企業情報

一般財団法人 日本気象協会

一般財団法人 日本気象協会

1950年に創立した日本気象協会。以来、日本の気象コンサルティングサービスのパイオニアとして、気象情報の提供を行ってきました。近年では、世界規模で気象が激甚化し、民間気象会社が果たすべき役割の重要性も高まってきています。
日本気象協会では、AIやIoT、気象ビッグデータを活用し、気象の調査解析、情報提供の精度を向上させ、気候変動への緩和や適応など持続可能な世界を実現する活動を支援しています。「伝統と革新」をモットーに、データ×気象で、日本の未来を支えてまいります。
    • 世界が注目するデータ、 君ならどう使う?

      全国各地の交通データと気象データを分析し、安全運転を支援する職員がいる。農作物の育成条件とその土地の10年後の気象予測を組み合わせ、気候変動の適応策を練る職員がいる。ある職員はSNSの投稿データと気温の関連性から、様々な業界の商品需要予測を立て、また別のある職員はAIによる解析でこの国の防災レベルを高めている。

      日本気象協会。ここには、いわゆる「天気予報」の枠を超えて活躍する職員たちがたくさんいる。ここには、南北に長く、四季があり、自然災害も多い日本だからこそ収集できる、世界が注目するような多種多様かつ膨大な「データ」がある。

      人々の命を守るため より便利で、豊かな暮らしを実現するため あらゆる業界の企業のビジネスを支え、新たな価値をともに創っていくため 気象のプロとして、データのプロとして、世界が注目するデータを、あなたならどう活用し、どのような未来を描くだろう。

エージェントに相談しますか?

TOP