企業情報

九州大学 応用力学研究所 自然エネルギー統合利用センター エネルギー変換工学分野
研究開発

九州大学 応用力学研究所 自然エネルギー統合利用センター エネルギー変換工学分野

環境・エネルギー問題の対策として、二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーによる発電と、発電した電気を無駄無く利用することが重要です。電気エネルギーを有効利用するパワーエレクトロニクスという分野があり、そこに用いられる半導体デバイスをパワーデバイスと呼びます。本研究室では、低炭素社会の実現に向けてパワー半導体デバイスの研究開発を行い、新たな電力ネットワークの創生を目指しています。
    • 即就業 2022/06/28 公開

      学術研究員の公募(パワーデバイス)

      NEDOプロジェクト「省エネエレクトロニクスの製造基盤強化に向けた技術開発事業・新世代パワー半導体の開発・大口径インテリジェント・シリコンパワー半導体の開発」におけるインテリジェントパワー半導体の研究にて、当研究室が取り組んでいる研究は、パワーデバイスのデジタルゲート制御とパワーモジュールへの集積技術を開発するものです。そのため、パワーモジュールの設計、試作、評価に取り組む研究員を募集します。

エージェントに相談しますか?

TOP