企業情報

株式会社 KADOKAWA Connected
ソフトウェア・情報処理 コンピューター・インターネット関連 マスコミ(出版・メディア・放送)

株式会社 KADOKAWA Connected

    • Message/メッセージ

      働き方が多様化している昨今、フレックスタイム制やリモートワークといった時間・場所を問わないワークスタイルが当たり前になりつつあります。私たちが目指しているのは、日本のエンタメ文化の担い手たちが働きやすい環境をつくり、生涯生産性を高められるソリューションを提供することです。ICT(情報通信技術)を通じて、クリエイターやファン、作品づくりに並走するKADOKAWAグループの社員といったエンタメの成長を願い支える人々を応援しています。

      私たちは、KADOKAWAグループのサービスとコンテンツを輝かせ、エンタメ文化の担い手とファンの心の距離を近づけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を本気で目指しています。私たちと一緒に、心が踊るようなDXを実現しませんか。皆さんからのご応募を、心よりお待ちしております。
    • Our Teams/チーム

      私たちの大きな武器は、KADOKAWAの魅力あるコンテンツがそばにあること、そしてドワンゴで活躍している技術集団による日本最高レベルの技術力を提供できることです。

      またAmazon Web ServicesやMicrosoft、VMware、HP、IBMなど外資系企業で経験を積んだメンバー、そしてKADOKAWAやドワンゴ出身はもちろん、日系SIer・メーカー等出身のメンバーなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まっておりますので、外資系企業的な合理性と日本企業的チームワークが両立するハイブリッドな文化を大切にします。

      これらの環境を活かして、私たちはメンバーの経験を最大化します。それによりメンバーが社内外で長期的に活躍できるよう、個々の力を高め、チームとしてもより強い集団になることを目指しています。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      当社の行動指針『KADOKAWA Connected Standard』
      https://www.kdx.co.jp/philosophy/
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    • Environments/働く環境

      ・エンジニアに特化した会社です。
      従業員全体のうち約80%がエンジニアであり、管理職も半数以上がエンジニアの会社です。

      ・キーワードは全体最適/標準化です。
      わたしたちは構築したサービスを、グループ内外へ横展開します。 全体最適を図りながらも標準化,自動化等により運用コストを下げることを大切にしています。

      ・自律自走・チャレンジ精神を大切にしております。
      実力主義のマネジメントで教育は惜しみません。 機会を自ら見つける動きができ, 実際に自らチャレンジいただける人にとって,面白い環境であることを大切にしています。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      現在の開発環境/技術スタック*抜粋
      開発用端末:Mac(メモリ32GB)/Windows(メモリ32GB)から選択可・キーボード持込可
      アプリケーション:Java,Scala,Golang,Python
      データプラットフォーム:Java,Scala,Python,Hadoop,Spark,Amazon EMR
      インフラ:Python,Golang,VMware,MySQL,Redis,Elasiticsearch,Kubernetes
      クラウド:Private Cloud,GCP,AWS,Azure
      ツール:GitHub Enterprise,Slack,Confluence,JIRA,G Suite
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    • リンク

      ■コーポレートサイト
      https://kdx.co.jp/

      ■採用サイト
      https://kdx.co.jp/career/

      ■コーポレートブログ
      https://engineering.kdx.co.jp/

      ■会社紹介資料
      https://speakerdeck.com/kadokawaconnected/corporate-introduction
  • 企業・研究機関 株式会社 KADOKAWA Connected
    URL https://kdx.co.jp/
    資本金 5,000万円
    所在地 ・富士見オフィス
     〒102-8177 東京都千代田区富士見2-13-3 角川本社ビル
    ・東銀座オフィス
     〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー
    ・五番町オフィス
     〒102-8077 東京都千代田区五番町3-1 五番町グランドビル
    ・Smart City研究所
     〒101-0038 東京都千代田区神田美倉町4番地 美倉ビル
    ・ところざわサクラタウン
     〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン
    設立年月日 2019年4月1日
    事業内容 ■Webメディア・アプリケーション開発/運用

    KADOKAWAグループが運営する多数の書籍・雑誌・情報誌と連動したWebメディアにおいて、メディアや関連サービスの開発を行っています。また、MAU等の指標データから売上予測に繋がる技術開発や共通ID基盤の開発のほか、販売管理、原価管理、在庫管理、人事、会計といったエンタープライズシステムの構築/運用サービスをグループ内に提供しています。

    ■データエンジニアリング・コンサルティングサービス

    KADOKAWAグループが提供する各種サービスから生まれるデータ(顧客の購買・行動履歴データ、顧客・作品マスターデータ、社内の会計データなど)を集約し、分析可能にする大規模データプラットフォームを開発・提供しています。また、グループ内のマーケティング部門や経営管理部門に対してデータの利活用を促進する技術的なコンサルティングを行なっています。

    ■エンドユーザーコンピューティング(EUC)サービス

    KADOKAWAグループの従業員に対して、業務生産性最大化とEmployee Experienceの向上を目的として、利便性とガバナンスのバランスがとれたICT基盤(PCやSmartPhoneなどのデバイス、G SuiteやSlackなどの各種サービス、アカウント管理など)を提供しています。また、サイバーセキュリティサービスもグループ内に提供しています。

    ■ハイブリッドクラウドサービス

    グループ共通で利用できるハイブリッドクラウドサービスの開発・運用をしています。DCファシリティ、ネットワーク、サーバー、ストレージ、データベース、仮想環境(VM、コンテナ)、Web Consoleなどクラウドプロバイダとして必要な機能を網羅的に扱っています。自社でサーバー300台、6000VMの仮想化環境を構築/運用していることが大きな特徴の1つです。

    ■DXアドバイザリーサービス

    グループのDXを実現するために、ビジネスおよびシステムに対してDXアドバイザリーサービスを提供しています。また、労働生産性向上・業務効率化を目指し、ICTルール/ツールの導入および浸透の支援をしております。単に導入するに留まらず、ルール/ツールを活用したBPRや、要望に沿った活用提案や研修開催などもしていることが特徴です。そして、KADOKAWAグループでのDX推進にて培った実践的なノウハウ・知見を活かし、KADOKAWAグループ外の企業・団体へ、DXの実現に向けたアドバイザリーサービスも提供しています。
    代表者名 各務 茂雄
    従業員数 154名(2020年2月時点)
    平均年齢 38.0歳
    採用実績校
    主要取引先

エージェントに相談しますか?

TOP