企業情報

リージョナルフィッシュ株式会社
農林・水産 研究開発

リージョナルフィッシュ株式会社

    • 即就業 2021/04/01 更新

      ゲノム編集育種研究員(水産生物、魚類/水産無脊椎動物)

      ゲノム編集をはじめとする品種改良技術を用いて、世界にない水産物の新品種作製を目指していただきます。それに係る分子生物学実験、飼育管理、表現型解析、ターゲット遺伝子特定が主な業務となります。 アカデミアよりも大きな予算かつフラットな組織の下、各自の強みを集結させてチームワークをしていただきます。 なお、事務作業や雑務はビジネスチームが担当するため、研究に集中していただきます。

    • 即就業 2021/04/01 更新

      ゲノム編集育種研究員(水産生物、魚類/水産無脊椎動物)

      求人詳細
      募集職種 研究開発職
      仕事内容 ゲノム編集をはじめとする品種改良技術を用いて、世界にない水産物の新品種作製を目指していただきます。それに係る分子生物学実験、飼育管理、表現型解析、ターゲット遺伝子特定が主な業務となります。
      アカデミアよりも大きな予算かつフラットな組織の下、各自の強みを集結させてチームワークをしていただきます。
      なお、事務作業や雑務はビジネスチームが担当するため、研究に集中していただきます。
      応募資格・求める人物像
      応募資格 ・農学・水産学・生物学・自然科学系・工学・情報学分野の修士以上の学位を取得されている方
       またはそれと同等以上のゲノム編集に関する実務経験を有する方
      ・ゲノム編集技術の社会実装を目指す、今までなかったものを生み出す、世界を変えたいといった志をお持ちの方
      ・(海外の方)日本語"ビジネスクラス"以上をお持ちの方
      人物像 ・博士号取得者(または、取得見込み者)
      ・基礎研究系の方
      ・分子生物学、遺伝子工学、生理学の研究経験を有する方
      ・育種研究やバイオインフォマティクスが専門の方
      ・水産生物の飼育・解剖などを経験したことがある方 
      ・採用後は京都市近郊に在住できる方
      ※新卒入社(若手)でも活躍しております。
      文理 理系
      学歴 博士新卒 ポストドクター 博士号必須(見込含)
      専門領域 文系専門領域
      理系専門領域 基礎科学 応用科学 工学系 実験系 システム科学 生物学・生命科学 農学 医学・歯学 薬学 獣医学・畜産学 情報工学
      ITスキル IT関連能力
      各種ITスキル
      採用データ
      勤務地 京都府
      給与 月給制(月額は基本給、裁量労働手当及び固定深夜手当により構成)

      ◎主任研究員(助教相当の場合)
      月給36万円〜(経験・経歴により)
      年収500万円〜650万円

      ◎研究員(研究員・ポスドク相当の場合)
      月給24万円〜(経験・経歴により)
      年収300万円〜500万円
      待遇 業績連動賞与+ストック・オプションあり
      試用期間6ヶ月(入社後6か月間、処遇は本採用時と同一)
      社会保険 各種社会保険完備
      福利厚生 残業手当、通勤手当
      勤務時間 9時-18時(フレックスタイム制)
      実働時間:8:00
      残業:有(約2時間/日として裁量労働手当及び固定深夜手当により構成)
      休日休暇 土曜、日曜、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇
      屋内の受動喫煙対策

      あり

      フリーPR 京都大学・近畿大学発のベンチャー企業で、ゲノム編集技術などを活用した水産物の新品種作製および飼育に係る研究開発を実施しております。昨年8月28日に農林水産省ファンド(農林漁業成長産業化支援機構)や京都の金融機関から約4億円、累計6億円の資金調達に成功しました。これまでにも、複数の大企業と資本提携(資金提供)や業務提携を締結、京都府「企業の森・産学の森」推進事業 本格的事業展開コース(5,000万円/年)や国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援(STS)」(上限7,000万円/1.5年)など大規模グラントにも採択されており、1年間で急速に事業拡大しております。また、昨年8月17日に週刊東洋経済「すごいベンチャー100」(https://premium.toyokeizai.net/articles/-/24405)にも選出されました。
      日本国内では初のゲノム編集養殖魚の品種開発に成功し、市場流通の第1号となる見込みです。研究開発型の会社であり、研究開発助成金にも積極的に応募し、研究開発のための研究費も十分に確保、配分を実施しております。多岐に渡る業界から注目を集め、様々な協業パートナーと研究開発・共同研究を行っております。様々な最新技術に接する機会があること、フラットな社風の下、裁量をもって研究を行うことができることから、会社の成長とともに、研究者個人の成長も可能です。さらに、会社の方針と合致する場合には、個人が自由に使える研究費を支給します。
      最高の人材に最高の待遇を提供します。
      応募方法・選考の流れ・連絡先
      応募方法 メール(info@regional.fish)にて履歴書・職務経歴書・研究業績一覧を送付。
      選考の流れ 研究者面接(会社概要説明→応募者のこれまでの研究成果発表・自己PR等→質疑応答)
      →事務方面接→採用
      この求人の説明会情報
      連絡先 研究開発部 岸本謙太
      kishimoto@regional.fish
    • 超高速の品種改良×スマート養殖スタートアップ企業

      リージョナルフィッシュは京都大学大学院農学研究科 木下政人助教および近畿大学水産研究所 家戸敬太郎教授らによる共同研究で生まれた技術シーズをコアとして設立されたスタートアップ企業です。社名のリージョナルフィッシュ(地魚)は、各地域にあった魚を作り、地方創生に貢献したいとの想いからの命名。関係機関による長年の研究開発により品種改良に成功した品種の上市に向けて準備を進めてまいりました。起業後は、最先端の科学技術を有し、本気で日本の水産業を盛り上げたいと想っている若手研究者が第1線で活躍中です。
    • 次世代水産養殖システムの構築を通じて地方創生への貢献

      ゲノム編集等の最先端の技術を取り入れた超高速品種改良と、スマート養殖を組み合わせた次世代水産養殖システムにより「世界のタンパク質不足の解消(SDGs 2番:飢餓をゼロに)」「日本の水産業再興および地域の産業創出(SDGs 8番:働きがいも経済成長も)」「海洋汚染の防止(SDGs 14番:海の豊かさを守ろう)」を実現します。リージョナルフィッシュは、アカデミアだけでなく、水産事業者、高い技術を持つ企業、行政、金融機関などの技術・知見を併せ、みんなで変革を起こす“オープンイノベーション”を掲げております。
    • 「京都の地魚」創出および上市を目指して

      財団法人京都産業21『令和元年度「企業の森・産学の森」推進事業補助金<本格的事業展開コース>』に採択されるなど京都府の支援を受け、一昨年12月より弊社の地元である京都の地から地魚を創るプロジェクトを開始しました。また京都に養殖場を作り、自治体・水産業関係者・金融機関を始めとする関係者から熱い期待と応援をいただいております。
  • 企業・研究機関 リージョナルフィッシュ株式会社
    URL https://regional.fish/
    資本金 28,460万円
    所在地 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町36番地1 京都大学国際科学イノベーション棟
    設立年月日 2019年4月10日
    事業内容 ゲノム編集技術を用いた品種改良、および養殖自動化技術に係る研究、開発、マーケティング、企画、販売
    代表者名 代表取締役社長 梅川忠典
    従業員数 20人
    平均年齢 32.0歳
    採用実績校 京都大学、近畿大学、東京大学、名古屋大学、東京海洋大学、東京工業大学
    主要取引先 京都大学、近畿大学

エージェントに相談しますか?

TOP