企業情報

広島大学 脳・こころ・感性科学研究センター 及び BMKデジタル脳科学ラボ
研究開発 教育・調査 その他サービス

広島大学 脳・こころ・感性科学研究センター 及び BMKデジタル脳科学ラボ

脳・こころ・感性科学研究センターは、広島大学における「脳・こころ・感性」に関する中核研究施設となっており、感性のネガティブからポジティブまでの脳科学の研究、教育(人材育成)、産学連携(社会実装)を展開する、世界でオンリーワンのグローバル拠点です。

デジタル脳科学ラボは、最先端の応用脳科学研究を実施し、産学連携を促進するミッションを担っています。脳科学技術の実社会応用の志に根ざして、最新のデジタル技術を駆使して応用脳科学の知見と技術を検証・応用を目指しています。私たちは主に首都圏のあらゆる分野の研究者や企業との共創を通じてソフトウェア・ハードウェア双方の開発を進めています。私たちの研究範囲は学際的で、臨床・発達認知神経科学、精神医学・小児医学・神経医学から情報学やシステム工学まで多岐に渡る研究開発を進めています。
    • 「脳・こころ・感性」に関する中核研究施設

      感性脳科学の研究および教育を推進するとともに、健康、医療、教育、ものづくりへの社会実装を展開する企業との産学連携を積極的に推進しています。
    • BMKデジタル脳科学ラボ

      BMKデジタル脳科学ラボは東京をベースとする広島大学 脳・こころ・感性科学研究センター(BMKセンター)のサテライトラボです。私たちは”感性”をヒトの感情や認知能力などを統合した精神心理表象と捉えて、心理学や認知神経科学の幅広いトピックを対象に学際的な研究をしています。
      本研究室(通称「東京ラボ」)は、最先端の応用脳科学研究を実施し、産学連携を促進するミッションを担っています。脳科学技術の実社会応用の志に根ざして、最新のデジタル技術を駆使して応用脳科学の知見と技術を検証・応用を目指しています。私たちは主に首都圏のあらゆる分野の研究者や企業との共創を通じてソフトウェア・ハードウェア双方の開発を進めています。私たちの研究範囲は学際的で、臨床・発達認知神経科学、精神医学・小児医学・神経医学から情報学やシステム工学まで多岐に渡る研究開発を進めています。

エージェントに相談しますか?

TOP