キャリアアップインタビュー!![スキルを活かして新たな業界へ]データサイエンティスト

転職
この記事は約2分で読めます。

PC転職用目次下テキストバナー

まだ出会えていない専門求人に出会える

技術者・研究者ならではの転職ニーズ

  • 研究内容を活かせる仕事につきたい
  • 今よりも専門的な知識を増やしたい
  • 最先端な環境へ行きたい

そんなニーズにこたえる転職エージェントの強み

  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 4,000件を超える専門求人
  • 10年以上研究者や大学院生の就職を支援

技術者・研究者の専門性に特化した転職エージェントなら、あなたの技術を即座に把握し、希望の環境をご提案します! まだ出会えていない専門求人と出会って妥協のない転職活動を!

アカリク転職エージェントを始める

転職前はどのような仕事をしていましたか

大学院では気象学を専攻し、気象データの解析を行いました。

修了後、不動産コンサル企業でデータ分析を担当していました。その後結婚を機に転職し、契約社員として大学にて事務を行っていました。

転職を考えたきっかけや背景を教えてください

新卒でデータサイエンティストの仕事に就きましたが、立ち上がったばかりの部署でロールモデルとなる先輩もおらず、自身のスキルを伸ばせるかということに不安がありました。

また、自分にとって1番良いワークライフバランスを模索する中で、自由な時間を持ちたいと非正規雇用で事務員として働くことを選びました。しかし、副業で続けていたデータ分析がやはり面白く、もう一度データ分析業務を主として働けるようチャレンジしてみようと思いました。

転職において面接や書類選考等、選考時に過去のご経験や大学・大学院活時代の研究が活きた点(企業から評価された点)があれば教えてください

まず大学院や前職、副業でデータ分析の仕事を続けていたことが評価されました。

面接では、データ分析担当者として関わった案件について、どういうことを心がけながら業務にあたったのかをよく聞かれました。

また、業務と直接関わりがないのですが、比較的難易度の高い資格を持っていることについて、自分で新しいことを学んでいける力があると評価して頂きました。それにより、転職先で求められるスキルに満たない部分をカバーするポテンシャルがあるとして、内定をいただくことができました。

今回転職先に選んだ企業の決め手を教えてください

アカリクさんからは4社データサイエンティスト、データアナリストの会社をご紹介をいただきました。

最終的に転職先に選んだのはデータベースを扱う企業です。

扱うデータの内容が自分の興味に合っており、自身のデータサイエンティストとしての可能性を伸ばすことができると感じたからです。また、面接を通じて風通しの良さそうな雰囲気を感じ、この会社ならやっていけそうだと思いました。

転職を目指す方にアドバイスお願いします

転職は、転職活動をはじめる決断(はじまり)と、内定を頂いた企業に応諾する最終決断(おわり)が1番エネルギーを使うと思いました。

面接対策なども大変さはありますが、一度重い腰を上げて始めてしまえば、エージェントさんが側についてくれてすいすい進めていくことができます。自分の進退を自分で決めていくのは大変なことですが、どうか頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました