【キャリアチェンジインタビュー!!】大学院時代の研究内容を活かした成功例-SEからデータサイエンティストへ―

転職
この記事は約3分で読めます。
PC転職用目次下テキストバナー

まだ出会えていない専門求人に出会える

技術者・研究者ならではの転職ニーズ

  • 研究内容を活かせる仕事につきたい
  • 今よりも専門的な知識を増やしたい
  • 最先端な環境へ行きたい

そんなニーズにこたえる転職エージェントの強み

  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 4,000件を超える専門求人
  • 10年以上研究者や大学院生の就職を支援

技術者・研究者の専門性に特化した転職エージェントなら、あなたの技術を即座に把握し、希望の環境をご提案します! まだ出会えていない専門求人と出会って妥協のない転職活動を!

アカリク転職エージェントを始める

転職前はどのような仕事をしていましたか?

大学院までは理工学研究科の数学・情報数理を学び、IT業界へ就職しました。

設計構築業務、ネットワーク機器の運用、クレジットカード決済基盤の仮想化基盤構築などを担当後、システム開発業務へキャリアチェンジをしました。
その後は、帳票画像のデジタル化、在庫最適化、需要予測モデルの研究開発など、幅広い業務を経験しました。

転職を考えたきっかけや背景を教えてください

大学院時代に学んだAI・機械学習を生かして、更に技術力を向上できる環境で働きたいと思い、転職活動を始めました。

とはいえ、最初は転職を強く希望していたわけではありませんでした。

アカリクのキャリアカウンセラーの方とお話をしたり、希望職種の求人票を見たり、企業の方のお話を伺う中で、今後のキャリアが明確になり、未経験の環境に飛び込んで自分をもっと高めていきたいと強く転職を希望するようになりました。

今回キャリアチェンジ転職をされましたが、キャリアチェンジしようと思ったきっかけや背景を教えてください

これまでIT業界で働く中で、SES業界は特に自分の考えや思いを反映しにくい業界であると感じてきました。

そこで、作り手であることにこだわりながら、スピード感をもって研究開発分野で自身のスキルやアイデアを生かしながら新しいものを開発したいと考えるようになりました。
その過程で、機械学習、ディープラーニング、データサイエンティストの仕事に興味を持ち、最終的にデータサイエンティストの職にキャリアチェンジをするに至りました。

最初は漠然とした希望でしたが、企業の方のお話を聞くにつれ、ぜひこの仕事をやってみたいと考え、新たなキャリアを考えるきっかけとなりました。

キャリアチェンジ転職において面接や書類選考等、選考時に過去のご経験や大学・大学院活時代の研究が活きた点(企業から評価された点)があれば教えてください

面接ではなぜキャリアチェンジをしたいのかという点を中心に聞かれました。

キャリアチェンジをする上で、これまで自身で自主的にどのような学習や努力をしてきたかということを自分の言葉で伝えたことが評価されたと感じています。
採用決定後のフィードバックでは、企業の方から、コミュニケーション能力が高く、クライアントへの説明がうまくできるのではないかと評価されたと聞き、嬉しかったです。

今回転職先に選んだ企業の決め手を教えてください

創業期のベンチャー企業なので、幅広い経験を積めると思ったからです。
自社開発を行なっている点も決め手になりました。

同様にキャリアチェンジ転職を目指す方にアドバイスお願いします

転職活動に力を入れるというと、求人情報を探したり、良い履歴書を書くことのように思えますが、私はそれだけではなく目指すキャリアに向けたスキルアップや新しい技術を習得するなど、日々の継続的な努力で自身の価値を高めることも大事だと感じました

そのような努力をすることで、企業からもそのポジションに対する熱意を伝え、ポテンシャルの高い人材であるとの評価を勝ち取ることに繋がると信じています。

タイトルとURLをコピーしました