企業情報

国立研究開発法人科学技術振興機構
コンサルティングファーム・ベンチャーキャピタル シンクタンク 農林・水産

国立研究開発法人科学技術振興機構

科学技術振興機構(JST)は、日本の科学技術の力で社会課題を解決し、社会の持続可能な発展に貢献していくための事業を推進する、文部科学省所管の国立研究開発法人です。

主軸事業となる研究開発支援においては、最先端の基礎研究から産学連携のマッチングによる実用化研究、ベンチャー起業支援、知財支援、情報データベースの運営など、科学技術の幅広い領域とフェーズを扱っています。

【募集職種】総合職(文理不問)
    • JSTは、世界トップレベルの研究開発を推進する国立研究開発法人です

      科学技術振興機構(JST)は、日本の科学技術イノベーションの力で社会課題を解決し、社会の持続可能な発展に貢献していくための事業を推進する国立研究開発法人です。

      文部科学省が所管する公的機関として、研究開発戦略の立案、研究開発の推進や実用化支援、情報インフラの構築や次世代の理数人材育成、社会との対話・協働など、科学技術に関わるさまざまな事業を実施しています。
    • ライフサイエンスからICTまで、科学技術に関するあらゆる領域とフェーズを網羅

      JSTの主軸事業である研究開発支援事業においては、大学等で行われる基礎研究から産学連携のマッチングによる実用化研究、ベンチャー起業支援、特許支援、情報データベースの運営など、最先端科学技術の幅広い領域とフェーズを扱っています。

      基礎研究を対象としたプログラムである「CREST」、「さきがけ」、「ERATO」をはじめとして、基礎的な成果を産学連携に繋げる実用化研究では「A-STEP」や拠点型プログラムの「COI(センター・オブ・イノベーション)」、ベンチャー起業支援を行う「START」や「SUCCESS」、国際共同研究を推進する「SICORP」や「SATREPS」など、あらゆる分野の研究開発のフェーズに対応した多様なプログラムを展開しています。

      近年では、社会や産業のニーズをふまえて挑戦的な研究開発テーマに取り組む「未来社会創造事業」、研究者自身から独創的、融合的な研究構想を募集して大きなイノベーションを目指す「創発的研究支援事業」、国が定めた2050年のあるべき社会の姿を目標に掲げ、リスクを恐れずハイインパクトな成果を目指して挑戦的な研究開発を推進する「ムーンショット型研究開発」などの新しい事業がスタートしています。
  • 企業・研究機関 国立研究開発法人科学技術振興機構
    URL https://www.jst.go.jp/index.html
    資本金 7,081億5,247万円(2021年3月現在)
    所在地 【川口本部】〒332-0012埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル
    【東京本部】〒102-8666東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ
    【東京本部別館】〒102-0076東京都千代田区五番町7 K’s五番町
    ※上記主要拠点の他、お台場(日本科学未来館)、海外事務所もあります
    設立年月日 2003年10月1日
    事業内容 JSTは世界トップレベルの研究開発を行うネットワーク型研究所として、未来共創イノベーションを先導します。

    【事業内容】
    ◆未来を創る研究開発戦略を立てる
    さまざまなステークホルダーとの対話や客観的なデータの分析を通して、将来を見据えた研究開発戦略を立案します。

    ◆知を創造し経済・社会的価値へ転換する
    ネットワーク型研究所としてイノベーションにつながる研究開発を主体的に推進し、成果を創出するとともに、研究成果の実用化、国際的な共同研究等を通して、経済的、社会的課題に対応します。

    ◆社会との対話を推進し、人材を育成する
    未来社会を共に創るためにさまざまなステークホルダーとの対話を推進するとともに、次世代の科学技術人材や科学技術イノベーションの創出に資するさまざまな人材育成を行います。

    ※詳しい事業内容は、JST HPをご覧ください。
    https://www.jst.go.jp/
    代表者名 理事長 濵口 道成
    従業員数 1,257名(2021年4月現在)
    平均年齢
    採用実績校
    主要取引先

エージェントに相談しますか?

TOP