企業情報

株式会社 牧野フライス製作所

株式会社 牧野フライス製作所

【東証一部上場】
デジタルサービスを自社開発するグローバルな(海外売上比率74.6%)工作機械メーカです。

工作機械産業はグローバルにも日本が競争力を持ち続けてきた基幹産業です。そのなかでもマキノは、世界最高峰の切削加工機と放電加工機を製造し、制御向けの組み込みソフトウェアはもちろん、ROSを用いた自動搬送システム、クラウドや人工知能を用いたCAD/CAMシステムなどのソフトウェアを自社開発しています。

工作機械はものづくりの基盤、マザーマシンです。マキノは、スマホ用カメラレンズや医療器具などサブミクロン単位の精度が求められる金型加工から、自動車のエンジン部品、大型で厳しい精度を要求される航空機部品の加工などにも強みを持っています。貴方の研究をものづくりの基盤に活かしてみませんか。
    • すべてに高品質であることを追求する「クオリティ・ファースト」

      マキノMAKINO
      1937年の創業以来、私たちは「ものまねはしない、人のやらないことをやる」という精神のもと、先進的な製品や技術を生み出してきました。
      工作機械は時代によって要求される機能やレベルが変わるため、進化を続けることが必要です。常に新しいアイデアを出していくことが求められますが、一方で、新しいことに取り組む時こそ、基本が大切になります。設計、機能、目的という基本がしっかりしていれば、高性能で価格も安く、美しいモノができるからです。
      ソフトウェアとの融合によりマシンツールという「道具」はマシンプロセッサという「加工処理装置」へと変わりつつあります。
      この変化のなかでこそ、私たちの技術が生きると考えています。

エージェントに相談しますか?

TOP