内定者インタビュー [企業選びの軸は「仕事自体に興味が持てて、面白そうであるか」] – 情報・通信系/修士課程

インタビュー
この記事は約3分で読めます。

卒年:2022年
在籍:修士課程
専攻:情報・通信系
地域:関東
業種:IT・通信系
職種:バックエンドエンジニア

オープンキャンパスで高校生に自作ゲームをプレイしてもらっている姿

cv-btn

【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かる!

就活をする多くの院生・ポスドクが共感

  • 研究が忙しいけど就活も妥協したくない
  • 研究を活かした就職をしたい
  • 院生ならではの事例・ノウハウが知りたい

そんな院生・ポスドクのための就活サイト『アカリク』の強み

  • 修士・博士・ポスドク専用の好待遇求人多数
  • あなたの研究を評価してくれる求人企業多数
  • 累計15万人の院生・ポスドクが利用

スタッフの多くが院卒で、10年以上院生・ポスドクの就活支援を行っているアカリクなら【自分では気づけなかった修士・博士・ポスドクの強み】が分かります。【研究】も【就活】も妥協せず成果を出したい方は是非ご活用ください。

アカリクを始める

就職活動で利用したアカリクのサービスについて教えてください

就職情報ナビサイト「アカリク」を利用しました。

具体的にどのようにアカリクを利用されたのか教えてください

2021年の3月から、自分に来たスカウトを見て、自分に合う企業を探すためのツールとして利用していました。
最終的にはアカリクで出会ったWEB系の自社開発企業に内々定を頂き、就職活動を終えました。

就職活動にアカリクを利用してよかった点を教えてください

アカリクは院生のみが対象という珍しいサイトだったので、院生を積極的に採用したい企業しかないという前提の元、企業を探すことができ、他のサイトよりも自分に合う企業を探しやすい点がよかったです。
また、プロフィール入力で自分の研究内容や学会発表について細かく記入でき、大学院生としての経験や強みを企業にアピールできる点もよかったです。

就職活動を始めた時期やどのようなスケジュールで進めていたかについて教えてください

修士課程1年の3月に就職活動を開始し、エントリーシートの提出・会社説明会の視聴、エントリーなどを行いました。
修士課程2年の4月~6月は主に面接が行われ、選考に落ちたら3月と同じことを行い、受ける企業がなくならないようにしながら就職活動を進めていました
最終的には3月下旬にエントリーした会社のうち1社から6月に内々定を頂き、就職活動を終了しました。

就職活動を行うにあたって重視していたことを教えてください

仕事というものは、休憩と通勤時間を入れたら、1日のうち10時間程度拘束されることになります。
いくら給料が良くても自分にとって面白くない仕事に10時間も拘束されてしまうのは嫌だったため、私は仕事自体が自分にとって興味が持てて、面白そうであるかという点を重視して企業選びをしました。

内定先への就職の決め手について教えてください

内々定先はモバイルゲーム・バックオフィス支援・電子カルテ・生配信プラットフォームという4つの事業の柱を持っています。
私が受けた企業の中で最も面白そうな事業展開の仕方をしており、「こんな面白いポートフォリオを持つ企業で働いたら、楽しいだろうな。」と思った点が決め手です。

これから就職活動を行う大学院生へのアドバイスをお願いします

私は修士課程1年の3月から就職活動を始めましたが、できるだけ早く始めたほうが良いと思います。これは、単に企業が開催するイベントに参加すればよいというわけではありません。
自分自身が何に興味を持っていて、何ができ、何がしたいかなど、自分について日頃からよく考えることが最も大事だと思います。イベントに参加する際もこのマインドを忘れずに参加してください。

タイトルとURLをコピーしました