って話をしていても構いません。)

FAQ
  • Q1. プログラミング未経験者なのですが、参加可能ですか?

    A1. 授業・研究・趣味などでプログラミングを経験していることが参加条件となっております。
    申し訳ございませんが、ご参加いただけません。


  • Q2. 当日参加は可能ですか?

    A2. 当イベントは事前申込み制です。当日の御参加はご遠慮ください。


  • Q3. 当日の服装は私服でも可能ですか?

    A3. 当日は私服で大丈夫です。


  • Q4. イベント中の途中入場・途中退場は可能ですか?

    A4. 基本的にはご遠慮頂いておりますが、止むを得ず途中入退場を希望される場合は個別にご相談ください。


  • Q5. 申し込みをキャンセルしたいのですが。

    A5. 【アカリクイベント】にログイン後、【申込状況確認】画面にてキャンセルが可能です。


プライバシーマーク 株式会社アカリクは「プライバシーマーク」付与事業者として認定されています。